このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

アリガタバチ

更新日:2019年1月23日

ページ番号:45919580

形態

  • 成虫の体長雌約2mm。雄約1.5mm。
  • 雌は無翅。
  • 雄には有翅型と無翅型がある。
  • アメ色。

生態

アリガタバチ

  • アリガタバチ類は、アリに似た形をしたハチ。
  • この仲間は甲虫類の幼虫に寄生する。
  • シバンムシアリガタバチは、一般家庭でも発生することの多い「シバンムシ」の幼虫に寄生する。
  • 真っ直ぐ直線的に歩行する習性があり、壁をつたい時には天井から落下してくることもある。
  • 雌成虫が毒針でシバンムシの幼虫を麻痺させ、その体表に産卵する。
  • 雌は無翅で、一般のハチと同様、産卵管が毒針の役目をしている。
  • 4月下旬~10月頃に被害が多い。
  • 吸血はしません。よって、アリガタバチの方から人間に寄ってくることはない。
  • 人と接触した際に、圧迫を受け皮膚を刺咬します。
  • 接触し刺されることによって、かゆみや発疹の被害が生じます。
  • かゆみの症状には個人差がありますが、1週間~10日間ほど続きます。

発生場所

シバンムシが発生する、畳や乾物類など。

駆除方法

アリガタバチそのものは殺虫剤にはきわめて弱いので、目で確認できるところで発見したものは、市販されているゴキブリ用の殺虫剤などで対処できます。しかし、必ずその寄主であるシバンムシの駆除をしなければなりません。シバンムシは特に、畳・タバコ・貯蔵穀物・穀粉・乾物(昆布やかつお節など)・ビスケットなどの菓子類・香辛料など様々な食品から、多く発見されます。よって、そういった貯蔵食品は容器に密閉して保管し、発生を予防して下さい。発生している食品を発見した場合は、その食品を処分してください。畳にシバンムシが発生している場合は、畳に小さな穴が開いている事があります。畳の裏側と側面にゴキブリ用殺虫剤を吹きかけ、部屋には、くん煙剤の使用も効果的です。

リンク

お問合せ先

環境衛生課

西宮市西宮浜3丁目4

電話番号:0798-35-0002

ファックス:0798-35-0010

お問合せメールフォーム

kanei@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ