このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【山口分署】北六甲台小学校と山口小学校の全4年生が消防署を見学に!

更新日:2019年10月17日

ページ番号:18786356

9月20日に北六甲台小学校、10月8日に山口小学校の4年生の児童達が、消防署の仕事を勉強するために、山口分署に来てくれました。
その様子をご紹介します。

車両見学の様子(北六甲台小学校) 車両見学の様子(山口小学校)

消防車の役割や、積載されている資器材について紹介し、ホース1本の長さが20メートルであることや、消防車にたくさんの水を積載していることを説明しました。消防車は火災で出動するだけでなく、交通事故などの災害にも出動します。

空気呼吸器の説明を行いました

火災出動の際に、消防隊員が背負う空気呼吸器の説明では、煙の怖さを伝えました。

救急車に乗りました

平成30年中における西宮市の救急出動件数は24,723件でした。これは、1日平均では67.7件となり、21分に1回、救急出動していることになります。出動件数の多さに、みんなびっくりした様子でした。


ビデオ鑑賞を行いました

映像鑑賞では「消防署の働きと役割」というDVDを見てもらいました。映像の中では、実際の火災現場や訓練風景など、消防署の中だけでは見られない内容を学習してもらいました。
消防職員は、消火活動以外にも消火栓の調査、防火指導、応急手当指導など、様々な業務を実施しています。

防火衣(上衣)を着ました

火災出動の際に着る防火衣を着装体験してもらいました。暑くて重い防火衣にみんな驚いていました。

消防隊員は、この防火衣(上衣・下衣・長靴・手袋・ヘルメット)を約1分で着装し、更に空気呼吸器を背負って火災現場に向かいます。

質疑応答を行いました

質問の時間で児童達は、どうすれば消防職員になれるのか、筋力トレーニングはどれくらいしているのか、火災がないときは何をしているのか、西宮市の救急車の台数、消防車の価格などを職員に聞いてくれました。児童達が消防業務への関心を広く持ってくれていることを嬉しく感じました。

短い時間ではありましたが、消防署見学をとおして我々消防職員の仕事を身近に感じてもらえたと思います。児童達が、真剣な表情でメモを取っている姿がとても印象的でした。

山口分署では消防署見学のほか、事業所や団体に対して、消火訓練や避難訓練の指導も実施しています。

お気軽にお問合せください。


お問合せ先

山口分署

西宮市山口町下山口4丁目1-20

電話番号:078-904-0119

ファックス:078-903-3924

お問合せメールフォーム

s_yamagu@nishi.or.jp

本文ここまで

北消防署・山口分署

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ