このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【西宮市貝類館】今後のイベント開催のお知らせ

更新日:2019年2月8日

ページ番号:92493439

地図(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

西宮市貝類館

西宮市西宮浜4丁目13-4

開催日

  • 2019年1月27日(日曜日)
     「第3回甲子園浜セミナー 知られざる貝の世界~海産貝類の基礎知識~」10時半~11時半
  • 2019年2月2日(土曜日)※1月15日申込締切
     「食育講座 兵庫県産アカイカ料理を楽しもう」10時~13時半
  • 2019年2月9日(土曜日)
     「シェルストラップを作ろう!」10時~16時
  • 2019年2月16日(土曜日)※1月28日申込締切
     「貝を使ったおひな様づくり」1.10時半~ 2.14時~
  • 2019年2月23日(土曜日)
     「第5回貝類館セミナー ~汽水域に棲息する貝類~」13時半~14時半

 

トピックス

貝類館イベントのお知らせ!!!

イベント一覧
画像内容
ホラ貝

「ホラ貝吹き体験」
「ホラ貝」をご存じですか!?昔、山伏が吹き鳴らしてたイメージのアレです。また、「ホラ吹き(嘘つき)」の語源にもなっています。貝類館で、ホラ貝吹きにチャレンジしてみませんか?きれいな音が出ると「ホラ吹き認定書」がもらえます。
意外と小さなお子さんの方が、くちびるの形の関係で吹けたりするんです。
 随時実施しておりますので、是非チャレンジしてみてください。

シェルストラップ画像

「シェルストラップを作ろう!」
 貝殻と粘土を使ってストラップづくりに挑戦しよう!ペンダントにもできるよ!
◆日時:平成31年2月9日(土曜日)10:00~16:00
◆場所:貝類館
◆参加費:100円(入館料は別途要)
◆申込み:当日受付、順次ご案内 
 ※小学生未満は保護者同伴

貝を使ったおひなさまづくり画像

「貝を使ったおひな様づくり」
 二枚貝と和紙を使って、自分だけのおひな様をつくりましょう!
◆日時:平成31年2月16日(土曜日)
 午前の部:10時半~12時半 午後の部:14時~16時
◆場所:貝類館
◆参加費:1つ500円(材料代)※入館料別途要 
◆定員:各回30名(小学生以下保護者同伴)
◆申込み先:下記のリンク先により1月28日(月曜日)までにお申し込みください。(多数の場合抽選)※1月29日以降に正式なご案内を個別に送付させていただきます。
⇒申込みを締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

※貝類館ご利用のみなさまの安全確保の点から、大雨・洪水・暴風の警報が発表される等危険な状況が想定される場合には、臨時休館と致しますので、あらかじめご了承下さい。

〒662-0934 西宮市西宮浜4-13-4西宮市貝類館

電話・ファックス:0798-37-0485

→→詳細は貝類館facebookページまで!!!(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

貝類館ミュージアムトーク「貝類館セミナー」のご案内

西宮市貝類館では、平成30年度に下記の通り6回にわたってセミナーを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

◆時間:午後1時30分~2時30分
◆会場:貝類館
◆対象:小学生以上
◆申込:不要 ※当日開始時間までに学習室へ(定員:各回先着30名)
◆参加費:無料(入館料別途要)
◆問合先:西宮市貝類館 電話:0798-33-4888

平成30年度貝類館セミナー一覧
開催日

講演名・講師名

講演内容
6月30日(土曜)

フジツボ
講師:貝類館顧問 山西 良平

フジツボは、貝のような姿をしていますが、じつはエビ・カニのなかまです。フジツボがどのように進化し、また海の中でどのようにして生活をしているのかを探ります。

8月4日(土曜)

アンモナイトとオウムガイ
講師:貝類館学芸員 高田 良二

アンモナイトとオウムガイは近縁の関係にあり、どちらも約4億年前~6500万年前に繁栄しました。その後、アンモナイトは全て絶滅しましたが、オウムガイは現在も細々と生息しています。なぜこのような違いが生じたのか、その謎を推理します。
10月27日(土曜)

特別展セミナー(1)(13時30分~14時00分)
「南方熊楠」展によせて 
講師:貝類館学芸員 高田 良二

南海の偉人と呼ばれ植物学や細菌学など多方面に偉大な足跡を残した南方熊楠。その南方熊楠展を西宮市貝類館で開催することになった経緯や見どころについてお話しします。

特別展セミナー(2)(14時00分~15時00分)
南方熊楠と貝類標本
講師:日本貝類学会 名誉会員 湊 宏

湊先生は、「南方熊楠遺品等整理事業」において、保管されたままであった貝類標本を整理し、熊楠が植物や粘菌のみならず貝類の収集も行っていたことを明らかにされました。その折の苦労談や陸貝を中心に標本の紹介をしていただきます。
1月5日(土曜)

大阪湾のレッドリスト生物
講師:貝類館顧問 山西 良平

レッドリストとは「絶滅のおそれのある野生生物」のリストです。大阪湾の干潟や砂浜にも、レッドリストにのっているさまざまな生物が生息しています。そのような生物の現状を紹介します。
2月23日(土曜)

汽水域に棲息する貝類
講師:貝類館学芸員 高田 良二

海水と淡水が混じり合った塩分濃度の低い場所を汽水域と呼びます。主に河口や海水が流入する湖などです。貝類の仲間にはこの汽水域のみに棲息する種類があります。なぜ汽水域なのかその理由を分かりやすく解説します。
3月23日(土曜)

おどるカニの話
講師:貝類館学芸員 渡部 哲也

干潟にすむスナガニ類の中にはシオマネキやヤマトオサガニのように、暖かい季節に踊る種類がいます。ウェービングと呼ばれるその踊りの様子を写真や動画で解説しながら、かれらの生活ぶりを紹介します。

甲子園浜セミナーのご案内

西宮市貝類館は、平成30年度に甲子園浜自然環境センターで下記の通り「甲子園浜セミナー」を開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

◆時間:午前10時30分~11時30分
◆会場:甲子園浜自然環境センター研修室
◆対象:小学生以上
◆申込:不要 ※当日開始時間までに研修室へ
◆参加費:無料
◆問合先:西宮市貝類館 電話:0798-33-4888

平成30年度甲子園浜セミナー一覧
開催日講演名・講師名講演内容
5月20日(日曜)

西宮市の海岸の生物
講師:貝類館顧問 山西 良平

甲子園浜、御前浜・香櫨園浜など西宮市の海岸で観察することができる様々な生物を紹介し、大阪湾の一番奥にこのような干潟や砂浜が残されていることの意義について考えます。

12月9日(日曜)

外国の海から来たいきものたち
~海の外来種について~
講師:貝類館学芸員 渡部 哲也

じつは、西宮の海には外国から来た海の生きものがたくさんいます。これらは外来種と呼ばれ、その多くは外国から来た船によって運ばれてきたと考えられています。西宮の海を中心に、外来種についてのお話をします。
1月27日(日曜)

知られざる貝の世界
~海産貝類の基礎知識~
講師:貝類館学芸員 高田 良二

海に生息する貝類の進化の系統や多様性をはじめ、深さや海底の状況による棲み分け、熱水に棲む貝など特殊な生態、色彩や造形の不思議など、海産貝類に関する事を分かりやすく紹介します。

西宮市貝類館収蔵品について

西宮市貝類館では、故黒田博士をはじめとして、多くの方々より貝類標本が提供されており、収蔵しています。

貝類館ホームページ内「標本検索データベース」にて収蔵標本の検索を行う事ができますので、是非ご活用下さい。

貝類館HP上データベース検索

リンク

facebook、始めました!!

西宮市貝類館では、貝類館施設やイベントの情報をより多くの皆様に知っていただき、貝類館のファンになっていただけるよう、フェイスブックをはじめました。
facebookを利用して貝類館の魅力を伝えるべく、イベント以外の様々な情報も発信しています。
『今後のイベント情報』『貝にまつわる面白い話』等、皆様に最新の情報をお届けします。
また、『施設紹介』『出版物の紹介』も行っており、貝類館の活動内容がわかりやすくまとめられていますので、ご覧ください。
ぜひアクセスして「いいね!」してくださいね!
貝類館facebook始動外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

リンク

お問合せ先

文化振興課

西宮市六湛寺町10-3 西宮市役所本庁舎 5階

電話番号:0798-35-3477

ファックス:0798-35-4045

お問合せメールフォーム

bunka@nishi.or.jp

本文ここまで

貝類館イベント情報

  • 【西宮市貝類館】今後のイベント開催のお知らせ

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が
見つからないときは

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ