このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

住民基本台帳カード(住基カード)をお持ちの方へ

更新日:2019年10月29日

ページ番号:93494958

お持ちの住基カードは有効期限まで使用できます

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付に伴い、「住民基本台帳カード(住基カード)」・「にしのみやカード」の発行は、平成27年12月28日で終了しましたが、現在お持ちの住基カードは有効期限までは使用できます。
※有効期限が切れた場合、本人確認のための公的な証明書としてはご利用いただけません。

住基カードとマイナンバーカードを両方持つことはできません

「マイナンバーカード」と「住基カード」の両方を所持することはできません。マイナンバーカードを「B 申請時来庁方式」(申請方法の詳細はこちら)で申請される方は、申請時に住基カード・にしのみやカードを返還していただきますが、申請受理からマイナンバーカードの送付まで、2ヶ月程度を要します。
※代替のカードは発行できませんので、この間に住基カード・にしのみやカードが必要な方は、住基カード・にしのみやカードの返還時にマイナンバーカードをお渡しすることができる「A 交付時来庁方式」(申請方法の詳細はこちら)をお選びください。
※マイナンバーカードは即日交付ができず、交付までに2ヶ月程度を要しますので、余裕をもって申請いただきますようお願いします。

住基カードに電子証明書の格納はできません

住基カード向け電子証明書の発行は、平成27年12月22日をもって終了しました。これ以降、住基カード向け電子証明書の発行及び更新を行うことはできません。また、それ以前に発行または更新を行った住基カード向け電子証明書も平成30年12月21日をもってすべて有効期間満了となりました。今後、電子証明書の発行を希望される方は、マイナンバーカードの申請をお願いします。
※住基カードに対応していたICカードリーダライタが必ずしもマイナンバーカードにも対応するとは限りません。マイナンバーカードに対応するICカードリーダライタについては、公的個人認証ポータルサイト(外部サイト)新規ウインドウで開きます。の「マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタ一覧」でご確認ください。

住基カードに旧姓(旧氏)の併記はできません

令和元年11月5日より住民票、マイナンバーカード等へ旧姓(旧氏)を併記できるようになります。ただし、住基カードに旧姓(旧氏)の記載をすることはできません。旧姓での本人確認などを希望される方は、マイナンバーカードの申請をお願いします。

住基カードで利用できるサービスはマイナンバーカードでも利用可能です。

各種証明書のコンビニ交付、図書館借出券、証明書自動交付機といったサービスは、マイナンバーカードでも利用可能です(別途手続きが必要)。

マイナンバーカードに切り替えるメリット

  1. 初回交付手数料は「無料」です。電子証明書も「無料」です。
  2. マイナンバーの確認資料として利用
    (通知カードの場合は、併せて本人確認書類が必要です。)
  3. 本人確認のための公的な証明書として利用
    (役所の窓口などで、顔写真つきの本人確認書類として利用できます。)
  4. 旧姓(旧氏)での本人確認が可能
    (請求によりマイナンバーカードに旧姓(旧氏)を併記することができます。)
  5. コンビニや市役所・アクタ西宮ステーションの証明書自動交付機で、住民票や印鑑証明書、住民票記載事項証明書、現年度の課税証明書、戸籍謄(抄)本(本籍が西宮市の方)の発行
  6. 図書借出券として利用
  7. e-Tax(電子確定申告)などの各種行政手続のオンライン申請が可能(対応するICカードリーダライタが必要です。)
  8. 個人向けサイト「マイナポータル」が利用可能
    (行政機関から自分に必要なお知らせ等を、パソコン等から確認することができます。)

・・・今後、機能が追加される予定です。

お問合せ先

市民第1課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 1階

電話番号:0798-35-3109

vo_shimin@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ