このページの本文へ移動

トップページ>栄養・食生活


栄養・食生活

栄養・食生活は、子どもたちの成長や健康で豊かな生活を送るために欠かすことができません。
健康な生活を送るために、望ましい食生活を実践していきましょう。

現状(平成24年度市民アンケートより)

  1. 「食育」を認知している人は増加していますが、「食育」に関心がある人は減少(80.8%→78.1%)し、 特に男性や若年層の関心が低くなっています。
  2. 朝食を毎日食べている人や、1日1食でも家族とともに食事をしている人は増加しています。
  3. 食生活の改善意向を持つ人は43.8%、特に男性40歳代で改善方法が分からない人が多くなっています。

目標

  1. 1 望ましい食行動をとる人の増加
    • 主食、主菜、副菜をそろえた食事をしましょう。
    • 自分にあった食事内容と量を知りましょう。
    • 食塩をとりすぎないようにしましょう。
    • 毎日体重を計測し、自分の適正体重を維持しましょう。
  2. 2 食育の推進

    西宮市では、平成21年3月に「西宮市食育推進計画」を策定し、この計画に基づき、
    家庭・地域・行政・関係機関等が一体となって「食育の推進」を行ってきました。
    前計画終了に伴い、計画を見直し、平成25年度より「食育」と「食の安全安心」を一体的に進めていくため、「西宮市食育・食の安全安心推進計画」を策定しました。

西宮市食育・食の安全安心推進計画

計画がめざすもの
基本理念
市民一人ひとりが 食を通じて正しい知識と行動力を身につけ 健康で豊かな人間性を育む
目標
  • 食を楽しもう
  • 食に感謝し食を大切にしよう
  • 食と健康に関心をもち、実際に行動しよう
  • 食の安全を確保しよう
  • 食の安全安心について正しい知識をもとう

取り組みの8つの柱

  1. 西宮らしい食育の推進
  2. 地域みんなで取り組む食育の推進
  3. 家庭における食育の推進
  4. 保育所(園)、幼稚園、および学校における食育の推進
  5. 生産者と消費者との交流の促進
  6. 食文化継承活動の推進
  7. 生産から販売に至る各段階における食の安全性の確保
  8. 食の安全安心に関する理解の促進
このページのトップへ