このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

先端設備等導入計画の認定

更新日:2021年4月8日

ページ番号:64560643

1.概要

 西宮市では、生産性向上特別措置法(平成30年6月6日施行)に基づき、導入促進基本計画を策定し、市内中小企業者から同法に基づく先端設備等導入計画の認定申請を受付しています。

 この基本計画に沿った「先端設備等導入計画」を作成し、認定を受けた中小企業者は、税制支援や金融支援などの優遇措置を受けることができます。

固定資産税の特例の拡充・延長について

この度、本特例の適用対象に、事業用家屋と構築物(塀、看板(広告塔)、受変電施設など)が追加されました。
また、2021年3月までとなっている適用期限を2年間延長し、2023年3月までとなる予定です。

2.認定を受けるメリット

税制措置

西宮市から認定を受けた先端設備等導入計画に基づき、一定の設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税の課税標準額(税額)が3年間ゼロになります。

※固定資産税(償却資産)の軽減制度の詳細については、下記リンク先をご参照ください。

補助金の優先採択

国のものづくり補助金等の審査において、優先採択(審査時の加点や補助率の上昇など)の優遇措置が受けられます。

金融措置

民間金融機関から融資を受ける際、信用保証協会による信用保証のうち、普通保険等とは別枠での追加保証が受けられます。
ご活用を検討されている場合、事前に信用保証協会へご相談ください。

3.認定を受けられる中小企業者

 先端設備等導入計画の認定を受けられる中小企業者は、中小企業等経営強化法第2条第1項に該当する方です(下記表参照)。また、本市が認定を行うのは、西宮市内にある事業所において設備投資を行うものです。
※固定資産税の特例措置は対象となる中小企業者の要件が異なりますのでご注意ください。(『先端設備等導入計画策定の手引き』5~8ページ)

4.先端設備等導入計画の主な要件

中小企業者が、計画期間内に労働生産性を一定程度向上させるため、先端設備等を導入する計画(先端設備等導入計画)を策定し、本市の導入促進基本計画等に合致する場合に認定を受けることができます。

先端設備等導入計画の主な要件
主な要件内容
計画期間計画認定から3年間、4年間または5年間の期間で目標を達成する計画であること
労働生産性

計画期間において、基準年度(直近の事業年度末)比で労働生産性が年平均3%以上向上すること(認定経営革新等支援機関の事前確認が必要)
【労働生産性の算定式】
(営業利益+人件費+減価償却費)/労働投入量(労働者数又は労働者数×一人あたりの年間就業時間)

先端設備等の種類

労働生産性の向上に必要な生産、販売活動等の用に直接供される下記設備
【減価償却資産の種類】
・機械装置
・測定工具及び検査工具
・器具備品
・建物附属設備
・ソフトウェア
・事業用家屋(取得価格の合計額が300万円以上の先端設備等とともに導入されたもの)
・構築物

計画内容

・導入促進基本計画に適合するものであること
・先端設備等の導入が円滑かつ確実に実施されると見込まれるものであること。
・認定経営革新等支援機関において事前確認を行った計画であること


※固定資産税の特例措置は対象となる設備の要件が異なりますのでご注意ください。(『先端設備等導入計画策定の手引き』5~8ページ)

※固定資産税(償却資産)の軽減制度の詳細については、下記リンク先をご参照ください。

5.認定申請について

申請される場合は、「先端設備等導入計画策定の手引き」10~12ページの記載方法を参照してください。
提出の際は、「先端設備等導入計画 申請書類提出用チェックシート」とともに漏れなく必要な書類を添付したものを申請書一式として受付を行います。受付から計画の認定に要する期間は2週間程度です。
なお、設備取得は必ず「先端設備等導入計画」を市が認定した後となります。既に取得した設備を対象とした計画は認定できませんのでご注意ください。

認定フロー

必要書類

 ・市税の完納証明書
 ・返信用封筒(A4の認定書を折らずに返送可能なもの。返送用の宛先を記載し、返信用切手(申請書類と同程度の重量のものが送付可能な金額)を貼付したもの)

経営革新等支援機関の事前確認について

・必ず本市への申請の前に「経営革新等支援機関」による事前確認を行っていただき『先端設備等導入計画に関する確認書』を添付してください。
・認定経営革新等支援機関については以下リンク先をご確認ください。

固定資産税の特例を受ける場合

 固定資産税の特例を受ける場合は、上記書類に加えて、先端設備等に係る誓約書、工業会の証明書を添付して下さい。
 なお、当該証明書があった場合であっても税務の要件(取得価格等)を満たさない場合は税制の適用が受けられないことにご注意ください。

建物(事業用家屋)について特例措置を受ける場合

上記書類に加えて、下記書類が必要です。

 ・建築確認済証の写し
 ・家屋見取り図
 ・家屋に設置する先端設備等の購入契約書または見積書の写し

6.変更申請について

西宮市から認定を受けた「先端設備等導入計画」を変更する場合(設備の変更や追加取得など)は、変更認定を受けることが必要となります。
手続き等については、先端設備等導入計画の変更申請新規ウインドウで開きます。をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

商工課

電話番号:0798-35-3169

ファックス:0798-35-0051

お問合せメールフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ