西宮写真ニュース

2011年

市長が市内の男女最高齢者を祝福

2011年9月27日

女性最高齢者に記念品を手渡す河野市長男性最高齢者に記念品を手渡す河野市長
 河野昌弘西宮市長が27日、市内在住で平成23年7月31日現在の男女最高齢者である方々の元を訪れ、長寿を祝い、記念品を贈りました。
 市では、平成14年度より、100歳を迎える方々に、長寿を祝い記念品を贈っていましたが、今年度より新たに男女高齢者祝福事業を新規事業とし、市長より記念品を贈呈することとしました。

 午後2時、河野市長が女性最高齢者のお宅を訪問。明治36年生まれで今年4月に108歳を迎えた女性に河野市長が、「108歳おめでとうございます。市内の女性最高齢者となられましたので、敬意を表し、記念品を贈呈します。どうかこれからも健康には気をつけてお元気で過ごされますようお祈り申しあげます」と祝福の言葉を述べ、記念品を手渡しました。記念品を受け取った女性は「本日は、とてもお忙しいところ、ありがとうございます。みんなに支えられて、長生きができ、たいへんうれしく思っています」と笑顔で話していました。

 その後、午後3時、河野市長は、市内の男性最高齢者(明治39年生まれ、11月で105歳)のお宅を訪問し、祝福の言葉と記念品を贈りました。記念品を受け取った男性は「本日は、本当にありがとうございます。特に気をつけているわけではありませんが、体の方は元気です。健康の秘訣は、食事と睡眠をしっかり取ることと晩酌です。晩酌はいいですよ。皆さんにも勧めたいですね」と元気に話していました。

お問合せは高齢福祉課まで 電話番号:0798-35-3150

ページのトップへ