このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

西宮市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

更新日:2022年8月1日

ページ番号:59319952

<お知らせ1>申請期限が、令和4年8月31日(水曜日)まで延長となりました。

<お知らせ2>当面の間、受給期間中の求職活動義務を緩和します。

令和4年4月26日付で「コロナ禍における『原油価格・物価高騰等総合緊急対策』」が国において決定されたことを受け、令和4年5月活動分から当面の間、求職活動義務の回数を下表のとおり緩和します。

義務の内容従前緩和後
自立相談支援機関の面談等の支援を受ける。

月1回以上

月1回以上
(変更なし)

公共職業安定所(ハローワーク)の職業相談等を受ける。

月2回以上

月1回以上

求人先への応募、求人先の面接を受ける。

週1回以上

月1回以上

※求職活動義務の緩和がなくなる場合は、改めてホームページ等でお知らせいたします。

<お知らせ3>初回支給が終了した世帯について、再支給申請が可能となりました(要件あり)。

再支給について

自立支援金(初回)の受給が終了した世帯で、初回の支給期間に誠実かつ熱心な求職活動を行ったにもかかわらず、なお自立への移行が困難であった場合に一度に限り、再支給(最大3か月)を受けることができます。
詳しくは(再支給申請)西宮市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について新規ウインドウで開きます。をご覧ください。
なお、自立支援金の初回支給期間中に以下に該当する世帯は再支給対象外となります。
・求職活動要件を満たしていない等により支給中止となった場合
・毎月の求職活動等を怠った場合(例:活動回数が不足している、活動報告書を期日までに提出していないなど)

これから自立支援金(初回)の申請を検討される方へ

都道府県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金及び総合支援資金の貸付等を令和4年5月までに借り終わった世帯で、令和4年6月30日(当日消印有効)までに自立支援金(初回)の申請書類を提出していただいた場合、再支給の申請対象となる可能性があります。
令和4年6月30日までに申請書類をすべて揃えることが難しい場合は、事前に下記2事務センターまで必ずご相談ください。
(ただし、初回支給、再支給ともに収入や資産等の所定の要件があります。)

<お知らせ4>西宮市で本自立支援金の支給対象となる可能性がある世帯に、申請書一式を送付します。

兵庫県社会福祉協議会が行う総合支援資金の貸付が令和4年8月までに終了する世帯等のうち、西宮市で本自立支援金の支給対象となる可能性がある世帯に、申請書一式を送付します。
令和4年1月以降、緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付のいずれも借り終わった世帯についても、本自立支援金の申請が可能となりました。(ただし、再貸付を申請または利用中である世帯を除きます。また、貸付期間中に辞退し、結果として、令和4年8月までに終了となった場合を除きます。)

初回申請対象者発送時期

総合支援資金の再貸付の最終借入月が令和4年3月までの世帯

2月28日までに
発送済

緊急小口資金及び総合支援資金(初回)の最終借入月が令和4年7月までの世帯

7月6日までに

発送済

緊急小口資金及び総合支援資金(初回)の最終借入月が令和4年8月の世帯

7月29日
発送済

※1  総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯については、随時申請書類をお送りしております。
※2  転居された場合などは、申請書類が届かない場合があります。
当該発送時期後、しばらくたっても申請書類が届かない場合は、本ページの申請書類を印刷していただくか、下記2の事務センターにて申請書類の発送を受付けておりますので、ご相談ください。
※3 他の都道府県の社会福祉協議会で総合支援資金の再貸付を受けられた世帯については、申請書類をお送りしておりません。本ページの申請書類を印刷していただくか、下記2の事務センターにて申請書類の発送を受付けておりますので、ご相談ください。

1.西宮市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

新型コロナウイルス感染症の影響により、経済的に困窮し、総合支援資金の貸付をこれ以上利用できない方々を対象に、就労による自立を図り、また円滑な生活保護の受給へ繋げるために「生活困窮者自立支援金(以下、「自立支援金」という)」の支給を行います。
詳細は「自立支援金のしおり」をご確認ください。

自立支援金のしおり

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。自立支援金のしおり(令和4年7月1日版)(PDF:614KB)

2.お問い合わせ先について

本支援金にかかるお問い合わせについて、下記事務センターにて承っております。

西宮市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センター

電話番号:0798-81-3486
受付時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日を除く)
※聴覚に障害のある方など、お電話によるお問い合わせが難しい方はFAX(0798-36-3078)【西宮市自立支援金担当宛て】をご利用ください。

3.申請方法について(郵送のみ)

下記5に記載の申請書類申請時添付書類を下記の郵送先までご提出ください。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、提出は郵送のみ受付けます。
市役所等の窓口では受付けておりませんので、ご注意ください。
※申請受付からお振込みまで、3週間から4週間程度の日時を要します。
 書類等に不備があった場合には、さらに確認のための時間を要しますので、ご注意ください。

郵送先

西宮市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金 事務センター
〒662-0912 西宮市松原町2番37号 西宮市立勤労青少年ホーム (※ 郵送のみ)

申請期限

令和4年8月31日(水曜日) ※当日消印有効

※申請期限の日にポストに投函した場合、時間帯によっては当日の消印にならない場合がありますので、余裕をもって投函してください。

振り込め詐欺にご注意ください

・申請内容について確認事項があった場合、西宮市から問い合わせを行うことはありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料の振込を求めることはありません。

・ご自宅や職場などに市職員等をかたった不審な電話や郵便があった場合は、西宮市消費生活センター(0798-64-0999)最寄りの警察署(または警察相談専用電話 (#9110))にご連絡ください。

4.制度の概要

支給対象者

自立支援金を受給するためには、下記の要件等を全て満たしていることが必要です。
詳細は「自立支援金のしおり」をご確認ください。
 ◆緊急小口資金等の特例貸付を利用できない下記のいずれかの世帯

  1. 総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯
  2. 総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
  3. 総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯
  4. 緊急小口資金及び総合支援資金(初回)を借り終わった世帯/令和4年8月までに借り終わる世帯

※4.は総合支援資金の再貸付を申請中または利用中である世帯を除きます。また、貸付期間中に辞退し、結果として、令和4年8月までに終了となった場合を除きます。
 ◆収入要件と資産要件を満たしていること
  金額等は「自立支援金のしおり」にてご確認ください。

 ◆今後の生活の自立に向けて、下記のいずれかの活動要件を満たしていること

  1. 公共職業安定所又は地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口に求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
  2. 生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない状態にあること

支給額等について

支給額

一月ごとに以下の額を支給します。
◆単身世帯: 6 万円 ◆2人世帯 : 8 万円 ◆3人以上世帯 : 10 万円

支給期間

最大6か月間 (初回支給3か月、再支給3か月)
※受給中に支給要件を満たさなくなった場合は、支給中止となります。
※再支給については、再支給申請を行う必要があります。

お振込みまでの目安

初回支給のお振込みまでの目安
1か月目(初回)申請受付からお振込みまで、3週間から4週間程度
2か月目

下記義務の報告受付からお振込みまで、2週間程度

3か月目下記義務の報告受付からお振込みまで、2週間程度

※書類等に不備があった場合には、さらに訂正のための時間を要しますので、ご注意ください。
※義務の報告受付時点で支給対象となる月が未到来である場合等は、お振込みまで2週間以上を要すことがあります。

受給中の義務について

自立支援金の受給中は原則として以下の義務が発生します。
(※当面の間、必要な活動回数が緩和されています。)
なお、生活保護を申請し、当該申請に係る決定がなされていない場合はこの限りではありません。
詳細は「自立支援金のしおり」をご確認ください。

義務の内容従前緩和後
自立相談支援機関の面談等の支援を受ける。

月1回以上

月1回以上

(変更なし)

公共職業安定所(ハローワーク)の職業相談等を受ける。※1

月2回以上

月1回以上

求人先への応募、求人先の面接を受ける。

週1回以上

月1回以上

義務の実施は申請月からですが、下記の義務の報告(書類の郵送)については支給決定後からになります。
それまではご自身で書類を保管されるようにお願いいたします。また、書類郵送の期日は決定通知書とともにご案内します。
※1地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口での職業相談等も認められる場合がありますので、その窓口名などを事前に上記2の事務センターへお知らせください。

受給中の義務の報告について

受給中は、上記の義務の報告を毎月していただく必要があります。下表の書類を上記3の郵送先まで毎月提出してください。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、提出は郵送のみ受付けます。
詳細は「自立支援金のしおり」をご確認ください。

受給中の提出書類
求職活動等状況報告書(様式4)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:28KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:496KB)
自立相談支援機関相談確認書(様式4別紙)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:25KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:303KB)
職業相談確認票(様式5)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:26KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:138KB)
常用就職活動状況報告書(様式6)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:33KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:155KB)
常用就職届(様式7)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:26KB)

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:97KB)


2か月目以降の自立支援金の支給について

2か月目以降の自立支援金の支給については、上記義務の報告受付からお振込みまで、2週間程度日時を要します。
ただし、義務の報告受付時点で支給対象となる月が未到来である場合等は、お振込みまで2週間以上を要すことがあります。
また、書類等に不備があった場合には、さらに訂正のための時間を要しますので、ご注意ください。

5.申請時に必要な書類について

申請書類(様式)

自立支援金をご申請される場合は、以下の申請書類を申請時添付書類とともに上記3の郵送先までご提出ください。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、提出は郵送のみ受付けます。
申請に必要な書類の詳細は「自立支援金のしおり」をご確認ください。

申請書類(様式)
申請書(様式1-1)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。エクセル版(エクセル:30KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:119KB)
申請時確認書(様式1-2)   ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。エクセル版(エクセル:28KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:118KB)
申請時提出書類確認リスト(様式1-2(2)) ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。エクセル版(エクセル:27KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:164KB)
再貸付不承認・過去借入状況申告書(1-3)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。エクセル版(エクセル:25KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:99KB)
資産・収入申告書ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:34KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:434KB)
記入見本
申請書(様式1-1)の記入見本       ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。エクセル版(エクセル:33KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:337KB)
資産・収入申告書の記入見本ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:41KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:545KB)

申請時添付書類

◆本人確認書類
・住民票の写し又は運転免許証、マイナンバーカード等の写し
◆総合支援資金の借入関係書類(1,2,3はいずれかの一方の提出で可)

  1. 再貸付の借用書(控)の写し又は貸付の決定通知書の写し(貸付決定通知書の写しでも可)
  2. 総合支援資金の再貸付を申請したが、不承認となった場合は、再貸付の不承認通知の写し
  3. 緊急小口資金の借用書(控)の写し及び総合支援資金の初回貸付の借用書(控)の写し(貸付決定通知書の写しでも可)

※3.は総合支援資金の再貸付を申請中または利用中でない場合に限ります。
◆収入関係書類
・世帯員のうち収入がある方についての、申請月の収入が確認できる書類の写し(給与明細書、手当の証書等、通帳の写し等)
◆金融資産関係書類(1と2のどちらの通帳の写しも必要)

  1. 世帯員全員の、申請日時点で所有する全ての金融機関の通帳の写し(申請日から直近1か月間の記帳内容・残高が確認できるもの)
  2. 直近の緊急小口資金、総合支援資金の貸付又は再貸付の借入状況がわかる金融機関の通帳の写し

◆求職活動関係書類(1,2,3はいずれかの一方の提出で可)

  1. 求職受付票(ハローワークカード)の写し、またはオンライン登録画面の写し等の求職番号を確認できる書類
  2. 地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口に求職申込をしたことを確認できる書類
  3. 生活保護を申請する場合は、生活保護申請書の写し(保護の実施機関の受領印付き)

◆振込先口座が確認できる書類
・振込先口座通帳の「金融機関名・支店番号・口座氏名・口座番号等」が確認できるページの写し

6.【参考】求職の申込みに関する関係書類(提出する場合は、ハローワーク西宮まで)

ハローワークで求職の申込みをされる際にご活用ください。

ハローワーク関係書類
ハローワーク利用のご案内 ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:322KB)
ハローワーク登録用紙ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。エクセル版(エクセル:60KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:349KB)
ハローワーク登録用記入見本ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。エクセル版(エクセル:90KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:611KB)
県内ハローワーク一覧ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ワード版(ワード:22KB)ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版(PDF:219KB)

ハローワーク関連リンク

「ハローワーク西宮」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
「ハローワークインターネットサービス」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

7.よくあるお問い合わせ

下記のファイルをご参照ください。
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。よくあるお問い合わせ(PDF:695KB)

お問い合わせ先

西宮市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センター
電話番号:0798‐81‐3486
受付時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日を除く)
厚生労働省コールセンター
電話番号:0120-46-8030
受付時間:午前9時から午後5時(土曜・日曜・祝日を除く)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

生活保護

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ