このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【西宮消防署】ウェブ消防署見学、消防車(はしご車)を紹介します

更新日:2021年11月29日

ページ番号:54483235

西宮消防署の消防車(はしご車)を紹介します

消防車には、火事、救急、救助の現場に出動するため、いろいろな種類があります。
このページでは、主にマンションやビルなど、高さのある建物で火事があったときに出動する、「はしご車」(西宮3)について紹介するよ!

西宮3正面写真

はしご車って?

タンク車ポンプ車に積んでいる三連はしごでは(とど)かないような高さのある建物で火事が起きた時に活躍(かつやく)する消防車です。
西宮消防署のはしご車は、日本全国でもトップクラスの性能(せいのう)で最大50メートルまで伸びます。
建物とはしご車の位置条件がもっとも良いと13階まで届くよ!

西宮3全景写真

西宮3上部写真

車の上に()っている、はしごが…

西宮3はしご伸梯写真

はしごは、こんなに伸びるよ!(となり)の建物は、7階建ての消防隊員訓練用ビルですが、さらに伸ばすことができます!

はしごの先についたこの部分はなんでしょう…?

バスケット部写真

バスケット部写真

この部分は、バスケットといって、ここに消防隊員が乗り込んで助けを待っている人の救出に向かったり、救出した人に乗ってもらうことができます。
このバスケットは約180キログラムの重さまで乗せることができるよ!

バスケット救出隊員写真

バスケット放水ノズル写真

ポンプ車などからホースで水を送ってもらうことで、放水できるノズルもついています。

西宮3はしご伸梯写真

どうやってはしごを伸ばしたり、操縦するの?

はしごの土台部分にある操縦席(そうじゅうせき)と、バスケットの中に、はしごを伸ばしたり旋回操作(せんかいそうさ)をするレバーがあるよ!
はしごを伸ばすときは、電線(でんせん)看板(かんばん)などの障害物(しょうがいぶつ)に注意しながら、目標(もくひょう)の場所まで操作(そうさ)して伸ばす必要があるから、(すぐ)れた技術と、隊員同士の連携(れんけい)(もと)められます!

はしご基部操作部写真

バスケット操作部写真

では、はしごを伸ばす操作を、実演してもらいましょう!

はしご操作写真

1,2→はしご車の中から何か足のようなものがでてきました。
3,4収納(しゅうのう)されていたバスケットを展開しています。

はしご操作写真

5,6→バスケットに消防隊員が乗り込みます。
7→はしごの土台部分にも消防隊員が乗り込みました。
8準備万端(じゅんびばんたん)です!バスケットと土台部分の隊員が協力して、これからはしごを伸ばしていきます!

はしご操作写真

はしご操作写真

こうやって高いところまで、長いはしごを伸ばして、はしご車は倒れたりしないの?

はしごを伸ばすと、伸ばしたはしごの重さではしご車はとても不安定になります。
走行するためのタイヤだけでは、伸ばしたはしごの重さは支えられません。
そこで、はしご車自体が倒れないよう、下の写真のように、アウトリガーという4本の足で踏ん張って、車体を安定させるんだよ!
上の、はしご車を伸ばす実演で最初にはしご車の中から出てきた足が、このアウトリガーだね!

西宮3アウトリガー写真

はしご車の座席はどうなっているの?

西宮3運転席写真

西宮3キャビン内写真

西宮消防署で一番大きな消防車だから、運転席のハンドルがとても大きいですね!
運転席と助手席の間には、他の消防車と同じくAVM(消防隊専用のカーナビのような機械)や、サイレン関係のスイッチがあるほか、座席には火災現場で必要な空気呼吸器が積んであります!
また、はしご車の真ん中あたりには、火災現場で使うエンジンカッターやホース、たくさんの放水ノズルが積んであるよ!

西宮3はしご下ノズル写真

西3資器材収納状況写真

西3資器材収納状況写真

緊急走行に、ご協力ください!

西宮3全景写真

このページでは、長いはしごを()かして、高い建物で火事が起きた時に活躍(かつやく)する、はしご車について紹介しました。
ところで、皆さんは赤色灯(せきしょくとう)をつけてサイレンを鳴らしながら走っている消防車、救急車を街で見かけたことはありませんか?
緊急走行(きんきゅうそうこう)といって、災害など緊急事態(きんきゅうじたい)が起きた現場に少しでも早くつけるように、一般の車両や歩行者の方々に道を(ゆず)ってもらいながら向かうんです!
鳴らすサイレン音にも、実は、少し違い(ちが)があります。
「ウーウー」は、消防車が火事以外の災害現場に向かうときに鳴らすサイレン
「ピーポー」は救急車のサイレン、そして、
「ウーウー」「カンカン」と鐘の音を合わせて緊急走行しているときは、消防車が火事の通報があった現場に向かうときに鳴らすサイレンです。
少しでも早く安全に災害現場に向かえるよう、街で緊急走行している消防車、救急車を見かけたら、飛び出したりしないようにして協力してくださいね!

西宮市消防局広報ビデオを掲載しています。

お問合せ先

西宮消防署

西宮市津門大塚町1-32

電話番号:0798-23-0119

ファックス:0798-32-0019

お問合せメールフォーム

s_nishi@nishi.or.jp

本文ここまで

西宮消防署・北夙川分署

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ