このページの本文へ移動

宮っこ 食の安全安心ひろば ~西宮市の食品衛生情報~市民の皆様が安心して食生活をおくれるよう、食の安全に関する情報を発信します。

文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

西宮市ホームページへ

トップページ >リスクコミュニケーションの取り組み


リスクコミュニケーションって?

「リスクコミュニケーション」 とは、消費者、事業者、行政担当者などの関係者の間で情報や意見をお互いに交換しようというものです。
消費者の皆さんは、意見交換会や工場見学などに参加することで、食の不安解消、食への関心などの向上を図ります。事業者の皆さんは、リスク情報の開示や行政と情報共有を行うことで、安全な食品の提供をめざします。行政は、意見交換会の開催や情報提供を行うことで、食の安全安心の向上をめざします。
このようにリスクコミュニケーションを行うことで、全ての関係者が情報を共有し、相互に理解を深め、信頼関係が構築できます。

相関図_消費者・事業者・行政の情報の共有化・相互理解

取り組みの紹介

市民の皆さんが事業者や行政と食の安全安心に関するそれぞれの立場・役割について相互に理解を深め、 情報交換や意見交換を行う場づくりをめざし、市民や事業者等を対象に講演会などを開催しています。


夏休み親子講習会

食品衛生出前講座

西宮市保健所では、食中毒予防や食品衛生に関する出前講座を実施しています。講師として保健所の食品衛生監視員が市民の皆さんの地域に出向き、講習を行います。


出前講座の様子
このページのトップへ