このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
西宮市 緊急サイト
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナワクチンQ&A

更新日:2021年8月1日

新型コロナワクチンについて、市民の皆さんから寄せられた質問の一部を紹介します。

予約について(個別接種)

予約はどのようにすればよいですか

個別医療機関で接種を希望される方は下記リンク先をご確認ください。

個別接種(接種可能な医療機関一覧について)

予約について(集団接種)

集団接種の予約は市の窓口や接種会場で申し込むことができますか?

 できません。恐れ入りますが、西宮市新型コロナワクチン接種コールセンターへお問い合わせいただくか市ホームページに掲載されております予約システムよりご予約ください。くれぐれも直接接種会場へご連絡いただくことはお控えください。なお、聴覚障害や言語機能障害等のある方専用のFAX予約も承っております。

西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター
西宮市新型コロナワクチン接種予約システム(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(聴覚障害等専用)西宮市新型コロナワクチン集団接種 FAX予約申込用紙(PDF:231KB)

 

予約システム上で集団接種の予約をしましたが、パスワードを忘れました。どうすればいいですか。

 西宮市新型コロナワクチン接種コールセンターへご連絡下さい。

西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター

予約にあたり、家族や親戚が代行することは可能ですか。

可能です。ただし、予約の際は、接種されるご本人様の情報(氏名、生年月日等)と接種券(接種券番号)が必要となります。

2回目の接種予約方法を教えてください(集団接種)

1回目の接種のみ予約してください。
2回目の接種は、基本的に1回目の3週間後の同曜日・同時刻・同会場となります。両日の予定を必ずご確認の上、予約をしてください。
例えば、1回目の接種予約を6月5日(土曜日)14:00にされた場合、2回目の接種予約は6月26日(土曜日)14:00となります。

予約枠の空き状況はどうすれば確認できますか

市のホームページで確認できます。コールセンターでも予約状況の確認は可能ですが、電話がつながりにくくなることもあるため、ホームページでの確認をお願いしています。

集団接種(予約システム等)

予約のキャンセル待ちシステムはないのですか。

集団接種会場でのワクチン廃棄を防ぐために当日分のキャンセル待ちシステムを導入します。
同システムに登録した方には、集団接種会場でキャンセルが発生した日の午後以降に、コールセンターより電話でお知らせします。なお会場等は登録時に選択できます。
詳しくは、下記リンク先をご確認ください。

集団接種(予約システム)

予約のキャンセルについて

集団接種の予約をキャンセルする方法は

接種予約システム、または、西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター(0120-622-999(フリーダイヤル)、0570-097-724(有料))でキャンセルのお手続きをお願いいたします。

西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター
西宮市新型コロナワクチン接種予約システム(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

集団接種で予約を取ったが、かかりつけ医でも予約が取れた場合はどのようにすればいいですか

かかりつけ医で接種を希望される場合、集団接種のキャンセル手続きをお願いします。
西宮市新型コロナワクチン接種予約システムまたは西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター(0120-622-999(フリーダイヤル)、0570-097-724(有料))へご連絡ください。

西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター
西宮市新型コロナワクチン接種予約システム(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

ワクチンについて

1回目の予約から2回目の予約が3週間以上空いてもいいですか

ワクチンの効果を十分得るために、1回目の接種からファイザー社製ワクチンは3週間後、モデルナ社製ワクチンは4週間後を目途に2回目を接種します。それ以上間隔が空く場合は、できるだけ早く接種をしてください。1回目の接種と2回目の接種は必ず同じ種類のワクチンを接種してください。

ワクチン接種を行う目的は

発症予防や重症化予防の効果のあるワクチンの接種を受けることで、生命・健康へのリスクの軽減や医療機関への負荷の軽減を図り、新型コロナウイルス感染症のまん延防止を目的にしています。重症化を防ぐ効果も期待され、検証が進められています。

ワクチンは必ず接種しなければならないのですか

接種は強制ではなく、本人の意思により受けるものです。
ワクチンは、国内外の数万人のデータから、発症予防効果などワクチン接種のメリットが副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して、皆さんにお勧めしていますが、ワクチンの接種は強制ではありません。
接種を受けるかどうかは、発症予防の効果と副反応のリスクを正しく理解した上で、ご自身で判断してください。

無料で接種を受けられますか

希望者は無料で接種可能です。

ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

・市や保健所が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。

・怪しいと思ったら、知人や家族、警察や新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン(0120-797-188 午前10時~午後4時)等にご相談ください。

ワクチンの副反応について

ワクチン接種における副反応の状況はどのようになっていますか

ワクチン接種後、注射部位の痛みや、倦怠感、頭痛、筋肉痛、発熱などの症状が出ることがあります。これらの症状は通常、数日以内に治まります。ひどい痛み・腫れ、高熱等重い症状と思われる場合は、医師の診察を受けてください。
※1回目の接種より、2回目の接種時に高い頻度で確認されております。
※稀にアナフィラキシーショックという激しいアレルギー反応が接種後30分以内に起きることがあります。
厚生労働省「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
ページ内「接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度」をご参照ください。

厚生労働省「新型コロナワクチンの有効性・安全性について」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
厚生労働省「新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
厚生労働省「新型コロナワクチンの副反応疑い報告について」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

接種について(全体計画など)

65歳以上の接種希望者は本当に接種が7月中にできるのですか

7月末日までに接種を希望される高齢者の皆さんが接種できるよう予約枠を順次拡大しました。
接種全体計画については、下記リンク先をご確認ください。

新型コロナワクチンの接種について

集団接種会場におけるワクチン廃棄を防ぐ取り組みはどうなっていますか

下記リンク先をご確認ください。

集団接種(予約システム)

接種について(その他全般的なこと)

西宮市民ですが、市外の医療機関等でも、ワクチン接種は可能ですか。

 原則、住民登録のある市町村の医療機関や接種会場で接種となりますが、やむを得ない事情により他市で接種を希望する場合は、接種を行う市町村(他市)に対し事前に届出(住所地外接種届)し、発行された届出済証(住所地外接種届出済証)を接種機関に持参する必要があります。
 具体的な届出方法については接種を行う市町村(他市)にお問い合わせください。このとき、接種体制の維持・構築に影響がある等の判断により、届出済証が交付されない場合もありますので、ご注意ください。
 なお、以下に該当する場合は、接種を受ける際に医師等に申告を行う等により届出を省略することができます。
 ・入院・入所者
 ・通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
 ・基礎疾患を持つ者がかかりつけ医の下で接種する場合
 ・コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
 ・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
 ・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
 ・災害による被害にあった者
 ・勾留又は留置されている者、受刑者
 ・国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの 対象地域に居住している者に限る)
 ・職域接種を受ける場合
 ・住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である者
  なお、当該対象者は、接種を受ける時点において、現にその状態にある方に限ります。

西宮市民ではありませんが、西宮市でワクチン接種することは可能ですか。

 原則、住民登録のある市町村の医療機関や接種会場で接種となりますが、やむを得ない事情により西宮市で接種を希望する場合は、西宮市に対し事前に届出(住所地外接種届)し、発行された届出済証(住所地外接種届出済証)を接種機関に持参することで接種が可能です。
 
■届出方法
 届出方法は以下のとおりです。
(1)郵送・窓口
 市が指定する住所地外接種届に、接種券の写し(コピー)を添付して、下記の宛先までご提出ください。
【提出先】
〒662-8567 西宮市六湛寺町3番1号 西宮市役所新型コロナワクチン接種事務センター (東館8階)
※郵送の場合は、84円切手を貼った返信用封筒を同封してください。
 
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(エクセル:122KB) 
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(PDF:363KB)
 
(2)インターネット
 厚生労働省のWEBサイト「コロナワクチンナビ」にて申請が可能です。 
コロナワクチンナビ(厚生労働省ホームページ)新規ウィンドウで開きます。(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

  
 なお、以下に該当する場合は、接種を受ける際に医師等に申告を行う等により届出を省略することができます。
 ・入院・入所者
 ・通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
 ・基礎疾患を持つ者がかかりつけ医の下で接種する場合
 ・コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
 ・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
 ・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
 ・災害による被害にあった者
 ・勾留又は留置されている者、受刑者
 ・国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの 対象地域に居住している者に限る)
 ・職域接種を受ける場合
 ・住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である者
  なお、当該対象者は、接種を受ける時点において、現にその状態にある方に限ります。

今秋に留学予定ですが、優先して接種を受けることはできますか?

文部科学省で、渡航先でワクチン接種が必要とされている海外留学予定者に対して、大学拠点接種の枠組みの中で接種を受けられるよう支援する仕組みがあります。
 
詳細は下記のリンク先をご確認ください。

海外渡航を予定しておりますが、ワクチン接種を証明する書類はありますか。

7月26日より諸外国に予防接種証明書の提示を求められた場合に提示するワクチン接種証明書を発行しております。
詳細は下記リンク先をご確認ください。
新型コロナウイルスワクチンの接種証明について

ワクチンの接種対象について

接種を受けることができる年齢は

接種の対象はファイザー社製ワクチンは12歳以上、モデルナ社製ワクチンは18歳以上の方です。

ワクチン接種を受けられないのはどのような人ですか

一般的に以下の方はワクチンを受けることができません。
・明らかに発熱している方(注1)
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(注2)の既往歴のある方
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方
(注1)明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(注2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状

新型コロナウイルスに感染したことのある人は、ワクチンを受けることはできますか

既にコロナウイルスに感染した人も、新型コロナワクチンを受けることができます。
ただし、受けた治療の内容によっては、治療後から接種まで一定の期間をおく必要がある場合がありますので、いつから接種できるか不明な場合は、主治医にご確認ください。
なお、事前に感染したことがあるかどうかを検査して確認する必要はありません。

持病があり、薬を飲んでいる人はワクチンを受けることはできますか

薬を飲んでいるために、ワクチンが受けられないという薬はありませんが、基礎疾患のある方、免疫不全のある方、病状が重い方などは、接種を慎重に検討する必要がありますので、必ずかかりつけ医とご相談ください。
ただし、抗凝固薬(いわゆる「血をサラサラにする薬」の一部です)を飲んでいる方は、ワクチンを受けた後、2分以上しっかりと押さえてください。
当てはまるかどうか不明な方は、かかりつけ医などにご確認いただくか、厚生労働省の資料をご覧ください。

妊娠中や授乳中の人は、ワクチンを受けることができますか

妊娠中、授乳中の方も、受けることができます。
妊娠中や授乳中であることで、現時点で特段の懸念が認められているわけではありませんが、安全性に関するデータが限られているため、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断してください。
ワクチンを受けるかお悩みの方は、主治医とご相談ください。

接種の優先順位はどのようになっていますか

以下の順位で接種を行う予定です。
[1]医療従事者等
[2]高齢者
 (令和3(2021)年度中に65歳に達する、昭和32(1957)年4月1日以前に生まれた人)
[3]高齢者以外で基礎疾患を有する人や高齢者施設等で従事している人
[4]西宮市独自の優先接種枠
 (1)教職員(幼・小・中)、保育士等
 (2)訪問介護や通所介護などの居宅系サービス従事者や、障害者・障害児の入所施設従事者
  ※市内施設に従事している方が対象です。
[5]上記[1]~[4]以外の人

接種の優先順が高齢者の次とされている、基礎疾患に該当するのはどんな病気ですか

国では高齢者の次に、65歳未満の方で下記基礎疾患をお持ちの方への接種が想定されています。
以下の病気で通院・入院中の方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
  • 基準(「BMI」が30以上)を満たす肥満の方

接種場所について

どこで接種を受けられますか

西宮市内の医療機関と集団接種会場で受けられます。

  • 医療機関について

個別接種(接種可能な医療機関一覧について)

  • 集団接種について

集団接種(予約システム等)

また、西宮市以外の機関による大規模接種も実施されています。詳しくは、下記リンク先をご確認ください。
西宮市以外の機関(兵庫県、防衛省)によるワクチン大規模接種について

接種券について

西宮市に住民票がありますが、現在別の住所に居住しています。接種券を居住先に送付してもらうことは可能ですか。

別の住所地に再送付をご希望の場合は、市が指定する再発行申請書を下記の宛先までご提出ください。
【提出先】〒662-8567 西宮市六湛寺町3番1号 西宮市役所新型コロナワクチン接種事務センター (東館8階)
FAX 0798-32-1030

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(エクセル:133KB)
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(PDF:391KB)

接種券の再発行について

申請方法は以下のとおりです。
(1)電話
「西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター」にお電話ください。
TEL 0120-622-999 0570-097-724 受付時間 9:00から17:30まで(土日祝日も受付)
(2)郵送・FAX・窓口
市が指定する接種券再発行申請書を下記の宛先までご提出ください。
【提出先】〒662-8567 西宮市六湛寺町3番1号 西宮市役所新型コロナワクチン接種事務センター (東館8階)
FAX 0798-32-1030
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(エクセル:133KB)
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(PDF:391KB)
※申請手続き後、内容に不備がなければ 「住民票に記載の住所」へ郵送 いたします。
※ 「住民票に記載の住所でない住所」への送付をご希望の場合は、 「(2)郵送・FAX・窓口」にて申請の上、 本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードの顔写真のある面、健康保険証、年金手帳など)を添付してください。

西宮市に転入してきましたが、転入前の市区町村で交付された接種券は使えますか

 接種券の発送後に住民票住所地が変更になった場合は、変更先(転入後)の市区町村において接種券の再発行を受ける必要があります。再発行を受けた後は、誤って変更前(転入前)の接種券を使用しないようご注意ください。

>>高齢者(65歳以上)の方 [※昭和32年(1957年)4月1日以前生まれ] 
 4月中に転入の届出をされた方については、申請手続きなしで本市の接種券を送付いたします。
 5月以降に転入の届出をされた方については、発行を受けるための申請手続き(再発行申請)が必要です。
 
>>64歳以下の方 [※昭和32年(1957年)4月2日以降生まれ]
 6月17日までに西宮市に転入の届出をされた方については、申請手続きなしで本市の接種券を送付いたします。
 6月18日以降に転入の届出をされた方については、発行を受けるための申請手続き(再発行申請)が必要です。
※申請時期によっては接種券が2通届く場合がありますが、その場合はどちらか一方を破棄してください。
 
■申請方法
申請方法は以下のとおりです。
(1)電話
「西宮市新型コロナワクチン接種コールセンター」にお電話ください。
TEL 0120-622-999、0570-097-724 受付時間 9:00から17:30まで(土日祝日も受付)

(2)郵送・FAX・窓口
市が指定する接種券再発行申請書を下記の宛先までご提出ください。
【提出先】
〒662-8567 西宮市六湛寺町3番1号 西宮市役所新型コロナワクチン接種事務センター (東館8階)
FAX 0798-32-1030
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(エクセル:133KB)
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(PDF:391KB)

※申請手続き後、内容に不備がなければ 「住民票に記載の住所」へ郵送 いたします。
「住民票に記載の住所でない住所」への送付をご希望の場合は、「(2)郵送・FAX・窓口」にて申請の上、本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードの顔写真のある面、健康保険証、年金手帳など)を添付してください。

接種券の発送スケジュールについては、下記リンク先をご確認ください。

接種当日について

予診票は事前に記入するのですか

スムーズに接種いただけるよう、次の1~3を事前に記入しておいてください。
1 住所・氏名・連絡先・生年月日を記載、
2 質問事項の回答欄の(「はい」又は・「いいえ」のチェックを入れる)、
3 接種希望の有無及び同意欄に署名

接種当日にはどのようなことに気を付けたらいいですか

接種当日に必要なものは、接種券、予診票(事前に記入を済ませたもの)、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)です。
また、発熱(37.5度以上)や体調のすぐれない方は接種を控えてください。

接種当日に警報が出ました。市の集団接種はどうなりますか。

当日の 午前7時時点で本市に大雨、暴風のいずれかの特別警報が発表されている場合は中止します。
当日の接種時間帯に上記の特別警報が発表されるおそれがある場合や、その他の警報等の気象情報が発表された場合等も中止と判断することがあります。接種を中止する際には、当日午前7時までに判断します。
※接種を中止する際は、市のホームページでお知らせします。また、コールセンターでもお答えします(受付時間内に限る)。

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

最新の緊急情報

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号 法人番号8000020282049
Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページ上部へ