このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

甲子園浜の生きもの

更新日:2018年7月24日

ページ番号:56669743

磯の生きもの

カニ

砂浜・干潟・磯がある自然豊かな甲子園浜には、たくさんの生きものがいます。
下記の写真の生きものは、甲子園浜自然環境センター3階の水槽コーナーで観察できます。カニとヤドカリは直接手にとって観察できます。
干潮の日には、たくさんのカニ・ヤドカリ・魚などを見つけることができます。干潮の日と時間は、甲子園浜自然環境センター(電話:0798-49-6401)に聞いてください。
【おねがい】海の生き物は、毎日新鮮な海水がないとすぐに死んでしまいます。浜で観察したカニなどは、海のおうち(元の場所)にかえしてあげてください。


カニ(蟹)

カニのオスカニのメス

カニのオスとメスです。見分けがつきますか?
甲子園浜自然環境センターの3階の水槽には、甲子園浜にいる全ての種類のカニを観察できます。カニの種類の見分け方、オスとメスの見分け方を展示説明しています。


イソガニ

イソガニ

イソガニ


ケフサイソガニ

ケフサイソガニ

【もんだい】ケフサイソガニのオスには毛があります。さて、どこの部分に毛があるでしょうか?(※メスには毛がありません。)
1.くち
2.あし
3.はさみ


ガザミ

ガザミ

【もんだい】ガザミは、別名で何と呼ばれてるでしょうか?
1.蟹の王様
2.さすらい蟹
3.渡り蟹


タイワンガザミ

タイワンガザミ

タイワンガザミ


イシガニ

イシガニ

イシガニ


チチュウカイミドリガニ

チチュウカイミドリガニ

【もんだい】チチュウカイミドリガニは、ヨーロッパの地中海から日本にやって来ました。どうやって、来たのでしょうか?
1.自分で泳いできた
2.飛行機
3.船


サカナ(魚)

甲子園浜自然環境センターにいるサカナたちは、毎日お昼過ぎにごはんを食べます。
砂に隠れてるカレイが姿を現して、餌を食べるシーンはとても豪快です。

ガンテンイシヨウジ

ガンテンイシヨウジ

セイゴ

セイゴ

シマイサキ

シマイサキ

コトヒキ

コトヒキ

イサキ

イサキ

キチヌ

キチヌ

【もんだい】キチヌはキビレとも呼ばれてます。さて、ヒレは何色でしょうか。
1.肌色
2.虹色
3.黄色


ボラ

ボラ

イダテンギンポ

イダテンギンポ

ミミズハゼ

ミミズハゼ

ウロハゼ

ウロハゼ

マハゼ

マハゼ

チチブ

チチブ

マコガレイ

マコガレイ

その他

イソスジエビ

イソスジエビ

ユビナガホンヤドカリ

ユビナガホンヤドカリ

タテジマイソギンチャク

タテジマイソギンチャク

シロボヤとマヒトデ

シロボヤとマヒトデ

仲良く写ってるシロボヤとマヒトデですが、マヒトデがシロボヤを少しずつ食べて、今のシロボヤはとても小さくなってます。


こたえ

もんだいのこたえは、すべて3ばんです。

甲子園浜自然環境センターご案内リンク

リンク

お問合せ先

甲子園浜自然環境センター(みどり保全課)

西宮市枝川町19-10(浜甲子園運動公園内)

電話番号:0798-49-6401

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ