このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年度就学奨励金(市立小・中・義務教育学校)

更新日:2020年10月22日

ページ番号:37448606

西宮市では、西宮市立小学校・中学校・義務教育学校の児童・生徒及び西宮市に居住する兵庫県立芦屋国際中等教育学校前期課程の生徒の保護者を対象に、給食費や学用品費などの学校教育活動における必要な経費の一部を援助しています。
援助を希望される方は、学校で配布している「令和2年度就学奨励金申請書」を学校へ提出してください。
※申請は毎年必要です。平成31年度に援助を受けた方、小学校・義務教育学校1年生で新入学用品費小学校・義務教育学校入学前支給を受けた方も必ず提出してください。
※就学奨励金の支給は、後払いになります。教材費等の必要な経費は、先に学校へ支払ってください。
※在籍する学級(通常学級又は特別支援学級)により、認定基準・支給方法が異なります。
【受付期間】
令和2年4月7日(火曜日)~5月22日(金曜日)
※下記の「家計急変世帯への援助について」で申請される場合は、6月10日(水曜日)までに、学校へご提出ください。
上記の受付期間以降は、令和2年度の最終登校日まで随時受付します。ただし、採用の場合は、学校受付月分から援助を開始します。(但し、6月30日(火曜日)受付分までについては4月分から)
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止による、西宮市立学校の臨時休業の延長(5月31日まで)に伴い、受付期間を変更します。(4月28日時点)
※期間中に添付証明書を添付できない場合は、申請書のみをご提出ください。認定結果は「不採用」となりますが、不採用通知と一緒にお渡しする「西宮市教育委員会就学奨励金の審査結果について(不採用)」の案内文書に記載している期日までに添付証明書をご提出いただくことにより、遡って認定させていただきます。

通常学級に在学されている方

【援助を受けられる方】
令和2年度に次の(1)~(11)のいずれかに該当する方。
※いずれも世帯で該当していることが必要です。ここでの世帯は、同居の家族及び同一生計の家族全員をいいます。
(1)教育扶助以外の生活保護を受けている。(現在教育扶助を受けている方は、申請の必要はありません)
(2)市民税が非課税(所得割・均等割の両方)の場合。
(3)市民税が減免されている。
(4)個人事業税の減免を受けている。
(5)災害等の理由により自己の居住用財産の固定資産税の減免を受けている。(新築軽減、震災により代替取得した家屋に対する軽減は該当しません)
(6)国民年金の免除を受けている。(国民年金4分の1免除は該当しません)
(7)児童扶養手当を受けている。(児童手当、特別児童扶養手当とは異なります)
(8)国民健康保険の保険料の減免を受けている。(国民健康保険料の軽減は該当しません)
(9)失業中の場合。(失業者の給与所得・事業所得を0円として、(10)の所得審査を行います)
(10)平成31年中(平成31年1月~令和元年12月)の総所得金額の世帯合算額が次の基準所得以下の場合。
【基準所得】
家族数2人 2,309,000円、3人 2,663,000円、4人 2,972,000円、5人 3,576,000円、6人 4,086,000円 (7人以上 1人増すごとに665,000円)
ア.総所得金額とは、給与所得(源泉徴収票の「給与所得控除後」の金額)、事業所得(年間収入金額から必要経費を引いた金額)、不動産所得、雑所得等の合計額です。
※複数所得者がいる場合は、合算します。
イ.世帯の中に保護者が住民税の障害者控除を受けていない障害者がいる場合は、身体障害者手帳、療養手帳などの証明できる書類の写しを提出してください。障害者1人につき369,000円を基準所得に加算します。
(11)上記(1)~(10)には該当しないが、経済的な理由によって児童・生徒が就学困難となる特別な事情がある。(住宅ローン、学費負担等の事情は考慮しません)
※(2)と(3)については、世帯全員がどちらかに該当すれば援助を受けられます。
※上記(1)~(11)に該当しない学校教育法施行令第22条の3に該当する児童・生徒の保護者につきましては、特別支援学級分の申請が可能です。
※新型コロナウイルス感染症にかかる影響を受け、家計急変した世帯も援助を受けることができます。詳しくは、下記の「家計急変世帯への援助について」をご覧ください。
【援助の種類と金額】
別表(1)のとおり。
令和2年度の援助内容は、国からの通知等により変更する場合があります。
また、県立芦屋国際中等教育学校は、別表(1)の援助内容と一部異なります。

※新型コロナウイルス感染症対策にかかる小学校等臨時休業期間中について、準要保護世帯に対する継続的な支援として昼食代を支給します。詳しくは、下記の「臨時休業期間中の家庭支援について」をご覧ください。

特別支援学級に在籍されている方、通常学級に在籍されており学校教育法施行令第22条の3に該当される方

【援助を受けられる方(認定基準)】
「世帯の所得(収入額)」が「生活保護等の基準額(需要額)」の2.5倍未満の世帯が援助の対象となります。
※世帯ごとに収入額と需要額が異なりますので、教育委員会が市民税課税台帳等を調査し、世帯ごとの収入額と需要額を算出して審査します。
※公共交通機関や自家用車を利用して通学費を負担されている方は、所得制限に関係なく通学費の2分の1の援助が受けられます。援助を受けるためには申請手続きが必要です。
※新型コロナウイルス感染症にかかる影響を受け、家計急変した世帯も援助を受けることができます。詳しくは、下記の「家計急変世帯への援助について」をご覧ください。
【援助の種類と金額】
別表(2)のとおり。
令和2年度の援助内容は、国からの通知等により変更する場合があります。
【学用品費の支給手続】
学用品費は、別表(3)のとおり保護者が購入した対象品について、領収書等で金額(実費)を確認したうえで、支給します。採用決定後、指定する期日までに領収書等を学校へ提出していただきます。
※領収書について
 ・領収書がない場合は、学用品費の支給対象経費として認められません。
 ・領収書は、保護者名と品名の表示が必要です。「〇〇他」「△△代」は不可。
 ・レシート(クレジットカードの支払明細書を含む)を領収書に代えることができます。
【通学費の支給手続】
就学奨励金(特別支援学級)の申請手続きを行った方は、通学費の実費分の援助を受けることができます。(認定基準を超えている場合は、実費の2分の1)。
通学費は、定期券の購入状況等を確認したうえで、実費額を支給します。ただし、定期券を購入した場合の8月分、切符等を購入した場合または自家用車を使用した場合の休業期間中(夏季休業のプール、登校日などの授業日(出席簿上の出席日)ではない日)は支給対象外です。
公共交通機関で通学されている場合は、定期券の写しや切符代の領収書、ICカード等利用履歴などを提出していただきます。切符代の領収書、ICカード等利用履歴の提出が難しい場合は、実際に負担した金額を学校に申告することにより援助を受けることができます。
自家用車で通学されている場合は、自家用車で通学された回数を学校に申告することにより援助を受けることができます。

※新型コロナウイルス感染症対策にかかる小学校等臨時休業期間中について、準要保護世帯に対する継続的な支援として昼食代を支給します。詳しくは、下記の「臨時休業期間中の家庭支援について」をご覧ください。

支給の方法、時期

保護者が指定した口座へ教育委員会から振込みます。ただし、学校長が必要と認めた場合、又は学校徴収金を滞納している場合(前年度分含む)は、学校長の口座へ振込み、学校で清算させていただきます。
支給の時期は、別紙(4)のとおり予定しています。

家計急変世帯への援助について

新型コロナウイルス感染症にかかる影響を受け、家計急変した世帯を支援するため、認定要件である基準所得(特別支援学級申請分は、認定基準)の取扱いを今年度に限り緩和することといたしました。
令和2年4月または5月の収入をもとに前年同月比で算出した年間総所得金額の見込額が基準所得(特別支援学級申請分は、認定基準)以下であれば認定することとします。
※総所得金額見込額を算出する際は、平成31年中所得と同様の基準で所得控除を行います。

【申請に必要な書類】
A 平成31年4月分及び令和2年4月分の収入が確認できる書類
B 令和元年5月分及び令和2年5月分の収入が確認できる書類
   給与の場合…給与明細や給与証明書等
   給与以外の場合…平成31年及び令和2年所得報告書(指定様式あり)
C 令和2年度市民税・県民税課税証明書(令和2年1月1日現在、西宮市在住の方は必要ありません)
※ABの両方を提出できない場合は、どちらか一方でも構いません。
※学校長の特別具申は必要ありません。

【平成31年及び令和2年所得報告書】
以下よりダウンロードしてご使用ください。

臨時休業期間中の家庭支援について

新型コロナウイルス感染症対策にかかる小学校等臨時休業期間中について、準要保護世帯に対する継続的な支援として昼食代を支給します。詳しくは、下記のページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

教委 学事課

西宮市六湛寺町3-1 西宮市役所東館 7階

電話番号:0798-35-3851

ファックス:0798-22-7019

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ