このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【消防局】令和元年度西宮市総合防災訓練

更新日:2019年11月18日

ページ番号:18618508

令和元年(2019年)11月5日(火曜日)に、西宮市甲子園浜3丁目の阪神南広域防災拠点で実施された、西宮市総合防災訓練で、消防職員・消防団員が訓練を披露しました。

実施内容(消防局・消防団が参加した訓練のみ抜粋)

訓練項目訓練内容
津波避難広報訓練南海トラフ地震の発生により津波が襲来することを想定し、消防団車両が津波警戒区域の住民に対して避難広報を実施
人命救助訓練家屋の倒壊や土砂災害により多数の負傷者が発生し、閉じ込められていることを想定し、チェーンソーやのこぎりなどの簡易な救助資機材を活用し、要救助者の救出活動を実施
情報収集訓練
津波避難ビル救出訓練
津波により、災害が広範囲にわたり、地上からでは情報収集が困難な状況を想定し訓練を実施
兵庫県消防防災航空隊のヘリコプターが上空から災害状況の把握を行い、津波避難ビルに取り残された住民を確認後、ヘリコプターで地上のヘリポートまで救出し、救急隊に引継ぎ病院へ搬送
多重衝突による
多数傷病者対応訓練

高速道路上での多重衝突事故により、多数の傷病者が発生したことを想定し訓練を実施
消防隊が救出救助活動を展開するとともに、DMATやDrヘリと連携し傷病者の観察・応急処置・搬送活動を実施
※DMAT:大規模災害時に、病院等の医療機関から派遣される災害派遣医療チーム

地震火災消火訓練地震により、火災が発生するも、消火するための水利が確保できない状況下で、海上保安庁の巡視船が取水した海水を消防車に送水し、消火活動を実施

訓練写真

訓練会場・開会式

津波避難広報訓練

人命救助訓練

情報収集訓練・津波避難ビル救出訓練

多重衝突による多数傷病者対応訓練

地震火災消火訓練

お問合せ先

消防局 企画課

西宮市池田町13-3

電話番号:0798-26-0119

ファックス:0798-36-2467

お問合せメールフォーム

s_kikaku@nishi.or.jp

本文ここまで

警防・救助に関する訓練・研修

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ