このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「市立学校園」「市立保育所等」「市立留守家庭児童育成センター」「高齢者・障害者施設等」において感染者等が発生した場合の施設閉鎖等の目安について

更新日:2020年5月25日

ページ番号:53581675

 「市立学校園」「市立保育所等」「市立留守家庭児童育成センター」「高齢者・障害者施設等」の利用者もしくは職員等の感染等が確認された場合の施設閉鎖等の目安について、つぎのとおりお知らせします。個別の措置については、感染者等の利用(出勤)状況や行動範囲などを勘案し、必要に応じて保健所と相談のうえ判断します。

市立学校園

  • 幼児、児童、生徒もしくは教職員が陽性と判明した場合

 当該学校園を原則2週間、臨時休業もしくは学年、学級など一部の閉鎖とする。閉鎖の規模、期間については、保健所と相談のうえ判断する。

  • 幼児、児童、生徒もしくは教職員が濃厚接触者と特定された場合

 当該幼児・児童・生徒は2週間の出席停止、当該教員は2週間の自宅待機とする。
 
 ※私立幼稚園についても、適切な対応を要請する。

市立保育所等

  • 児童もしくは職員が陽性と判明した場合

 当該保育所等は2週間の臨時休園とする。

  • 児童もしくは職員が濃厚接触者と特定された場合

 当該児童もしくは職員に対し、2週間の自宅待機を要請する。
 
 ※民間保育施設(私立保育所、幼保連携型認定こども園、地域型保育事業所)についても、適切な対応を要請する。

市立留守家庭児童育成センター

  • 児童もしくは指導員が陽性と判明した場合

 当該校区の留守家庭児童育成センターは2週間の臨時休所とする。

  • 児童もしくは指導員が濃厚接触者と特定された場合

 当該児童もしくは指導員に対し、2週間の自宅待機を要請する。

高齢者・障害者施設等

  • 利用者もしくは職員が陽性と判明した場合

 訪問サービス・通所サービス・短期入所サービスについては、休業要請(原則2週間)を行うことがある。施設サービスについては、原則、休業要請は行わない。

  • 利用者もしくは職員が濃厚接触者と特定された場合

 原則、休業要請は行わない。
 利用者が濃厚接触者の場合については、経過観察の期間(2週間)はサービス利用を控えるよう要請する。入所施設等においてサービスを継続する必要がある場合は、該当者を個室に移すなど、他の利用者と接触しないような対応を要請する。
 職員が濃厚接触者の場合については、経過観察の期間(2週間)に出勤させないよう要請する。

各施設閉鎖等に関する問合せ先

  • 市立学校園について

 教育委員会 学校保健安全課 電話 0798-35-3860 

  • 市立保育所、地域型保育所について

 保育所事業課 電話 0798-35-3164

  • 私立保育所、幼保連携型認定こども園について

 保育幼稚園支援課 電話 0798-35-3044

  • 市立留守家庭児童育成センターについて

 育成センター課 電話 0798-35-3659

  • 高齢者・障害者施設等について

 法人指導課 電話 0798-35-3045

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ