このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【甲東分署】トライやる・ウィーク(上ケ原中学校)

更新日:2019年6月2日

ページ番号:58367963

上ケ原中学校の生徒(4名)がトライやる・ウィークで消防の仕事について学びました。

兵庫県では、中学校2年生の生徒が1週間の職場体験を行う『トライやる・ウィーク』を実施しています。
甲東分署では、5月13日~5月17日の5日間、上ケ原中学校の生徒が消防業務を体験しました。

訓練礼式

消防は、厳正な規律の保持と迅速的確で秩序ある行動が要求されます。そのために消防士が日頃から取り組まなければならない訓練礼式があります。訓練礼式の基本(敬礼、右向け右、番号、整列休め)を学びました。
みんな一つ一つの動きにキレがあり、凛々しく見えました。

訓練礼式の様子1

訓練礼式の様子2



車両積載資器材説明

消防車両に積載している資器材(ホース、三連はしご、エンジンカッター等)について学びました。
普段目にする機会のない資器材を興味深々に見つめていました。

車両積載資器材説明1

車両積載資器材説明2


防火衣着装訓練

火災現場で消防士にとって必需品である防火衣を着装して実際の出動時の雰囲気を体感しました。
陽射しが照り付ける環境の中、必死に熱さに耐え頑張っていました。

防火衣着装訓練の様子1

防火衣着装訓練の様子2


ホース延長及び放水訓練

ホースを延長する方法を学び、実際に放水を体験しました。
最初、思うようにホースが真っ直ぐ伸びませんでしたが、次第に綺麗に延長できるようになりました。また、放水の反動力が強くて2人で協力して放水しました。

ホース延長訓練の様子

放水訓練の様子


はしご車搭乗体験及び救助訓練

瓦木消防署で、はしご車搭乗体験及び救助訓練を行いました。瓦木消防署にあるはしご車は35mまで伸ばすことができます。救助訓練では、地上14mの高さで長さ20mのロープをチロリアン渡過という方法で渡りました。

はしご車搭乗体験の様子2

救助訓練の様子


想定訓練

カリキュラムの最後でトライやる・ウィークの集大成である実際の火災現場での活動をイメージした想定訓練を行いました。
この5日間で学んだ知識や技術を活かして最後までやりきりました。

想定訓練の様子1

想定訓練の様子2


5日間という短い間でしたが、みんなで協力しながら元気よく取り組んでいました。
上ケ原中学校の皆さん本当にお疲れ様でした。

記念撮影


お問合せ先

甲東分署

西宮市上ケ原一番町1-64

電話番号:0798-54-0119

ファックス:0798-51-5411

お問合せメールフォーム

s_koutou@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ