このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【消防局】全国一斉に、危険物安全週間が実施されます!

更新日:2020年6月9日

ページ番号:90898877

毎年6月の第2週は危険物安全週間です

 毎年6月の第2週は、危険物安全週間と定められており、事業所における自主保安体制の確立を呼びかけるとともに、広く国民の危険物に対する意識の高揚と啓発を図るため、例年、安全に関する研修や危険物に関するポスターの配布等の各種広報、防災訓練などが実施されています。
※令和2年度は、コロナ禍中での週間となり、週間中の実施内容については、各消防本部により異なります。

危険物安全週間ポスター
ポスターモデル 藤田菜七子騎手(日本中央競馬会)

危険物施設を管理する事業所は再度確認してください!

 新型コロナウイルス感染防止対策として各事業を縮小されているところもあると思いますが、危険物を取り扱われている事業所の方々は、こういった状況であっても注意を怠ることなく、下記の点を再度確認し、適切に危険物の貯蔵・取扱いを行っていただくようお願いいたします。

1 関係者・危険物保安監督者・危険物取扱者に変更はありませんか?
  →未届けの場合は、各種の届出が必要です。

2 危険物取扱者は、保安講習を受講していますか?
  →受講期限を確認し、期限内に受講してください。

3 定期点検を実施していますか?
  →未実施の場合は、許可の取消しや使用停止等の命令を受けることがあります。

4 施設や取り扱っている危険物を、許可申請や届出をせずに変更していませんか?
  →無許可変更は、許可の取消しや使用停止等の命令を受けることがあります。
※変更には許可を受ける必要がありますので、必ず事前に所轄の消防署に相談してください。

5 これからの季節に備えて、風水害対策を定めていますか?
  →風水害対策については、各業界団体からもお知らせがあったかと思いますが、危険物施設の風水害対策ガイ
   ドラインが下記リンクのとおり定められておりますので、各事業所の風水害対策の参考にしてください。

KNOW WHY(ノウホワイ)を意識しましょう

 各事業所では、安全に作業を行うため、危険物の取り扱いについて、マニュアル等を定めていると思いますが、マニュアルは「KNOW HOW(ノウハウ)」で、「どのようにするか」が決められています。

 しかし、「KNOW HOW(ノウハウ)」には、「KNOW WHY(ノウホワイ)」つまり「なぜそうするのか」という視点が欠けています。
 「KNOW HOW(ノウハウ)」を決めるにあたって、何か理由があったはずです。

 例えば、信号のある交差点には停止線が引かれています。
 普段から運転する方であれば、「ここの停止線は、交差点から随分手前に引かれているなぁ…」と感じられた停止線が今まであったと思います。
 当然ですが、あれはやみくもに引いているわけではなく、「あの位置で車両が止まらなければ、大型車が他方から曲がってこられない」などの理由、すなわち「KNOW WHY(ノウホワイ)」があり、適切な位置に引かれています。

 事業所の方々は、この機会に各々のマニュアルがなぜそう決められたのか、今一度「KNOW WHY(ノウホワイ)」を、危険物安全週間を機に、意識してみてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

消防局 予防課

西宮市池田町13-3

電話番号:0798-26-0119

ファックス:0798-36-2475

お問合せメールフォーム

s_yobo@nishi.or.jp

本文ここまで

火災予防

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ