このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【鳴尾消防署】少年消防クラブ はしご車搭乗体験を実施しました!

更新日:2019年10月10日

ページ番号:86075896

令和元年9月25日、鳴尾消防署で浜甲子園中学校の少年消防クラブのクラブ員達が、はしご車への搭乗を体験しました。
少年消防クラブの活動は、クラブ員に正しい火気の取扱い、火災に遭遇した場合の初期対応及び応急手当等を習得させるとともに、消防の仕組みを理解させ、防火防災に関する知識と技術の向上を図ることを目的としています。
今回は、はしごが伸びた状態でバスケット(はしご先端のかごの部分)がどんな状況なのか、つまり、中高層建物で火災が起きたときに、救助隊員が実際にどんなところで活動しているのかを体験してもらいました。
少しですが、その内容を紹介します。

はしご搭乗体験

はしご車搭乗体験では、バスケットに搭乗し、高さ35メートルまで上りました。
はしご車は、中高層建物で火災が発生したときに、ベランダ側から消火を行ったり、建物屋上に避難している要救助者を救出するときなどに活躍します。

はしご搭乗体験

上空の風によりバスケットが常に揺れ、クラブ員達は高所の恐怖にひるみながら緊張している様子でしたが、自宅が見えて喜んでいるクラブ員もいました。
今回の体験で、はしご車の機能はもちろんのこと、救助隊員がいかに危険と隣り合わせの状況で活動しているのかをよく理解できたと思います。
日頃、救助隊員達ははしご車を使った訓練も行っていますが、この車が活躍しないことが一番良いことなのだと、改めて火災予防の大切さを指導しました。
普段の学校生活では体験できない消防署での体験は、クラブ員達の考え方や社会の見方が変わる良いきっかけになったのではないでしょうか。

お問合せ先

鳴尾消防署

西宮市古川町2-12

電話番号:0798-49-0119

ファックス:0798-43-1149

お問合せメールフォーム

s_naruo@nishi.or.jp

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ