西宮写真ニュース

2017年

全国大会の報告と今後の抱負を力強く!出場生徒報告会で市長・教育長に

2017年9月29日

出場生徒報告会1出場生徒報告会2
9月29日、西宮市役所東館で、夏の全国中学校体育大会と全国高等学校総合体育大会、全国定時制・通信制課程高等学校総合体育大会のいずれかに出場した市内公立私立中学校・高等学校に在籍する中高生が、今村市長・重松教育長に戦績を報告する「出場生徒報告会」が行われました。
 報告会には、大会出場者114名のうち、47名がそれぞれの教諭とともに出席。一人ひとりが水泳競技や陸上競技、バスケットボールなどで出場した全国大会の結果を報告し、今後の抱負を述べました。「悔しかった」「もっとできた」「全力を出し切った」など、それぞれの大会を振り返る生徒たち。緊張しながらも前を見て力強く、自分の思いを言葉にしました。
 今村市長は「悔いの残る人もいるかもしれませんが、それだけ強い気持ちを持てるのは、競技に一生懸命打ち込んだという証です。高いレベルで努力して、全国大会に出場したこの経験を一生大事にしてください。そして、これからも怪我に気を付けて、できる限りで競技を続けてください」と生徒たちに語りかけました。
 今回の結果を励みとした、若きスポーツマンたちの更なる活躍が期待されます。

お問合せは学校教育課まで 電話番号:0798-35-3849

ページのトップへ