このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

西宮市一時支援金(緊急事態宣言の影響による)

更新日:2021年7月7日

ページ番号:74093625

申請受付終了

西宮市一時支援金は令和3年6月30日をもって受付を終了しました。
なお、事務局は7月30日で閉鎖する予定です。
不備等で書類の再提出などが必要な方は早めにご対応ください。
ご不明な点などは事務局までお問い合わせください。
電話:0120-670-303

西宮市は、令和3年(2021年)1月から3月までに発令された緊急事態宣言の影響を受け、一定の売上が減少した事業者に一時支援金を給付する事業を実施します。
なお、兵庫県下では令和3年(2021年)4月25日から通算3回目の緊急事態措置が実施されておりますが、西宮市一時支援金は前回の緊急事態措置に対する給付金です。
従って、給付要件において「緊急事態宣言に伴う感染拡大防止協力金の対象でないこと」とありますが、今回の緊急事態宣言に関連する協力金等については関係のないものとします。

制度の概要

この事業は、令和3年(2021年)1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業要請や不要不急の外出・移動の自粛により影響を受け、売上が減少した市内の中小・小規模企業者へ市が独自に支援金を給付するものです。給付額は法人・個人を問わず一律10万円とします。
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。西宮市一時支援金事業パンフレット(PDF:943KB)

申請受付期間

令和3年(2021年)5月17日(月曜日)~同年6月30日(水曜日)

申請方法

郵送の場合]

  • 郵便物の追跡ができるレターパックライトまたはレターパックプラスで送付してください
  • 〒530-8693
    日本郵便株式会社
    大阪北郵便局私書箱437号
    西宮市一時支援金事務局
  • 令和3年6月30日消印有効

オンライン申請]

  • 西宮市一時支援金申請フォームから申請
    専用サイト(外部サイト)新規ウインドウで開きます。から申請フォームにアクセスしてください。
    ※まずは対象要件や申請書類などをご確認ください。
    ※2019年・2020年新規開業の場合やNPO法人の場合など、提出書類のファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。特例を適用(PDF:709KB)する場合は郵送で申請してください。
  • 申請に時間を要することがありますので、時間に余裕をもって入力を開始してください
  • 令和3年6月30日締切(23:59までに申請完了)

[注意事項]

  • 窓口での受付は一切お受けできません
  • 提出していただいた書類はお返しできません。確定申告書の控えや、今後使う予定のあるものはコピーを送付するなどしてください
  • 西宮市一時支援金事務局は凸版印刷株式会社(大阪市北区)へ委託しております

申請から給付までの流れ

  • 申請書類を事務局が審査し、要件を満たしていれば西宮市が支援金をご指定いただいた口座へ振り込みます
  • 振込の際「ニシノミヤシイチジシエンキン」と表示されます
  • 給付決定をお知らせする通知はありません。申請から3週間をめどに口座をご確認ください
  • 審査の結果、要件に該当しない、または不備が多い場合などは事務局よりご連絡を差し上げる場合があります
  • 申請が短期間に集中するなど、状況によっては給付までに相当の時間を要する場合があります

お問合せ先

  • 西宮市一時支援金事務局
  • 電話番号(フリーダイヤル):0120-670-303
  • ファクス(フリーダイヤル):0120-562-081
  • 受付時間:平日9:00から17:30まで

対象者

  • 西宮市内に本店または主たる事務所・事業所がある中小・小規模企業者
  • 売上減少率が50%に満たず、国の一時支援金の対象にならない
  • 1月の緊急事態宣言に係る時短要請の協力金の対象にならない
  • 次のいずれかに該当
  1. 時短営業要請による協力金の支払対象の飲食店と直接・間接の取引がある
  2. 西宮市内で不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けた
  • 次のいずれにも該当
  1. 今年(2021年)1~3月のいずれの月の売上も2019年または2020年の同じ月と比べて50%以上減少していない
  2. 今年(2021年)1~3月のいずれかの月の売上が2019年または2020年の同じ月と比べて20%以上50%未満の範囲内で減少している

対象者に関する注意点

以下の場合は給付対象外です。

  • 売上が20%以上50%未満の範囲内で減少していても他の対象要件を満たしていない
  • 緊急事態宣言とは関係なく売上計上基準の変更や取引時期の調整などで対象月の売上が減少している場合
  • 1月の緊急事態宣言により営業時間短縮要請の対象となった飲食店等(協力金の支払対象)
    ※協力金の受給有無は問わず
  • 事業所が市外にしかない場合
  • 市内に支店があっても本店・本社(登記上)が市外にある場合
  • 提出書類を偽造したり、宣誓事項を偽るなど不正受給に繋がる恐れがある場合
  • 申請者が公共法人や政治団体、宗教上の組織や団体である場合

対象要件1:中小・小規模企業者で西宮市内に本店または主たる事務所・事業所がある

中小企業者
業種分類要件
製造業その他
  • 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社
    又は
  • 常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業
  • 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社
    又は
  • 常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業
  • 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社
    又は
  • 常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業
  • 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社
    又は
  • 常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小規模企業者
業種分類要件
製造業その他従業員20人以下
商業・サービス業従業員5人以下

対象要件2:国の一時支援金および時短要請協力金の対象となっていない

  • 国の一時支援金(緊急事態宣言の影響緩和)
    2021年1~3月のいずれかの月の売上が2019年または2020年の同じ月と比べて50%以上減少している場合、西宮市一時支援金の給付はできません。
    国の一時支援金の詳細はこちら(外部サイト)新規ウインドウで開きます。をご確認ください。※5月31日で新規の申請は締切となっています。
  • 時短要請協力金
    通常20時を越えて営業している飲食店等の場合、西宮市一時支援金の給付はできません。
    時短要請協力金の詳細はこちら(外部サイト)新規ウインドウで開きます。をご確認ください。

対象要件3:売上の減少率(20%以上50%未満の範囲内で減少)

  • 基本
    2021年1~3月のいずれかの月の売上が2019年または2020年の同じ月と比べて要件の範囲内で減少
  • 例外:個人事業者やフリーランスなどの事業者で、所得税の確定申告書類に月別売上(収入)を記載した書類の提出がない場合
    2021年1~3月のいずれかの月の売上が2019年または2020年の月平均の事業収入と比べて要件の範囲内で減少

対象要件4:1月の緊急事態宣言に係る時短営業要請や外出自粛等の影響を受けていた

  • 時短営業要請の影響
    時短営業要請の対象となった飲食店等と直接または間接的に取引をしている事業者
    例)食品加工業、備品販売業、接客サービス事業者、卸・仲卸、貨物運送業、農業、備品製造業など
  • 外出自粛等の影響
    不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けた事業者
    例)旅客運送業(タクシー、バス等)、文化・娯楽サービス業(映画館、カラオケ等)、対人サービス業(理容店、運転代行等)、宿泊業、小売業、飲食業(昼間営業の喫茶店等)、広告業、清掃業など

申請書類

申請に必要な書類の法人、個人事業者等分類
必要な書類法人個人事業者フリーランス等
西宮市一時支援金交付申請書兼請求書(ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式1(エクセル:66KB)
※郵送申請の場合のみ必要です

2021年1月~3月の月別の売上がわかる書類
※経理ソフトから抽出したデータ、エクセルデータを印刷したものや売上台帳の写しなど

宣誓書・同意書(ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式2(PDF:244KB)
※郵送申請の場合のみ必要です
2019年分及び2020年分の所得税確定申告書類の写し
※収受印日付(e-Taxの場合は受付日付の印字または受信通知画面の添付)があるもの

支援金の振込先口座のわかる申請者名義の通帳の写し
※金融機関名、支店番号、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人(カナ)が確認できるページ

取引先情報確認書(ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式4(ワード:17KB)
[提出条件]他の事業者との取引がある場合は必ず提出
※個人(一般のお客様)を対象に商品やサービスを提供している場合は不要
事業所の所在地を示す書類
[提出条件]事業所を構えている法人及び個人事業者は必ず提出
※法人の場合は、履歴事項全部証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
※個人事業者の場合は、屋号などが確認できる事業所や店舗の外観写真及び一般に公開されているホームページやパンフレット等で所在地が明記されているもの
×
通常の営業時間を示す書類
[提出条件]申請者が飲食店又は遊興施設(食品衛生法上の営業許可を受けている)を営業している場合
※新型コロナウイルス感染症の影響がない場合の通常の営業時間がわかるものとして、チラシやホームページの画面の写し等
×

本人確認書類(いずれかひとつ)

  • 運転免許証(両面。返納している場合は運転経歴証明書で代替可)
  • 個人番号カード(おもて面のみ)
  • 写真付きの住民基本台帳カード(おもて面のみ)
  • 在留カード、特別永住者証明書または外国人登録証明書(両面。在留資格が特別永住者のものに限る)
  • 身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳(全ページ、カード式の場合は両面)
  • 住民票+パスポート(顔写真が掲載されているページの写し)
  • 住民票+各種健康保険証
×

業務委託契約のわかる書類(いずれか2つ)
[提出条件]フリーランスなどで、主たる収入を雑所得または給与所得で申告している個人事業者は必ず提出

  • 業務委託契約書等または業務委託契約等契約申立書(ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式3(ワード:15KB)
  • 相手方発行の支払調書または相手方の署名のある支払明細書
  • 源泉徴収票(業務委託契約書等を添える必要あり)
  • 通帳の写し(報酬等の支払いが確認できるページ)
××

国民健康保険証(高齢者医療保険証)の写し(おもて面のみ)
[提出条件]フリーランスなどで、主たる収入を雑所得または給与所得で申告している個人事業者は必ず提出

××

Q.フリーランス等とは

  • この制度においては、主たる収入を雑所得または給与所得で申告している個人事業者を指します。

Q.「〇」「△」「×」の意味は

  • 〇は必須、△は条件に該当すれば提出、×は提出不要を意味します。

申請書記入例

様式・説明等ダウンロード

FAQ

よくある質問

売上高が50%以上減少している月がある場合はなぜ対象外になるのか。

時短営業の対象となった飲食店等は感染症拡大防止協力金を、50%以上の売上減少があった事業者は国の一時支援金の受給が見込まれます。
西宮市一時支援金は、1月の緊急事態宣言の影響を受け売上が減少し、かつ上記協力金や支援金のいずれも受給できない事業者への支援を目的としております。
したがって、「20%以上50%未満の範囲内」という条件を設定させていただきました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

西宮市一時支援金事務局

電話番号:0120-670-303

ファックス:0120-562-081

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ