このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

文教住宅都市宣言50周年記念スポーツの力で西宮を元気に! ~にしのみやスポーツフェスタのご案内

更新日:2019年5月16日

ページ番号:64830796

開催の目的・趣旨

 これまでの本市のスポーツ推進施策は、行政によるハード整備を前提としたうえで、ソフト面では、各地域のスポーツクラブやスポーツ推進委員、市の体育協会に加盟する各競技団体など、市民のボランティア精神での貢献によるところが大きかったといえます。また、ここ数年の新しい流れとして、市内の企業や大学などアスリートを抱える組織・団体から、スポーツによる社会貢献を目的とした事業連携の申し出があり、一部は事業としてすでに実現しています。
 高齢社会を迎え、健康で長生きできる社会を実現するためには、スポーツ基本法の精神からも、スポーツの推進は重要な施策であると位置づけられますが、行政のみの対応では人的、予算的に限界があります。そのため、今後、市民参画と協働をさらに進めるのみならず、市内に有する貴重な人的・ハード資源を、行政と民間が横断的に活用することが重要であると考えます。
 このたび、そのための取り組みのひとつとして、「スポーツで心身ともに豊かなまち」の実現をテーマにしたシンポジウムを開催し、アスリート、地域、企業、大学、行政が一緒になって考える場を設けることとしました。
 さらに、企業や大学等ともさらなる連携を図り、スポーツに関心を持つ市民の裾野を広げ、スポーツ人口の増加を図るためのスポーツイベントを開催し、市民、特に子どもたちがスポーツでの達成感や楽しさを実感できるような機会を提供していきます。

にしのみやスポーツフェスタ事業一覧(平成25年度実施分)

事業名実施場所日時事業概要
スポーツの力で西宮を元気に!シンポジウムなるお文化ホール平成26年2月22日(土曜)

1.スポーツをこよなく愛する自転車男・安田大サーカス団長さんの講演
2.団長さん・アテネオリンピック女子マラソン日本代表坂本直子さん・西宮市長らとのパネルディスカッションを実施
3.団長安田仕切りのお楽しみ抽選会も開催
☆参加賞(リゾ鳴尾浜優待券)をもれなくプレゼント!

にしのみや里浜リレーマラソン御前浜・西宮浜地区平成25年12月15日(日曜)リレーマラソン大会をメインに、ミニイベントなども開催
市民無料招待券プレゼントひょうご西宮アイスアリーナ招待券は年内有効無料招待券(有効期限あり)を抽選でペア500組にプレゼント
スポーツクリニック(野球・卓球・バドミントン)

関西学院大学
(第3フィールド・総合体育館)

平成25年11月30日(土曜)関西学院大学体育会学生によるスポーツクラブ21(SC21)の小学6年生向けスポーツ教室を開催
子どもアイススケート教室ひょうご西宮アイスアリーナ平成25年11月16日(土曜)関西学院大学体育会学生のご協力により小学校高学年を対象にスケート教室を開催

市民無料招待デー
(第3回)

ひょうご西宮アイスアリーナ平成25年10月26日(土曜)スケートリンクを貸切。西宮市民対象に計900人をご招待

市民無料招待デー
(第2回)

ひょうご西宮アイスアリーナ平成25年9月29日(日曜)スケートリンクを貸切。西宮市民対象に計900人をご招待

市民無料招待デー
(第1回)

ひょうご西宮アイスアリーナ平成25年8月31日(土曜)スケートリンクを貸切。西宮市民対象に計900人をご招待

平成26年2月22日開催シンポジウム概要

 文教住宅都市宣言50周年を記念して、スポーツをテーマにしたシンポジウムを開催しました。

 当日は、約250名の市民の参加があり、安田大サーカス団長 安田裕己さんによる基調講演が行われました。また、官民連携による“共同体”やスポーツツーリズムを通じて、西宮を元気にする方策についてパネルディスカッションが行われました。

 その一部をご紹介します。

基調講演(安田大サーカス団長 安田裕己さん)

 「団長の愛するスポーツと故郷西宮の思い出」

故郷 西宮の思い出

 屋上にプールがある新設された瓦林小学校に通い、サッカースクールに入り、武庫川の河川敷でよく練習をしていました。瓦木中学校ではサッカー部で頑張り、人生初めての丸坊主を経験し、挨拶の大切さを学びました。

 その後、鳥取城北高校で3年間寮生活を送りましたが、サッカーを続けました。

自転車との出会い

 大人になり、スポーツから離れてしまいましたが、あるテレビ番組に出演したときにロードバイクが景品で当たりました。最初は怖いかなと思いましたが、1回乗ってみたら、「もう自転車ちゃうがな。これマシーンや。」と、楽しくなりました。

 テレビ局にも自転車で通うようになると、話題にもなり、体だけでなく仕事にもよい影響が表れてきました。自転車を一生続けようと思っています。

西宮で自転車を

 「自転車に乗る環境がすっごくいいのが西宮なんです。」

 西宮の環境は海もある、山もある、きれいな街並みもある。ぜひぜひ西宮でレースをやってくれたらなあと思います。自転車は坂を攻略するのが魅力のひとつであり、勾配のきつい甲山にはいい坂があります。だから、鍛えたいなあと思うとトレーニングもできます。

 自転車のすすめとしては、風を体感し、季節を感じることができます。途中ですぐに立ち止まり、新しい発見をすることもできます。適度な時間での移動が可能なので、西宮から大阪や神戸に行くこともできます。

「西宮にお住まいの方は絶対乗るべきなんです。」

パネルディスカッション「官民連携による“共同体”とスポーツツーリズムによるまちづくり」

コーディネーター 冨山 浩三 (大阪体育大学教授)

パネリスト 安田裕己(安田大サーカス団長、西宮市出身)

坂本 直子(アテネオリンピック女子マラソン代表、西宮市出身)

西村 龍平(JTB西日本スポーツMICEセンター長)

河野 昌弘(西宮市長)


司会 企業・大学・地域そしてアスリートが連携・融合して“共同体”を形成して、地域振興を図っていき、同時にスポーツを多角的に利用したまちづくりにつなげていくには、どうすればいいのかについて、議論を深めていきたいと考えています。

冨山 私たちとスポーツの関わりは「する」、「観る」、「ボランティアで支える」があります。スポーツ「しやすいように」「観やすいように」「支えやすいように」環境を整えるためにどうすればいいのか考えていきましょう。

 スポーツは心や体の健康につながるうえに、まちづくりや地域の活性化に役立つことから、大変期待をされています。

 スポーツツーリズムとは、スポーツに参加したり、観戦したりすることを目的に旅行することを言います。例えば、あるチームを応援するために試合会場へ行くことは、旅行をしていると言えます。また、大会に参加することを旅行の目的にする人も増えています。 スポーツツーリズムが活発になることで、いろんな選手が来てくれます。子どもたちの憧れ、夢の存在が身近にいることになります。地域のイメージアップや認知度の向上につながります。また、大会などを地域で支えることが住民の誇りになっていきます。

 スポーツ環境が整うと、文化や青少年の健全育成にも役立ち、賑わいや経済効果が生まれます。

 今、スポーツや旅行の部分で追い風となっているものの一つにオリンピックがあります。この追い風をつかみつつ、西宮の強みを活かし、かつスポーツツーリズムを生み出せないでしょうか。

 では、西宮ならではのどんな強みがありますか?坂本さん、マラソンではどんな西宮のよさがありますか?

坂本 マラソンをするのであれば、西宮には海や武庫川、甲山があり、走りながら景色が移り変わっていくのは、西宮の強みですね。

西村 「観る」スポーツの強みとしては甲子園があります。「参加する」スポーツでも甲子園をもっと活用できないかと思います。フランスではワインを飲みながらマラソンを楽しむイベントがあります。ゴールした後もガーデンパーティーを楽しめます。西宮でも、西宮スイーツや日本酒を楽しみながら、武庫川河川敷でマラソンができるといいですね。

冨山 桜の季節にやるといいかもしれませんね。河野市長、西宮を活かしていくという視点でいかがですか?

河野 豊かな市民生活を実現するためには、スポーツを推進していきたいと思っています。行政ひとりではできないので、地域をあげて考え、実行する組織、共同体を作ることが必要です。地域、大学、アスリート、企業が力を出し合い、共同体を作っていきたいと思っています。

冨山 まさに、アスリートとか大学とか企業とか、1つ1つが強みの1つ1つですよね。

 ネットワークを作り、行政が主導ではなくて、みんなで集まって進めていこうというところが素晴らしいアイディアではないかと思います。

 坂本さん、マラソンで走った場所で思い出に残る場所や大会は、どのようなところがありますか?

坂本 やはり、地元での応援の声が多かったり、大会が終わってから交流の機会がある地域は印象深いですよね。

安田 人のつながりができて、大会の後でも連絡を取り合うようになり、スポーツ以外での広がりもできていいですよね。

冨山 「おもてなし」ですね。おもてなしを生み出そうとさせるような工夫みたいなことはありますか?

西村 マラソンで沿道切れることなく応援している大会がでてきたかなと思います。

冨山 マラソンを最初は遠巻きに見ていたのが、もっと行って応援したらいいということが市民の方にも根付いてきて、マラソンを受け入れる素地みたいなものがどんどん根付いてきたと思います。

 おもてなしが、やはり心に残るのかなと考えますと、西宮を思い出の地にしていただくためには、街並み作りや仕組み作りが大事ですね。

 スポーツツーリズムって、ただ人が来てお金を使うというだけではなくて、住んでいる人につながりができたり、来た人の心に残る思い出になったりと、交流がどんどん広がっていくのかなと考えました。

 最後に一言ずつ、西宮への思いをお願いします。

安田 スポーツで西宮を活発に。こんないい環境の中で、西宮で自転車のレースができたらいいですね。

坂本 生まれ育った大好きな西宮に貢献したく、走ることに関わりたいですね。西宮のハーフマラソン大会がもっと大きくあったらうれしいなと思います。参加する、もしくは、観戦するところから始めて、西宮がスポーツで活性化していってくれたらいいなと思います。

西村 官民連携をもとに、どんなふうに西宮にお客様を引き入れていくのかを、一緒に考えさせていただければと思っています。

河野 まず市民にスポーツを楽しんでいただかなくてはと思っています。そして、他市の方を温かくお迎えして、おもてなしをできるよう頑張りたいと思います。綱引きなどの西宮一を決める大会ができたらなと夢をもっています。

冨山 西宮にはたくさんの素材がありますね。それらがつながり深まっていくことで、西宮のスポーツの発展のための力になっていくと思います。

 みなさん、本日はどうもありがとうございました。

ダウンロード

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成260222開催シンポジウム当日紹介(PDF:188KB)

【開催終了】スポーツの力で西宮を元気に!シンポジウムを開催しました

シンポパネリスト・司会
左から司会の池田淳子さん、安田大サーカス団長安田裕己さん、坂本直子さん、冨山浩三さん

当日は約250名の方々にご参加いただきまして、ありがとうございました。

 団長の自転車に対する深い造詣と西宮への熱き思いは皆様には伝わりましたでしょうか?ドラマ半沢直樹の大和田常務にも会えて(あくまで本物ではありません:団長談)、間近での土下座に大興奮していただけたことと思います。
 坂本さんの小学校の卒業文集(題「マラソン」)で、はじめマラソン大会が大きらいだったこともわかり意外でした。
 JTB西日本スポーツ・MICEセンター西村センター長による「スポーツツーリズム」の分かりやすい説明、コーディネーターの冨山さんによる進行でスポーツの持つ力がいかに潜在力を秘め大きいものかも実感できたのではないでしょうか。
 河野市長も自らの経験を重ね、スポーツの重要性を語りました。市内にある人的・物的資源を有効に活用していける仕組みづくりとしての「共同体」設立やスポーツによる地域振興・まちづくりにつながるようなイベント、たとえば地区対抗で「つなひき」西宮一を決定したりするなどいろいろと検討していきますと述べました。

以下は募集告知です。(現在は事業及び募集は終了しています。)

文教住宅都市宣言50周年を記念して、
 「文教住宅都市宣言50周年記念~にしのみやスポーツフェスタスポーツの力で西宮を元気に!シンポジウム」
を下記のとおり開催します。
西宮市出身の自転車男・安田大サーカス団長(本名:安田裕己)さんを基調講演の講師としてお招きしています。
また、パネルディスカッションにおいては、スポーツによる「まちづくり」をテーマに話し合っていただく予定です。最後には、団長仕切りによるお楽しみ抽選会も実施する予定にしていますので、ぜひお楽しみに!

  1. 日時 平成26年2月22日(土曜)午後1時開場・1時半開始
  2. 場所 なるお文化ホール(西宮市古川町1-12市立西宮東高校内西側)
  3. プログラム

基調講演「団長の愛するスポーツと故郷西宮の思い出」

安田大サーカス団長 安田 裕己

パネルディスカッション

 「官民連携による”共同体”とスポーツツーリズムによるまちづくり」
≪コーディネーター≫
 ◇大阪体育大学 体育学部健康・スポーツマネジメント学科教授 冨山 浩三
≪パネリスト≫

  • 安田大サーカス団長 安田 裕己
  • アテネ五輪女子マラソン日本代表 坂本 直子
  • 株式会社JTB西日本 スポーツ・MICEセンター センター長 西村 龍平
  • 西宮市長 河野 昌弘

お楽しみ抽選会

 団長の仕切りにより豪華景品をご用意して、楽しく抽選会を実施します。お楽しみに!

※申し込み方法などの詳細は下記リンクをご参照ください。
※シンポジウムの内容が都合により変更になる場合があります。

リンク

シンポジウム案内詳細(サンスポマラソン・ドットコム内)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

【開催終了】にしのみや里浜リレーマラソン(12月15日)を開催しました!

リレーマラソンチラシ表紙

リンク

【開催終了】子どもアイススケート教室開催!

スケート教室01(開始前に製氷車で氷の表面を整備しています)
スケート教室(開講式でコーチが注意事項の説明をしています)
スケート教室(教室開始直後です。まだみんなは恐る恐るかなあ)
スケート教室(保護者の方もハラハラしていたかも)
スケート教室(みんなだいぶ上手になってきました)
スケート教室(途中のデモンストレーションの模様です)
スケート教室(フィギュアです)
スケート教室(アイスホッケーです)
スケート教室(手をつないで滑れるほど上達!)
スケート教室(走ってる!?)
スケート教室(終わりの閉講式です。みんなもう氷上で起立できています)
スケート教室(記念写真をパシャ!)
スケート教室(最後に記念品をもらってサヨナラ!)
関西学院大学のご協力のもと、教室を開催しました。
上の写真は当日の模様です。

(1)概要

ア 名称 「文教住宅都市宣言50周年記念スポーツの力で西宮を元気に!

~にしのみやスポーツフェスタ

ひょうご西宮アイスアリーナ子ども無料アイススケート教室」

イ 開催日 平成25年11月16日(土曜)
ウ 会場 ひょうご西宮アイスアリーナ(西宮市鳴尾浜1丁目16番8号)
エ 内容 2交代制で教室を開催します。時間と募集人数は下記のとおりです。

(1)10時30分~12時30分【100人】

(2)13時30分~15時30分【100人】

オ 料金 100円(ただし、傷害保険料等実費を含みます。当日徴収します。)

※貸し靴料金は無料です。


(2)応募方法

ア 応募方法
 往復はがきでお申し込みください。
イ 対象者
 西宮市内在住の小学4年~6年生
 (注)原則として保護者と一緒にご来場ください。
ウ はがき記載要領
 【返信用はがきのおもて面】
 応募者の郵便番号・住所・氏名を記入してください。
 【返信用はがきのうら面】
 ここに印刷して返信しますので、何も記入しないでください。
 【往信用はがきのおもて面】
 あて先(〒663-8142西宮市鳴尾浜1丁目16番8号ひょうご西宮アイスアリーナスケート教室係行)を記入してください。
 【往信用はがきのうら面】
 「スケート教室」と明記して、希望時間(1.10時30分~、または2.13時30分~)、参加人数(1~3人まで)、
応募者の郵便番号・住所・保護者の氏名(フリガナ)・子の氏名(フリガナ)、学年、連絡先電話番号を記入してください。
エ 応募の際の注意点
「記載要領」をよくお読みいただき、まちがいのないようにご応募ください。
 記載に不備がある場合は、無効(落選)となる場合がありますので、ご注意ください。
オ 締め切り
 応募締切は10月25日(金曜)必着とします。応募者多数の場合は抽選となります。
カ 当選発表

  • 発表は発送をもってかえることとし、11月1日前後(予定)に発送します。
  • 当選券は非売品として、転売及び譲渡禁止とします。

キ 応募者特典
 残念ながら当選しなかった場合にもチャンスあり。
 落選通知の返信はがき裏面が「割引券」となりますので、捨てないでください!
 返信はがき(割引券)を持って、ぜひこの機会にアイスアリーナへお越しください。(注:有効期限あり)
ク 個人情報保護

  • 抽選・発送・当日の案内業務等本事業遂行のため、応募者及び参加者の個人情報を利用させていただきます。ただし、この場合において、本事業における目的の範囲内で、本事業の受託業者に対して個人情報を委託(預託)する場合があります。その場合には、個人情報の取り扱いに関する契約を締結した上で委託いたします。
  • お預かりした個人情報は、西宮市個人情報保護条例等に従い、適切に管理いたします。

ケ 応募についての問い合わせ先
 ひょうご西宮アイスアリーナ 電話:0798-41-3898

【開催終了】市民無料招待券プレゼント!!!

概要

ア 名称 「文教住宅都市宣言50周年記念スポーツの力で西宮を元気に!

~にしのみやスポーツフェスタ

ひょうご西宮アイスアリーナ市民無料招待券プレゼント」

イ 有効期間 招待券到着日から平成25年12月31日まで
ウ 会場 ひょうご西宮アイスアリーナ(西宮市鳴尾浜1丁目16番8号)
エ 内容 ペアチケット500組1000名様(大人・小人共通)
オ 料金 無料(ただし、貸し靴料金おひとり400円は別途必要)

【開催終了】アイスアリーナ市民無料招待デー(第3回)

☆台風の影響が心配されましたが、天候は回復し、無事開催することができました。
 ご参加くださいましてありがとうございました。

(1)概要

ア 名称 「文教住宅都市宣言50周年記念スポーツの力で西宮を元気に!

~にしのみやスポーツフェスタ

ひょうご西宮アイスアリーナ市民無料招待デー」

イ 開催日 第3回:平成25年10月26日(土曜)
ウ 会場 ひょうご西宮アイスアリーナ(西宮市鳴尾浜1丁目16番8号)
エ 内容 無料招待時間は、午前10時から午後6時までとし、2時間交代制とします。

時間帯とご招待人数は以下のとおりです。

(1)10時~12時【300人】

(2)13時~15時【300人】

(3)16時~18時【300人】

オ 料金 無料

(2)応募方法

ア 応募方法
 往復はがきでお申し込みください。
イ 対象者 
西宮市民(在住のみ)
 (注)中学生以下は保護者と一緒にお申込ください。
ウ はがき記載要領
【返信用はがきのおもて面】
 応募者(参加代表者)の郵便番号・住所・氏名を記入してください。
【返信用はがきのうら面】
 ここに印刷して返信しますので、何も記入しないでください。
【往信用はがきのおもて面】
 あて先(〒663-8142西宮市鳴尾浜1丁目16番8号ひょうご西宮アイスアリーナ市民無料招待デー係 行)を記入してください。
【往信用はがきのうら面】
 希望の時間帯番号(上記(1)~(3)のいずれか)、参加人数(1~5人)、参加代表者の郵便番号・
 住所・氏名・氏名のフリガナ・年齢・電話番号を記入してください。
 複数応募の場合は、他の参加者の氏名・氏名のフリガナ・年齢(学年も)を記入してください。
エ 応募の際の注意点

  • 1枚のはがきで1~5名まで応募が可能です。
  • 「記載要領」をよくお読みいただき、まちがいのないようにご応募ください。

 記載に不備がある場合は、無効(落選)となる場合がありますので、ご注意ください。
オ 締め切り
 応募締切は10月11日(金曜)必着とします。応募者多数の場合は抽選となります。
カ 当選発表

  • 発表は発送をもってかえることとし、実施日までに(10月18日前後を予定)発送します。
  • 当選券は非売品として、転売及び譲渡禁止とします。

キ 応募者特典
残念ながら当選しなかった場合にもチャンスあり。
 落選通知の返信はがき裏面が「割引券」となりますので、捨てないでください!
 返信はがき(割引券)を持って、ぜひこの機会にアイスアリーナへお越しください。(注:有効期限あり)
ク 個人情報保護

  • 抽選・発送・当日の案内業務等本事業遂行のため、応募者及び参加者の個人情報を利用させていただきます。ただし、この場合において、本事業における目的の範囲内で、本事業の受託業者に対して個人情報を委託(預託)する場合があります。その場合には、個人情報の取り扱いに関する契約を締結した上で委託いたします。
  • お預かりした個人情報は、西宮市個人情報保護条例等に従い、適切に管理いたします。

ケ 応募についての問い合わせ先
 ひょうご西宮アイスアリーナ 電話:0798-41-3898

リンク

【開催終了】アイスアリーナ市民無料招待デー(第2回)

概要

ア 名称 「文教住宅都市宣言50周年記念スポーツの力で西宮を元気に!

~にしのみやスポーツフェスタ

ひょうご西宮アイスアリーナ市民無料招待デー」

イ 開催日 第2回:平成25年9月29日(日曜)
ウ 会場 ひょうご西宮アイスアリーナ(西宮市鳴尾浜1丁目16番8号)
エ 内容 無料招待時間は、午前10時から午後6時までとし、2時間交代制とします。

時間帯とご招待人数は以下のとおりです。

(1)10時~12時【300人】

(2)13時~15時【300人】

(3)16時~18時【300人】


【開催終了】アイスアリーナ市民無料招待デー(第1回)

当日(平成25年第1回)メインリンクの様子

当日(平成25年第1回)サブリンクの様子

多数のご応募・ご参加ありがとうございました。
惜しくも落選された方、返信はがきに割引券をつけておりますので、ご活用いただければと思います。
第1回目は夏休みということもあり、親子連れでのご参加が多く、みなさん上手にそして楽しく滑走されていました。(上の画像は当日のアリーナのものです。)

概要

ア 名称 「文教住宅都市宣言50周年記念スポーツの力で西宮を元気に!

~にしのみやスポーツフェスタ

ひょうご西宮アイスアリーナ市民無料招待デー」

イ 開催日 第1回:平成25年8月31日(土曜)
ウ 会場 ひょうご西宮アイスアリーナ(西宮市鳴尾浜1丁目16番8号)
エ 内容 時間帯 ご招待人数

(1)10時~12時【300人】

(2)13時~15時【300人】

(3)16時~18時【300人】

オ 料金 無料

西宮アイスアリーナ

注意:駐車場は土日祝は大変混雑します。満車の場合も多いですので、公共交通機関(電車・バス)でのご来場をお願いします!

リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

スポーツ推進課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 5階

電話番号:0798-35-3567

ファックス:0798-35-4045

お問合せメールフォーム

k_shatai@nishi.or.jp

本文ここまで

スポーツに関するイベント・催し

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ