このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【西宮市大谷記念美術館】展覧会情報

更新日:2021年5月31日

ページ番号:57805973

5月13日から開館しています。

西宮市大谷記念美術館では新型コロナウイルス感染症緊急事態措置を受けて、4月25日(日曜日)から5月12日まで臨時休館としていましたが、5月13日から開館しています。

展覧会情報

展覧会名

石内都展 見える見えない、写真のゆくえ

内容

日本を代表する写真家、石内都の個展を開催します。
本展では初期作の<連夜の街>(ヴィンテージプリント)をはじめ、代表的なシリーズの原爆による被爆者の遺品を写した<ひろしま>、フリーダ・カーロの遺品を被写体とした<Frida by Ishiuchi><Frida Love and Pain>を展示します。それに加え、これまで発表機会の少なかった薔薇やサボテンを撮ったシリーズ、国内では初公開の<Moving Away>、そして新作<The Drowned>を展示することで、石内の写真の新たな一面をご紹介します。

会期

2021年4月3日(土曜日)から7月25日(日曜日)
※水曜は休館

開催時間

午前10時から午後5時(入館は午後4時半まで)

入館料

一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
*( )内は前売料金(税込価格)
*前売券はローソンLoppi(Lコード54543)で取り扱い、または当館受付にて販売(販売期間:2月上旬から4月2日)
*西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)

関連イベント

対談 石内都×小川洋子(作家)【終了しました】

【実施日】2021年4月3日(土曜日)午後2時から3時半
【講師】石内都氏(写真家)、小川洋子氏(作家)
【定員】70名(小学生以上)
【申込方法】申込を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
*参加費は無料ですが入館料が必要です
*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止や延期になることがあります。

対談 石内都×林勇気(映像作家)

【実施日】2021年5月23日(日曜日)午後2時から3時半
※緊急事態宣言のため開催日を延期します。⇒6月12日(土曜日)午後2時から3時半
※緊急事態宣言の延長に伴い開催日を再延期します。⇒7月18日(日曜日)午後2時から3時半
【講 師】石内都氏(写真家)、林勇気氏(映像作家)
【定 員】70名(小学生以上)
【申込方法】申込を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
*参加費は無料ですが入館料が必要です
*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止や延期になることがあります。

ワークショップ「牛乳パックカメラで写真を撮ろう」

牛乳パックで簡易カメラを作り、感光する紙を用いて写真を撮ります。カメラの原理を知り、撮影することで写真に親しむワークショップです。
【実施日】2021年7月4日(日曜日)午後2時から4時
【講師】当館学芸員
【対象】小学生以上
【参加費】500円(別途要入館料)
【定員】10名(応募者多数の場合は抽選)
【申込方法】
往復ハガキまたはメール(0704ws@otanimuseum.jp)に、参加希望のワークショップ名・下記アンケートの回答・参加者全員の氏名・年齢・住所・電話番号を明記。1回の応募で2名まで、重複での申込無効。6月13日(日曜日)必着。
*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止や延期になることがあります。

【開催中止】第178回オータニミュージアムコンサート

緊急事態宣言のため中止となりました。
【実施日】2021年6月13日(日曜日)午後2時から3時半
【出演】マイ・ハート弦楽四重奏団
【定員】70名(小学生以上)
【申込方法】2021年5月16日(日)午前9時より電話0798-33-0164で受付開始(先着順)
 ※定員に達しましたので、受付を終了しました。
【参加費】参加費は無料ですが入館料が必要です。

リンク

詳細はこちら(西宮市大谷記念美術館ホームページ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

お問合せ先

西宮市大谷記念美術館

電話番号:0798-33-0164

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ