このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「市街化調整区域における緑の保全等に関する指導要綱」について

更新日:2018年5月18日

ページ番号:52157590

(制度)概要

 本市では、良好な自然環境を有する六甲山系・北摂山系などの地域を、市街化調整区域に指定しています。
 この指導要綱は、市街化調整区域内での建築行為や物件の保管、仮置きなどの土地利用行為に対して一定のルールを定め、適切な指導・誘導を行うことにより、無秩序な開発を防止し、 豊かな緑の保全及び周辺環境との調和を図ることを目的とするものです。

対象となる行為

  • 敷地の規模が150平方メートル以上の建築物又は工作物の建築行為
  • 敷地の規模が150平方メートル以上の特定物件を保管し、仮置き又は堆積する場所としての土地の使用行為
     (※特定物件・・・資材、車両、廃棄物等)

区域設定(市街化調整区域の区域設定)

市街化調整区域を、保全区域・育成区域・共生区域に区分します。

  • 保全区域・・・ 自然公園区域(自然公園法)、特別緑地保全地区(都市緑地法)、防砂の施設(都市計画施設)、 保安林(森林法)の区域
  • 育成区域・・・ 保全区域以外で、国有林及び民有林(「西宮市森林整備計画」の対象となる部分)で、現況が森林である箇所
  • 共生区域・・・ 保全区域、育成区域以外の市街化調整区域

緑の要綱区域のイメージ

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。指導要綱の区域図(画像:23KB)

指導の内容

1.緑地の確保

 区域(保全・育成・共生)と敷地規模により、下記に規定する緑地率を確保してください。
ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。緑地率(画像:23KB)

敷地の規模保全区域育成区域共生区域
1ha以上60%以上(20%以上)50%以上(10%以上)40%以上
3000平方メートル以上1ha未満50%以上40%以上30%以上
500平方メートル以上3000平方メートル未満40%以上30%以上30%以上
300平方メートル以上500平方メートル未満30%以上20%以上20%以上

 ( )内は、残地緑地率(敷地の規模に対して、造成等を行わず、既存の緑地を保全する部分が占める割合)

  • 緑地については、10平方メートルあたり、高木(H=3.5m以上)1本以上、中木(H=1.5m以上)2本以上、植樹してください。
  • 敷地の規模が150~300平方メートルの行為は、敷地周囲、特に道路側に緑化をお願います。

建築物の高さの制限

 建築物の高さは、原則10m以下としてください。

手続き方法

 関係法に基づく許認可等申請もしくは確認申請又は土地利用行為を行う前に、開発指導課へ必要書類を添付し届出してください。

必要なもの

  • 必要な書類
    1.位置図、2.現況図、3.土地利用計画図、4.緑地面積求積図、5.緑化計画図、6.現況写真、7.丈量図、8.排水計画平面図、9.建築物等の平面図・立面図・断面図、10.委任状、11.その他市長が必要と認める書面及び図書

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※ 市街化調整区域における緑の保全等に関する指導要綱(PDF:199KB)

受付窓口

 問合せ先・・・都市計画課 電話:0798-35-3603
 申請窓口・・・開発指導課 電話:0798-35-3691

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

都市計画課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所南館 3階

電話番号:0798-35-3660

ファックス:0798-34-6638

お問合せメールフォーム

toshikei@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ