このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

防火防災ニュース第62号

更新日:2018年5月16日

ページ番号:79908183

危険物安全週間について

平成30年6月3日(日曜日)から6月9日(土曜日)まで

危険物安全週間の目的

 この運動は、主に危険物災害をなくすことを目的として、毎年6月の第2週に実施されており、啓発のため毎年度、ポスターと統一標語が掲げられています。
 今年度のポスターは、車いすテニスの上地結衣選手をモデルとしており、統一標語は「この一球 届け無事故へ みんなの願い」です。
 灯油やガソリンなどの燃料、そして、石油を利用してつくられる様々な製品は、わたしたちの暮らしを豊かにしてくれています。
 しかし、その正しい取扱いを知らなかったり、手順を誤ると、火災など大きな事故につながりかねません。
 この機会に今一度、市民の皆さまにおかれましても、身の回りの危険物の保管や取扱いについて再確認をお願いします!

危険物を取扱う事業所の方々へ(火災事故はヒューマンエラーから)

 危険物施設の事故には火災事故と流出事故があり、統計によると、火災事故原因の約半数がヒューマンエラー(人的要因)によるものです。人間のミス行動を誘発した 「人」「物」「管理」「環境」にかかわる背後要因を改善することで、人的要因の事故を未然に防ぐことが出来ます。例えば、「ボタンを押し間違える」といった場合には、「教育が不十分:人」であったり、「装置のレイアウトが紛らわしい:物」等の背後要因が考えられます。
 また、管理・環境については、作業処理に必要な情報が十分かつ理解しやすい形で作業者に与えられていることや、機械操作に未熟な者が業務を行っても安全に遂行できる仕組みや装置の取り入れを考慮する、などで改善されます。
 誰でも日常生活で「鍵をかけ忘れる」など、些細な失敗をしてしまうものですが、同じような些細な失敗でも、起きる「時」「場所」「場合」が悪いと結果が大きく異なり、特に危険物を取扱う施設では、大きな火災事故につながる恐れがあります。
 この安全週間を機にあなたの職場も是非見直しを進めましょう!

お問合せ先

山口分署

西宮市山口町下山口4丁目1-20

電話番号:078-904-0119

ファックス:078-903-3924

お問合せメールフォーム

s_yamagu@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ