このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました

更新日:2018年8月27日

ページ番号:47172352

「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律の施行」(以下「法律」とします。)が、平成25年9月1日に施行されました。

次に主な改正ポイントをご紹介します。

終生飼養の徹底

  • 動物の所有者の責務として、動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(終生飼養)が明記されました。
  • 動物取扱業者の責務に、販売が困難になった動物の終生飼養を確保することが明記されました。
  • 都道府県等は、終生飼養に反する理由による引取り(動物取扱業者からの引取り、繰り返しての引取り、老齢や病気を理由とした引取り等)を拒否できるようになりました。

動物取扱業者による適正な取扱いの推進

  • これまでの「動物取扱業」は「第一種動物取扱業」という名称に変更されました。
  • 犬及び猫を販売する第一種動物取扱業者(犬猫等販売業者)は、犬猫等健康安全計画の策定、個体ごとの帳簿の作成・管理、毎年1回の所有状況報告が義務付けられました。
  • 第一種動物取扱業者(哺乳類、鳥類、爬虫類の販売を業として営む者)は、販売に際してあらかじめ、購入者に対して現物確認・対面説明をすることが義務付けられました。
  • 幼齢の犬猫の販売制限が設けられました。
  • 飼養施設を有し、一定数以上の動物を非営利で取扱う場合(譲渡・展示等)には、第二種動物取扱業として届出が義務付けられました。

詳しくは西宮市動物管理センターへお問い合わせ下さい。

罰則の強化

犬・猫などの愛護動物を遺棄・虐待する行為は犯罪です。

  • 動物の愛護及び管理に関する法律の改正により、犬・猫などの愛護動物を遺棄(捨てること)、虐待に対する罰則が強化されました。
    • 犬や猫などの愛護動物を遺棄した場合は100万円以下の罰金に処せられます。
    • 犬や猫などの愛護動物をみだりに殺したり傷つけたりした場合は2年以下の懲役または200万円以下の罰金に処せられます。
    • 犬や猫などの愛護動物に対し、みだりに餌や水を与えずに衰弱させるなどの虐待をした場合は100万円以下の罰金に処せられます。
  • 遺棄や虐待を見かけたら、すぐにお近くの警察署にご通報いただくか、兵庫県警アニマルポリス・ホットライン(電話:078-371-8974)、または西宮市動物管理センター(電話:0798-81-1220)へご相談下さい。

お問合せ先

生活環境課動物愛護チーム(西宮市動物管理センター)

西宮市鳴尾浜2丁目1-4

電話番号:0798-81-1220

ファックス:0798-81-1210

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ