このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

土砂災害から身を守る

更新日:2015年9月9日

ページ番号:72071983

土砂災害から身を守る(タイトル)

土石流から身を守るには

  • 堅固なマンションなどの2階以上にあがる。
  • 谷や川より高いところにあがる。
  • 流れる方角に対して直角に逃げる。
  • 早めの自主避難を行いましょう。

がけ崩れから身を守るには

  • 2階に寝る。
  • がけから離れた部屋に寝る。
  • 早めの自主避難を行いましょう。

がけ周辺の安全対策を講じましょう

  • がけの上の大木は切る。
  • 崩れそうなところは、柵や石積みで補強します。
  • 不安定な岩は取り除くか、落下防止の補強を行います。
  • 雨水の浸透をできるだけ防ぐように、ビニールなどで斜面を覆います。
  • 水路をつくって、雨水をがけに浸透させないようにします。
  • 擁壁などの構造物に異常があれば、ただちに修理します。
  • がけから、なるべく離れた部屋を寝室にしましょう。

こんな土地ではこんな注意を

造成地扇状地山岳地帯
盛土や基準に適合していない造成地では、地質・地形が不安定な場合があり、豪雨で、地盤がゆるみ崩れる危険があります。
水抜き穴から濁り水が出るなど、普段と変わった状態があれば要注意です。
山間部の集中豪雨に用心しましょう。
豪雨によって、山崩れが起こると土石流が扇状地を直撃します。
山崩れは集中豪雨ばかりでなく、地震によっても発生するので、日頃からの災害対策が大事です。
とくに樹木の少ない山間部では土石流の危険をはらんでいるので、厳重な警戒が必要です。

リンク

お問合せ先

災害対策課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 6階

電話番号:0798-35-3626

ファックス:0798-36-1990

お問合せメールフォーム

boutai@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ