住まなくなったマイホームを老後の生活資金に生かしませんか

マイホーム借上げ制度を活用しよう

「マイホーム借上げ制度」とは、移住・住みかえ支援機構(JTI)が、50歳以上の人のマイホームを最長で終身にわたって借り上げてファミリー世帯などに転貸し、安定した賃料収入を保証するものです。
イラスト:マイホーム借上げ制度
この制度を活用すれば、自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金の確保等につながります。
※詳しくは、移住・住みかえ支援機構のホームページ(https://www.jt-i.jp/)をご覧ください
参加費無料
「マイホーム借上げ制度」説明会を開催!!
【日時・会場】
6月11日(土)午前10時から市民会館1階で
【定員】
100人
【申込方法】
催し名、代表者の住所・氏名(ふりがな)・電話番号、参加人数を書いたEメールを5月16日からすまいづくり推進課(Eメール)メール投稿フォームへ。電話も可。先着順
※詳しくは市のホームページ(くらしの情報→すまい→すまいの情報・相談)をご覧ください

戸建賃貸住宅住替改修に補助金を交付

市は、移住・住みかえ支援機構の「マイホーム借上げ制度」を利用する人に、賃貸を行うために必要となる改修等費用の一部を補助します。
※予算が無くなり次第終了
【対象住宅】
市内の戸建て(長屋を含む)の空き家のうち、一定の耐震性が確保され、建築基準法等に違反していない住宅など。詳しくはすまいづくり推進課へ確認を
【対象者】
次の全てを満たす人
  • 対象住宅の所有者で、移住・住みかえ支援機構と終身借家契約を締結している
  • 過去に改修等に関する補助金等の交付を受けていない
  • 補助対象者の属する世帯全員が、市税等を滞納していない
【対象工事・経費】
(1)住宅の機能向上のために行う改修工事で経費が50万円以上のもの、(2)家屋内整理等作業(家具等の運搬、不要物の廃棄手数料、ハウスクリーニング)に要する経費が5万円以上のもの
【補助金額】
いずれも対象経費の2分の1(1000円未満は切り捨て)
  • (1)…1戸当たり上限50万円
  • (2)…1戸当たり上限5万円
【申請方法】
所定の申請書と必要書類をすまいづくり推進課(市役所南館3階)へ。申請書は同課で配布するほか、市のホームページ(くらしの情報→すまい→住まいに関する助成)からダウンロード可

【問合せ】すまいづくり推進課(0798・35・3778)

このページのトップへ戻る