このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

個人市県民税の平成24年度から適用される主な改正点

更新日:2013年12月25日

ページ番号:92034094

 平成23年分の所得税から扶養親族等に関する所得控除の見直しが実施され、平成24年度以後の市県民税においても同様に、つぎのとおり変更されました。

扶養控除の改正

(1)16歳未満の扶養親族(年少扶養親族)の扶養控除(33万円)が廃止されます。
 控除は廃止されますが、確定申告書や市県民税申告書の「16歳未満の扶養親族」記載欄に氏名等必要事項を必ず記入してください。市県民税の課税・非課税の判定などに必要です。
 また、この親族が障害者である場合は障害者控除が適用されますので、申告してください。
(2)16歳以上19歳未満の扶養親族の特定扶養控除の上乗せ部分(12万円)が廃止され、扶養控除が、従来の45万円から33万円に変わります。

扶養親族の年齢平成23年度以前
扶養親族の区分・控除額
平成24年度以後
扶養親族の区分・控除額
0歳~15歳一般 33万円年少 控除対象外
16歳~18歳特定 45万円一般 33万円
19歳~22歳特定 45万円特定 45万円
23歳~69歳一般 33万円一般 33万円
70歳~老人(同居老親以外) 38万円老人(同居老親以外) 38万円
70歳~老人(同居老親) 45万円老人(同居老親) 45万円

※いずれも同居特別障害者以外の場合

同居特別障害者加算の改組

同居特別障害者加算

扶養親族(年少扶養親族を含む)又は控除対象配偶者が同居の特別障害者である場合に、扶養控除又は配偶者控除の額に23万円を加算する措置について、特別障害者控除の額に23万円を加算する措置に改められます。控除額の合計額には変わりありません。


寄附金税額控除の改正

市県民税の寄附金税額控除の適用下限額が、5,000円から2,000円に引き下げられます。

お問合せ先

市民税課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 2階

電話番号:0798-35-3267

ファックス:0798-22-3920

お問合せメールフォーム

shizei@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ