平和への取組

平和資料館

西宮市平和資料館

更新日:
2017年12月1日
ID:
23815

印刷

西宮市平和資料館

平和資料館  空襲直後の市街地

 西宮でも空襲があったことをご存知でしょうか。西宮では昭和20年(1945年)5月~8月にかけて、5回の空襲を受け、多くの方が亡くなりました。このような西宮での戦争被害について、風化させないよう次の世代に語り継いでいく役割を果たすとともに、市民が戦争の悲惨さと平和の大切さを学ぶ場とすることを目的として、平成14年(2002年)に「西宮市平和資料館」を開設しました。 

 当館で展示しているものは、市民の方から寄贈していただいた資料が中心となっています。その中には、遺書や軍服、千人針のほか、遺骨が戻らぬ骨壺もありました。

 ご遺族が託された遺品を中心とした展示をご覧いただき、戦争による悲劇について学び、平和の大切さ・尊さを考えていただく機会として、ぜひご来館ください。

ダウンロードdownload

テーマ

 市民の視点からの展示をコンセプトに以下の7つのテーマにそって戦災資料、写真パネルを展示しています。

(1)戦争への道程・開戦
(2)出征前・銃後の家族や郷里
(3)戦場の兵士
(4)戦争の経過
(5)空襲
(6)終戦
(7)未来へむけて

来館案内

《開館時間》午前10時~午後5時
《休館日》月曜日、年末年始(12月29日~1月4日)、臨時休館日
《所在地》西宮市川添町15-26
     西宮市教育文化センター1階
《電話》0798-33-2086
《交通機関》阪神香櫨園駅下車南へ徒歩6分
      JRさくら夙川駅下車南へ徒歩15分
      阪急夙川駅下車南へ徒歩17分
      阪神バス・阪急バス川東町下車すぐ
*入場無料

平和資料館案内図

ページのトップへ