このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

次世代育成支援行動計画(前期計画)の取組状況を報告します。

更新日:2013年12月19日

ページ番号:63537776

子育てと仕事の両立を目指して保育サービスの充実を進めてきたこれまでの取組みに加え、少子化の流れを変えるため、平成15年に、全ての市町村及び都道府県、301人以上(平成23年4月1日からは101人以上)の従業員を有する企業に、今後10年間の集中的・計画的な取組みを進めるための行動計画策定を義務づける「次世代育成支援対策推進法」が成立しました。
西宮市では、平成17~21年度までの5年間を前期の計画期間とし、「西宮市次世代育成支援行動計画」を策定し、総合的な子育て支援施策の推進に取り組みました。平成17~21年度に実施した次世代育成支援に関する事業(前期計画)の取組状況について報告します。

なお、平成22~26年度までの5年間については後期計画を策定し、平成22年度より取り組んでいます。

1.事業数の推移

 計画当初平成17年平成18年平成19年平成20年平成21年
個別事業数(再掲除く)229237239236239242
新規追加94363
事業統合▲ 3▲ 3
事業分離21
事業廃止・削除による▲ 2▲ 7

※( )は再掲事業内数

事業数増減内訳(前年度との比較)

 計画当初平成17年平成18年平成19年平成20年平成21年
個別事業数(再掲除く)229237239236239242
新規追加94363
事業統合▲ 3▲ 3
事業分離21
事業廃止・削除による▲ 2▲ 7

2.平成21年度(平成21年度目標別)事業数内訳

基本目標実施拡充継続新規※
1.すべての家庭の子育てを支えるまちづくり7(0)31(4)83(9)15(1)136(14)
2.母と子の健康を支えるまちづくり1(0)15(2)17(0)6(0)39(2)
3.子育てと仕事の両立を支えるまちづくり5(2)9(1)17(5)0(0)31(8)
4.ゆとりある教育の実現と健全育成のまちづくり1(0)11(4)39(14)6(1)57(19)
5.子どもや子育て家庭にやさしいまちづくり3(0)2(2)20(2)2(1)27(5)
17(2)68(13)176(30)29(3)290(48)
実 数155514626242

※「新規」は、計画書には記載されていないが、前期計画期間中に新たに追加実施された事業。
※( )は再掲事業内数

ページ上部へ

リンク

子育て支援サービスの目標事業量(国に報告する特定項目)

地域子育て支援拠点事業(旧:つどいの広場事業)

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数---1か所2か所10か所2か所500.00%

一時保育

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数3か所6か所9か所10か所10か所10か所12か所83.30%
定員30人55人68人73人73人73人120人60.80%

子育てショートステイ

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
定員5人5人6人6人6人6人8人75.00%

ファミリーサポートセンター

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数1か所1か所1か所1か所1か所1か所1か所100.00%

子育て総合センター(地域子育て支援センター)

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数1か所1か所1か所1か所1か所1か所1か所100.00%

休日保育

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数------2か所0.00%
定員------20人0.00%

病後児保育(施設型)

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数-1か所1か所1か所1か所1か所2か所50.00%
定員-2人2人2人2人2人6人33.30%

通常保育

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数42か所45か所48か所49か所49か所49か所51か所96.10%
定員3,824人4,019人4,064人4,190人4,250人4,290人4,304人99.70%

低年齢児保育

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
定員1,437人1,527人1,591人1,585人1,609人1,636人1,648人99.30%

延長保育

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数13か所16か所19か所21か所22か所22か所22か所100.00%
定員252人408人506人521人539人539人546人98.70%

留守家庭児童育成センター

単位平成16年度
実施事業量
平成17年度
実施事業量
平成18年度
実施事業量
平成19年度
実施事業量
平成20年度
実施事業量
平成21年度
実施事業量
平成21年度
目標事業量
達成度
か所数41か所41か所41か所41か所41か所40か所41か所97.60%
定員2,420人2,540人2,680人2,740人2,800人2,860人2,600人110.00%

ページ上部へ


新規事業の実施状況

行動計画の中で平成21年度の目標が「実施」となっている事業です。

平成21年度実施状況…◎実施済み、-未実施

基本目標1

事業名事業の内容平成21年度
実施状況
担当(窓口)
地域子育て支援拠点事業(旧:つどいの広場事業)乳幼児(0~3歳)を持つ親とその子どもが気軽に集い、相談・交流などを行う。子育て企画グループ
子育て情報の総合的な提供子育て情報を一元化し、総合的な子育て情報誌の発行や子育て関係のホームページを充実させる。子育て企画グループ
地域での居場所・遊び場づくり子育て情報の交換や市民同士が支えあう場所として、身近な公共施設の空き時間を利用するなど、子育てに使用できる地域での居場所・遊び場づくりに取り組む。子育て企画グループ
保育所の第三者サービス評価事業の実施保育サービスの質の向上を図るため、公正・中立な第三者が、専門的客観的な立場から評価する仕組みを導入する。保育所事業グループ
児童虐待防止ネットワークの設置・活用児童虐待の早期発見と防止のため関係する各機関の全市的な連絡協議会を設置する。児童・母子支援グループ
留守家庭児童育成センターにおける障害児の4年生以上の受け入れ4年生以上の障害児童の受け入れを行う。児童・母子支援グループ
軽度発達障害児への教育支援体制づくり特別支援教育へ向けて、軽度発達障害児への対応や、支援体制づくりについて検討を進める。特別支援教育グループ

基本目標2

事業名事業の内容平成21年度
実施状況
担当(窓口)
性教育指導の指針作成関係部局で意見交換し、性教育指導の指針を作成する。学校教育グループ

基本目標3

事業名事業の内容平成21年度
実施状況
担当(窓口)
病(後)児保育の実施(施設型)病気回復期にあって集団での保育が困難な就学前児童を、家庭で保育できない保護者に代わって、医療機関等に付設した施設で一時的に預かる。保育所事業グループ
休日保育事業日曜・祝日等の勤務等により、児童に保育が欠ける場合の保育需要に対応する。保育所事業グループ
勤労福祉センターの利用の充実子育て中の親が勤労福祉センターで行う事業等に積極的に参加できるように託児スペースを整備する。勤労福祉課

基本目標4

事業名事業の内容平成21年度
実施状況
担当(窓口)
「エココミュニティ会議」への参画地域の環境問題を解決するための会議に青年層が参画する。環境都市推進グループ

基本目標5

事業名事業の内容平成21年度
実施状況
担当(窓口)
住宅情報の総合窓口の設置子育て世帯に対する住宅情報の拡充を図るため、住宅情報の総合窓口を設置し、住まい情報のワンストップサービス、建築相談・増改築相談、多様な住情報の提供等を行う。住宅政策グループ
公共施設安全確保対策指針作成の検討道路・公園等新設の際に、交通安全・防犯という観点より配慮すべき事項を取りまとめる。安全・安心対策グループ
共同住宅安全確保対策指針作成の検討共同住宅新設の際に、交通安全・防犯という観点より配慮すべき事項を取りまとめる。安全・安心対策グループ

ページ上部へ


追加事業

行動計画未掲載で、行動計画策定後、新規に追加した事業です。

【平成21年度新規に実施した事業】

基本目標1

事業名事業の内容担当課
エコひろば甲子園浜自然環境センターでは、より多くの子ども達に、自然と触れ合いながら環境について理解を深めてもらうため、年間3回の開催を予定しており、甲子園浜の干潟や生きものや渡り鳥、甲子園浜の干潟が残るに至った歴史など、甲子園浜を通じた環境学習を進める。
21年度は、3回開催し、合計107名の参加。
環境学習推進グループ

基本目標2

事業名事業の内容担当課
10か月児アンケート健康診査フォロー事業(すくすく相談会)10か月児アンケート健康診査の結果で、発達に経過観察が必要な児や育児ストレスが高い保護者に、案内文を送付。予約制で、身体計測、小児科診察、臨床心理士、理学療法士(作業療法士)による集団指導、歯科衛生士・栄養士による個別相談、保健師による育児相談等を実施している。地域保健グループ
10か月児アンケート健康診査心身の発達の節目である10か月児の発育発達と保護者の育児状況等についてアンケート形式で行う健康診査。地域保健グループ

【平成20年度新規に実施した事業】


基本目標1

事業名事業の内容担当課
子育て相談の夜間・休日電話相談窓口の開設西宮市の閉庁時間において、電話児童相談窓口を設置し、養育者からの児童に関する悩み等を聞くとともに適切な助言をするものとする。また、緊急時には、警察や児童相談所に連絡するなど適切な対応をする。事業は社会福祉法人三光事業団に委託して実施。児童・母子支援グループ
ちきゅうとなかよしカード事業「ちきゅうとなかよしカード」は、幼児が、環境に対する生活習慣を身につけたり、自然に親しむ活動を行ったときに、先生からスタンプを押してもらう活動です。西宮市立保育所の3・4・5歳、西宮市立幼稚園4・5歳を対象に「ちきゅうとなかよしカード」を配布し、実施した。環境学習推進グループ
人形劇の定期公演と講座西宮は人形劇発祥の地であることから、人形劇のまちとして盛り上げていこうと、人形劇の定期公演と、ワークショップを平成20年度より7月から3月までの奇数月の第2土曜日に計5回開催した。文化振興グループ
子どもの笑顔がかがやくまち事業
  • 「ままとキッズに贈る~愛のうた」0歳からのコンサート(平成20年度新規事業)
    クラシックの名曲から子どもが大好きなリズミカルな曲まで、親子で音楽を楽しんでもらうため、0歳児のお子様から入場できるコンサートを開催した。
  • 子どものための音楽芸術体験事業、舞台芸術体験事業(平成20年単年度事業)
    公募により参加申込を行った子どもたちが、それぞれ演奏・演技指導を受け、実際にコンサートや舞台に出演した。
文化振興グループ

基本目標2

事業名事業の内容担当課
第2次救急医療小児科病院輪番制の整備事業兵庫県及び阪神南圏域の尼崎市・芦屋市と連携し、阪神南圏域における第1次救急機関からの小児科患者転送を受け入れる第2次救急医療機関の小児科病院群輪番制事業を実施し、休日・夜間の小児救急患者を受け入れる医療機関の確保を図る。地域保健グループ
小児救急医療相談の実施小児患者の症状に不安のある保護者からの相談に対し、看護師等による対応方法等の助言および適切な受診医療機関の紹介などを行う電話相談体制を、阪神南圏域(西宮市・尼崎市・芦屋市)の連携で整備する。地域保健グループ

【平成19年度新規に実施した事業】


基本目標1

事業名事業の内容担当課
育児支援家庭訪問事業関係機関からの情報収集等により把握した養育支援の必要性があると判断した家庭に対して、家事や育児の支援としてヘルパーや保健師等を派遣する。児童・母子支援グループ
健やか赤ちゃん訪問事業乳児が生後4ヶ月を迎えるまでにその家庭を訪問し、様々な不安や悩みを聞き、子育て支援に関する情報提供等を行うとともに、親子の心身の状況や養育環境等の把握や助言を行い、支援が必要な家庭に対しては適切なサービス提供に結びつけることを目的とする事業。児童・母子支援グループ

基本目標2

事業名事業の内容担当課
マタニティーマーク普及啓発事業妊婦にやさしい環境づくりと妊婦への気遣いの意識を高めることを目的とし、マタニティーマークの普及啓発活動を実施する。地域保健グループ

【平成18年度新規に実施した事業】


基本目標4

事業名事業の内容担当課
不登校児童生徒学習支援事業(1)居場所サポーターの派遣
 小・中学校に「居場所サポーター」(学生ボランティア)を派遣し、登校しているが教室に入れない児童生徒やあすなろ学級から学校復帰した児童生徒の支援体制を整える。
(2)在家庭学習支援システムの構築
 引きこもっている(あすなろ学級や民間フリースクールに通級していない)児童生徒が、家庭でWeb学習やコミュニケーションできるよう、在家庭学習支援システムを構築する。
特別支援教育グループ
子どもの食生活実態調査の実施及び啓発の充実市内小学校5年生の児童とその保護者を対象に食生活の実態調査を実施。朝食の摂取内容と生活行動のとの関係性を調査したところ、朝食をしっかりと取っている児童は友人との関係、学業の理解度、感情の安定においてもいい評価結果が出た。そのことから、子どもの食生活に関して内容をまとめた冊子等を作成の上で、啓発活動を実施し、保護者や教員に対して研修会を行っていく。学校保健グループ
学校の安全・安心対策事業小学校・養護学校を対象に低いフェンスのかさ上げ工事を行うほか、モニター画面で来訪者を確認し、門扉を遠隔操作で開錠するシステムを試行的に実施する。管理グループ

基本目標5

事業名事業の内容担当課
にしのみや安心e-ネットパソコンや携帯電話のメール機能を活用して、登録された市民の方々に、地域に係わる防犯や防災の情報を配信する。また、小学校単位を対象としたグループ利用機能を活用して、普段はコミュニティの連絡ツールとして、緊急時には緊急情報をグループに発信する。安全・安心対策グループ

【平成17年度新規に実施した事業】


基本目標1

事業名事業の内容担当課
スクーリングサポート推進事業平成17年度より、教育相談、適応指導教室、不登校児童生徒学習支援を一括してスクーリングサポート事業としている。特別支援教育グループ
母子家庭自立支援給付事業母子家庭の母親の主体的な能力開発への支援のための自立支援教育訓練給付金事業(平成17年10月より実施)、及び看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士の資格取得に対して支援する高等技能訓練促進費事業(平成18年度開始)を実施する。児童・母子支援グループ
市民企画講座公民館事業における市民の参画と協働をさらに進めるため、現代的課題をテーマとした公民館講座の企画と運営を公募により選考された市民団体が受託実施する。
※平成17年度は、選考団体6団体の内4団体(企画)が子育て支援(次世代育成支援等)事業を実施した。
中央公民館
甲山自然環境センターの活用平成17年4月1日、教育委員会から甲山自然の家、甲山キャンプ場及び社家郷山キャンプ場が移管され、自然学習館と合わせて甲山自然環境センターとして開設。実施事業
(1)自然の家とキャンプ場:自然体験活動や環境学習、甲山保全森林サポーター育成講座及び青少年育成事業のサポート。なお、老朽化に伴い自然の家の浴場の改修を行った。
(2)自然学習館:ハイカーなどへの周辺環境の情報発信(仁川に生息する生き物の展示、バードカービング展示など)。
環境学習推進グループ
甲子園浜自然環境センターの活用平成14年度から開館。自然と人の共生を目的として、甲子園浜の良好な環境の保全と、海浜及び干潟における自然体験活動及び環境学習並びに各種の研修及び交流を通じて、市民の自主的な環境に関する活動を支援する。環境学習推進グループ
環境学習サポートセンターの活用市民の自主的な環境学習を支援するため、旧江上庁舎の『環境学習ルーム』を平成17年7月に西宮北口・コープこうべゆとり生活館へ移転させ、「環境学習サポートセンター」として開館した。館内には市内の河川や水路に生息する淡水魚など約20種類の生き物を水槽展示する「ミニミニ水族館」、環境保全に関する書籍1500冊を揃えた「環境図書コーナー」などを設置している。相談窓口では、子どもから大人までの環境活動・学習に関する質問や相談にアドバイス等を行う。環境学習推進グループ

基本目標2

事業名事業の内容担当課
ストレスチェック事業(4か月児健診)4か月健診受診児の保護者を対象に、4か月健診の問診票送付時にストレスチェック票を同封し、健診前に保護者のストレス度を自己チェックしてもらう。健診当日、チェック票でストレス度が高い人等を対象に個別相談を実施し、保護者のこころの健康づくりに役立てる。健康増進グループ

基本目標4

事業名事業の内容担当課
チャレンジサポーター事業小・中・養護学校の放課後の時間などを活用して、個別の学習支援、漢字・計算認定に関わる支援、児童生徒の学習相談等を行っている。学校教育グループ
漢字・計算認定制度の構築小学校の「漢字」「計算」の「ねっこシート」をWeb上で公開、家庭と学校からアクセスできるようにし、基礎・基本の定着と家庭学習の充実を支援している。学校教育グループ

ページ上部へ


詳しい取組状況

個別事業の取組状況については下記よりダウンロードしてください。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

子供支援総務課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 7階

電話番号:0798-35-3703

ファックス:0798-35-5525

お問合せメールフォーム

kosodate_k@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ