このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【北夙川分署】庁舎見学について

更新日:2021年9月25日

ページ番号:51997610

はじめに

現在、コロナ禍において、消防教室の職員派遣及び庁舎見学の受入れについて、心苦しいですが、一律にお断りしている状況にあります。

しかし、火災や災害は、コロナ禍に限らず、いつ発生するか、わかりません。

市民の方々や、事業所様におかれましては、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底した上で、苦慮しながら消防訓練を実施されていると思います。

また、学校園の関係者様におかれましても、例年実施している庁舎見学ができない状況が続いています。

そこで、北夙川分署では、消防訓練の一助となるようウェブ上で庁舎見学できるように、ホームページを更新しました。

消防訓練を実施する立場にある関係者様のみならず、市民の皆様方にも見ていただけると幸いです。

事業所様におかれましては、こちらを参考にしてください。

まずは、北夙川分署の紹介です。

以前に公開した北夙川分署の紹介用のホームページです。こちらをご覧ください。

北夙川分署の庁舎案内

火災や災害、救急に出動する車両は、この車庫に配置されており、ここから出動します。

ここからは見えませんが、北夙川7の後ろに北夙川6という車両もあります。

庁舎裏の操練場では、日々、火災や災害に備えて、ホース延長等の警防訓練、人命救助のための救助訓練、また、災害に耐えうる体づくりのための体力錬成等、消防職員は様々な訓練を行っています。

この部屋は、夜間の災害出動に備え、職員が休息する場所です。

また、市民の皆様に対して行われる救命講習などの場として使用されています。(現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、実施されておりません。)

よくある質問コーナー

消防車が赤色の理由は?

まず、国の法律で消防車は朱色(赤)、救急者は白色と決められています。
そのように決められた理由は、いろんな説がありますが、
はじめて海外から輸入された消防車が赤色だったというのが、一般的な説と言われています。
海外の消防車について、黄色・紫色・青色・白色・黒色と国ごとに様々な色がありますので、
興味のある方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。
また、西宮市では、全国では珍しいドアの配色となっており、消防車のドアは白色、救急車のドアは朱色となっています。

火災や救急出動以外は、どんな仕事をしていますか?

火災予防に関する仕事があります。代表的なものが立入検査です。(消防職員が建物に定期的に立入り、消防用設備や避難経路が適正に維持管理されているかを検査します。)

現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止していますが、学校園や事業所で消火器の使用方法や火災時における避難方法等を体験してもらう消防教室を実施しています。
また、火災予防を呼びかける広報も重要な仕事です。
その他にも、いつ、いかなる状況でも災害に対応できるよう、日々、訓練や研修を行ったり、消火栓や防火水槽等の状況調査も実施しています。

火災はどれくらい発生していますか?

令和3年中の災害件数です。

火災の原因で一番多いのは??

令和2年中の出火原因は、「こんろ」が24件で最も多く、続いて、「放火(放火の疑い含む)」10件、「たばこ」9件の順となっています。

おわりに

最後になりましたが、私たち消防職員は、コロナ禍においても、火災や災害に備えて、消防の任務を全うできるよう頑張っています。
皆様が気軽に北夙川分署にお越しいただけるよう、精一杯準備をしていきますので、皆様もどうかご自愛ください。新型コロナウイルスの猛威が一日も早く終息することを切に願っております。

お問合せ先

北夙川分署

西宮市松風町4-4

電話番号:0798-74-0119

ファックス:0798-73-3591

お問合せメールフォーム

s_kitas@nishi.or.jp

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ