このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【北消防署】住警器等配布モデル事業実施

更新日:2019年9月23日

ページ番号:94534979

西宮市名塩緑ヶ丘・名塩赤坂自治会が住警器等配布モデル事業実施地区に選ばれました!!

住警器等配布モデル事業とは??

住警器等配布モデル事業とは、住宅防火対策の一環として、住宅用火災警報器、住宅用消火器及び防炎品の普及促進を図るため、令和元年度は、25都道府県53地区の中から「住警器等配布モデル事業実施地区選定委員会」にて選定された地区に、下写真の住宅用火災警報器、住宅用消火器及び防炎品を配布し、消防局とともに、広報・普及啓発活動につなげる取り組みです。

配布物
モデル事業等配布物

住宅防火・防災キャンペーン(令和元年9月1日~9月21日)に併せて実施!!

平成30年度住宅火災による死者 → 約1000人
このうち65歳以上の高齢者 → 約7割    (総務省消防庁統計参照)
要因 → 1 火災の発見遅れ
     2 初期消火の未実施
     3 早期の火炎拡大・衣服への燃え移り

3つの大きな要因から高齢者とそのご家族の方に住宅防災機器等をプレゼントし、防火対策を推進するものです。
モデル事業実施選定地区の自治会に次の3点が配布されました。

【住宅用火災警報器】
火災の発生を早期に伝えます。
電池の寿命は約10年で経年劣化している場合も考えられます。
設置されている方は、年2回ほどの定期的な点検をお願いします!

【住宅用消火器】
小さくて軽く置き場所や取り扱いに便利な消火器です。
火災の時にすぐ使える場所に置いておくことが大切です。
また、消火器には使用期限があります。
期限が過ぎている場合は、取り換えしましょう!
配布用の消火器は緑色ですが、業務用は赤色です。

【防炎製のエプロンと腕カバー】
燃えにくい材質で作られ、
調理中にコンロの火が燃え移ることによる
火傷や死亡事故を防ぎます。


住警器等配布モデル事業選定地区の名塩緑ケ丘自治会、名塩赤坂自治会は
今回の事業によって地域の火災リスクが減少しました。
市民の皆様も、お住まいの安全性を向上させるために、身の回りに防炎製品を取り入れ、住宅用消火器を備えましょう。
また、住宅火災に備えた住宅用火災警報器を知らなかった方や、知っていたけど設置していない方は、
家族の命を守るためにも、この機会に設置して下さい。
すでに設置されている方は、随時、点検を実施しましょう!!
高額な料金を請求する悪質な訪問販売や点検商法も報告されていますので、くれぐれもご注意下さい!

お問合せ先

北消防署

西宮市名塩新町7-1

電話番号:0797-61-0119

ファックス:0797-61-1641

お問合せメールフォーム

s_kita@nishi.or.jp

本文ここまで

北消防署・山口分署

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ