被災者支援システムの概要|仮設住宅管理システム

仮設住宅管理システムの特徴

  • 災害で住家を失われた方に提供する仮設住宅の部屋数や入居可能人数を管理し、入居希望者の登録、抽選、入退居管理を行うことができます。
  • 仮設住宅の管理は、設置された仮設住宅ごとに、棟番号、部屋番号、入居日などを細かく設定することができ、被災者からの申込みに対応します。
  • 抽選申し込みされた被災者の一覧画面から、入居処理を行います。自動抽選の仕組みがあり、ランダムに当選者を決定することもできます。
  • 仮設住宅ごとに空き室情報や、入退居の履歴を参照することができるので、再募集を行う際の資料として活用できます。
  • 入居状況の統計書類をプリントすることも可能です。 仮設住宅

J-LIS 被災者支援システム デモサイト


ページトップへ戻る