このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2019年度「宮水学園」マスター講座〈前期〉受講者募集案内*申込受付は終了しました

更新日:2019年3月29日

ページ番号:54702343

*申込受付は終了しましたが、参考に情報を掲載しています。

シニア世代の“もっと学びたい”を応援します!

「学んでいきいき!西宮(まち)もいきいき!」

 西宮市生涯学習大学「宮水学園」は、高齢者の皆様が地域社会づくりに取り組む力を培い、健康で生きがいのある生活を創造するための学習と交流の場を提供しています。
 「マスター講座」は、コースごとにテーマを設けそれを深く掘り下げる、より専門的・系統的な学びの場として実施しているものです。
 2019年度〈前期〉の実施内容は、以下のとおりです。

1.開講コース

※それぞれのコースの詳細はページ下部にございます。

2.募集対象

2019年4月1日現在60歳以上(昭和34年4月1日以前生まれ)の西宮市民で、学習意欲のある方

3.受講期間

2019年5月~2019年9月 各コース全10回
※各コースの日程は変更となることがあります。また、当課実施の他講座の日程と重なる場合がございます。

4.募集人数

各コース 40人
応募者多数の場合は、3月28日(木曜)10時30分からフレンテ西宮4階学習室1-Aにて、公開抽選により受講者を決定します。第1希望の抽選に外れた方は、第2・第3希望のコースがすでに募集人数を超過していた場合は、その抽選に加わることができません。受講の可否については、4月1日(月曜)に通知を発送いたします。

5.受講料

各コース 7,500円
※受講決定された方にお送りする納付書でお支払いいただきます。
いったん支払われた受講料は、理由のいかんを問わずお返しいたしません

6.申込方法

事務局への申込書の提出(郵送もしくは持込)、またはインターネットからの申込となります。提出先はページ下部「お問合わせ先」をご覧ください。
いずれの場合も、「(1)氏名(ふりがな) (2)郵便番号 (3)住所 (4)年齢 (5)電話番号 (6)希望のコース番号(第3希望まで申込可)」を明記してください。
※受講できるのは原則1人1コースですが、公開抽選後、会場に余裕がある場合は複数コースの受講が可能です。ご希望の場合は、申込の際にその旨を明記してください複数受講が可能となった方には、複数コース分の関係書類(納付書等)をお送りいたします。複数受講の希望者数が受入可能数を上回った場合は、その希望者の中から事務局で抽選を行います。

7.申込締切

平成31年3月26日(火曜)必着

ダウンロード

ファイルダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。2019年度「宮水学園」マスター講座 募集案内パンフレット(PDF:2,223KB)

リンク

インターネット申し込みはこちら(申込受付は終了しました)

1.講師

柴谷 宗叔氏【高野山大学密教文化研究所 研究員・園田学園女子大学 公開講座講師】

2.内容

 近年「お遍路」は旅行ツアーが組まれるなど、外国人も含め多くの人々が巡礼しています。そもそも「お遍路」とはどういう目的で始まり、どのようにおこなうものなのでしょうか。
この講座では、現代の巡礼者の実態調査の結果を分析、どのような人が何のために巡拝しているのかを明らかにし、江戸時代の文献を紹介、昔の四国遍路の実態に迫ります。また、遍路や巡礼が初めての方でも四国八十八ヶ所や西国三十三所が自分で巡拝できるように「巡礼作法」なども分かり易く解説します。スライドを使って実際に巡拝しているかのような体験も出来ます。

3.時間・曜日

10時30分~12時(すべて月曜日)

4.会場

西宮市民会館 中会議室301
住所:〒662-0918 兵庫県西宮市六湛寺町10-11
(阪神「西宮駅」市役所口から北へ徒歩1分 JR「西宮駅」から南西へ徒歩9分)
西宮市民会館地図
講師・内容・日程の詳細は下表のとおりです。

テーマ一覧

日程

テーマ

1

5月13日

巡礼・遍路とは

2

5月20日

巡礼者の実態

3

5月27日

遍路と巡礼の歴史

4

6月17日

弘法大師空海の生涯

5

7月8日

お寺参りの作法

6

8月5日

バーチャル遍路 徳島・高知

7

8月19日

バーチャル遍路 愛媛・香川

8

8月26日

西国三十三所と各地の巡礼

9

9月2日

江戸時代の遍路日記

10

9月30日

現代社会に生かす巡礼遍路

※各コースの日程は変更となることがあります。また、当課実施の他講座の日程と重なる場合がございます。
※講師都合により、講座日程が変更となりました。(6/10→8/26)ご了承ください。

1.講師

福嶋 昭治氏【園田学園女子大学 名誉教授】

2.内容

 源氏物語は、書かれた当時から熱烈なファンが現れ、その後千年にわたって、どの時代・階層の人からも親しまれ、広く長く読み続けられてきた日本の代表的な文学作品です。
 源氏物語が生まれた歴史的背景を振り返りつつ、作者紫式部の生涯を見渡した上で、物語作者としての紫式部の心情を解き明かします。そして、何よりも、源氏物語が何を描き出し、その表現に触れることが、どのように楽しくかつ意義あることかということを、物語の本文から具体的に分かりやすく読み解いていきます。

3.時間・曜日

10時30分~12時(すべて水曜日)

4.会場

フレンテ西宮4階 学習室1
住所:〒662-0911 兵庫県西宮市池田町11-1
(JR「西宮駅」から南へ徒歩1分 阪急「阪神国道駅」から西へ徒歩9分 阪神「西宮駅」市役所口から北東へ徒歩13分)

フレンテ西宮地図

内容・日程の詳細は下表のとおりです。

テーマ一覧

日程

テーマ

1

5月22日

文学とは何か

2

5月29日

紫式部という人

3

6月12日

物語作家としての紫式部

4

6月26日

枕草子と源氏物語

5

7月3日

源氏物語を包む歴史的背景

6

7月24日

源氏物語の世界 その1 心一つに余る思い

7

8月14日

源氏物語の世界 その2 心遣い

8

8月28日

源氏物語の世界 その3 六条御息所の悔しさ

9

9月11日

源氏物語の世界 その4 「つらい」という心情

10

9月25日

源氏物語の世界 その5 古典を取り込む

※各コースの日程は変更となることがあります。また、当課実施の他講座の日程と重なる場合がございます。

1.講師

田浦 紀子氏【手塚治虫研究家、「虫マップ」主宰】

2.内容

 没後30年を迎えた漫画家・手塚治虫が、代表作『鉄腕アトム』で描いた未来に、今、私たちは生きています。手塚治虫は、兵庫県宝塚市で多感な少年時代を過ごしました。自然豊かな森で昆虫採集に勤しむ一方で、都会的でモダンな雰囲気にも触れ、その経験は後の手塚漫画に大きな影響を与えました。『鉄腕アトム』に描かれた未来社会、『ブラック・ジャック』に描かれた医療の限界、『火の鳥』に描かれた死生観、『アドルフに告ぐ』や『紙の砦』に描かれた戦争体験など、作品に込められたメッセージや、手塚治虫の人物像を作品から読み解きます。

3.時間・曜日

14時~15時30分(すべて金曜日)

4.会場

西宮市民会館 中会議室501
住所:〒662-0918 兵庫県西宮市六湛寺町10-11
(阪神「西宮駅」市役所口から北へ徒歩1分 JR「西宮駅」から南西へ徒歩9分)
西宮市民会館地図
内容・日程の詳細は下表のとおりです。

テーマ一覧

日程

テーマ

1

5月10日

手塚治虫の人物像と作品群

2

5月17日

手塚治虫が描いた人間とロボット 「鉄腕アトム」「火の鳥」

3

5月24日

手塚治虫が描いた戦争(1) 「紙の砦」「ゴッドファーザーの息子」「ゼフィルス」

4

6月14日

手塚治虫の死生観 「火の鳥」

5

7月5日

手塚治虫の宗教観 「ブッダ」

6

8月2日

手塚治虫が描いた医療 「ブラック・ジャック」

7

8月23日

手塚治虫が描いた戦争(2) 「アドルフに告ぐ」

8

8月30日

手塚治虫の歴史観 「陽だまりの樹」

9

9月20日

手塚治虫の音楽観 「ルードウィヒ・B」「野ばらよいつ歌う」「虹のプレリュード」

10

9月27日

手塚治虫が遺作に込めた思い 「ネオ・ファウスト」「青いブリンク」

※各コースの日程は変更となることがあります。また、当課実施の他講座の日程と重なる場合がございます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

生涯学習推進課

西宮市池田町11-1 フレンテ西宮4階

電話番号:0798-35-5166

ファックス:0798-35-5167

お問合せメールフォーム

daishou@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ