このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【浜分署】火災の統計及び放火対策について

更新日:2020年4月3日

ページ番号:85978607

令和元年(1月~9月)における全国の総出火件数は、29,269件であり、1日あたり107件、13分ごとに1件の火災が発生したことになります。
総出火件数29,269件を出火原因別に見ると、「たばこ」2,804件、「たき火」2,515件、「こんろ」2,118件、「放火」2,037件、「火入れ」1,522件の順となっています。


左記の平成30年(1月~9月)と令和元年(1月~9月)の火災件数等の比較の原因別出火件数を見てみると、「放火」及び「放火の疑い」を合わせた件数は、前年度から4.4%減少はしているものの、非常に高い割合を占めています。
※詳細は下記の総務省消防庁のリンクを参照ください。

西宮市でも、出火原因として「放火」及び「放火の疑い」は高い割合を占めています。

放火は、いくら注意をしていても意味がないと思っていませんか。注意をしていても、防ぎきれないこともありますが、「放火されない」「放火させない」環境を自分自身で作ることで、放火を未然に防ぎ、また、放火されても被害を拡大させないことができます。
総務省消防庁(火災の統計)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

放火について

放火されやすいケース
・収集日以外に出したゴミに放火される
・家の外に出している不用品等に放火される
・郵便受けにたまった新聞やチラシに放火される
・駐輪場のバイクや自転車のカバーに放火される…etc

放火対策
・ゴミは収集日に指定された場所に出すようにする
・家の周りは常に整理整頓に気を付ける
・郵便受けの新聞やチラシはこまめに屋内へ取り込む
・自転車やバイクのカバーを防炎品にする

日頃の火災に対する意識や準備がとても大事になります。
火災を未然に防止するために、自分自身でよりよい安全な環境を作っていきましょう。

お問合せ先

浜分署

西宮市西宮浜3丁目5番地

電話番号:0798-22-0119

ファックス:0798-22-8849

お問合せメールフォーム

s_nihama@nishi.or.jp

本文ここまで

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ