このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

こんろ、電気配線の取扱いに注意しましょう!

更新日:2019年5月10日

ページ番号:47291873

平成30年中火災原因について

例年、火災発生原因の上位は「こんろ」、「たばこ」、「放火」となっていますが、
西宮市の火災原因トップ3は、全97件中1位がこんろ16件、同率2位で放火(放火の疑い含む)11件、配線器具11件でした。

こんろが関与している火災事例

・IHこんろでてんぷら油を熱していた際、しばらく目を離すと火が出ていた
・こんろの周辺に置いてあったふきんに火が移って燃え広がった


電気配線が関与している火災事例

・20年以上使用している電気カーペットのコードが半断線しており、
 その部分から発熱して被覆が溶け、短絡(ショート)して出火した

・長期間にわたり家電のコンセントを不完全な状態で差し込み使用していたところ、
 プラグの差し刃間で電気スパークが発生して周りのものに着火した


火災予防のワンポイントアドバイス

1.こんろからは目を離さない
「調理中は、こんろから目を離さない」ことが火災予防の基本となります。
また、IHこんろは加熱の力が強いため、てんぷら油が少量である時は油の温度が急速に上昇し、
安全装置の作動が間に合わずに火災となってしまいます。
調理中は、キッチンから離れず、こんろから目を離さないようにしましょう!

2.こんろ周辺を整理する
こんろ周辺では、こんろからの火が直接燃えやすいものに接触したり、
輻射熱によって火災が発生することがあります。
輻射熱は、目に見えない熱源ですので、こんろ付近に燃えやすいものがあると火が燃え広がる要因となります。
火を使うこんろ周辺は整理して、火災の予防を心がけましょう!

3.コードが損傷していないか確認する
家具の下敷きになっていたり、強く折れ曲がったりしている電気コードは、
中の銅線が「半断線」になっている可能性があります。
「半断線」になっているコードは、被覆が変色・変形している箇所がある、使用中異常に熱くなる箇所がある等の特徴があります。
定期的にコードの設定状況と損傷の有無を確認しましょう!

4.コンセント周りを定期的に掃除する
冷蔵庫など、常にコンセントに差し込んでいる箇所は、定期的に電源プラグを抜いて掃除し、
周辺も整理整頓しておきましょう!
また、使用していない電気製品の電源プラグはコンセントから抜いておきましょう!

最後に…

身の回りを確認して、火災につながる危険がないか確認してみてください。

皆さんひとりひとりの意識が、西宮市の火災予防につながります!

ご協力お願いします!

お問合せ先

消防局 予防課

西宮市池田町13-3

電話番号:0798-26-0119

ファックス:0798-36-2475

お問合せメールフォーム

s_yobo@nishi.or.jp

本文ここまで

火災予防

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ