更新お忘れなく
マイナンバーカード・電子証明書には有効期限があります

マイナンバーカードは、顔写真付きの公的な本人確認書類として利用できるICカードです。申請は任意ですが、初回は手数料無料で発行できます(申請から発行まで2カ月程度)。
なお、マイナンバーカードおよびカードに格納されている電子証明書には有効期限(表1参照)があり、有効期限が近づくと、対象者(一部外国人住民を除く)に「有効期限通知書」が届きますので、確認のうえ、更新手続きを行ってください有効期間満了の3カ月前から手続き可能)(表2参照)。
表1 マイナンバーカード・電子証明書の有効期限
発行時の年齢 マイナンバーカードの有効期限 電子証明書の有効期限
20歳以上 発行日から10回目の誕生日 発行日から5回目の誕生日
19歳以下 発行日から5回目の誕生日 発行日から5回目の誕生日

※在留期間の定めのない外国人住民についても同様

表2 マイナンバーカード・電子証明書の更新手続きについて
更新するもの 窓口 備考
マイナンバーカード 市民第1課(市役所本庁舎1階)・各支所・アクタ西宮ステーション(祝日・休日を除く月曜~金曜の午前9時~午後5時30分

※アクタ西宮ステーションのみ土曜・日曜、祝日・休日の午前9時~午後4時も受付可。12月29日~来年1月3日は除く)
※パソコン・スマートフォン・証明用写真機・郵送でも更新の申請ができます
手数料無料(カード紛失の場合は有料)。申請後、新しいカードができあがると「交付通知書」が届きます。事前予約のうえ、窓口で受取を(更新前のカードは交付時に回収)

※窓口で更新の申請をする際に更新前のカードを返納すれば新しいカードの郵送も可(もう1点本人確認書類が必要)
電子証明書のみ 市民第1課(市役所本庁舎1階)・各支所・アクタ西宮ステーション
(祝・休日を除く月曜~金曜の午前9時~午後5時30分)
手数料無料。代理人が手続きする場合は、本人のマイナンバーカードのほかに、代理人の本人確認書類、「有効期限通知書」に同封の「照会書兼回答書(本人が記入し封をしたもの)」が必要

このページのトップへ戻る

作って活用!マイナンバーカード

皆さんはマイナンバーカード(下写真)をお持ちですか?
顔写真付き本人確認書類を持っていない人や、コンビニで各種証明書の交付を受けたい人、e-Tax(国税電子申告・納税システム)などを利用したい人には、マイナンバーカードがおすすめです。
写真:マイナンバーカード表面
【表面】
氏名、住所、生年月日、
性別、有効期限、顔写真
写真:マイナンバーカード裏面
【裏面】
12桁のマイナンバー、
氏名、生年月日

マイナンバーカードを使ってできること

  • マイナンバーの確認資料として利用
  • 本人確認のための公的な証明書として利用
  • 旧姓(旧氏)での本人確認が可能…請求によりマイナンバーカードに旧氏を併記することができます
  • コンビニ・証明書自動交付機で、住民票の写しや印鑑登録証明書等の発行
  • 図書借出券として利用
  • e-Tax(国税電子申告・納税システム)などの各種行政手続のオンライン申請が可能 など

※今後、健康保険証としての機能や、マイナンバーカードを活用した消費活性化策(マイナポイント)の導入が予定されています

マイナンバーカード・電子証明書について詳しくは市のホームページをご覧ください。

【問合せ】西宮市マイナンバーコールセンター(0570・00・2438)

このページのトップへ戻る