被災者支援システムの概要

被災者支援システムには、災害発生時に自治体が担う復旧・復興業務を支援するための様々な機能が搭載されております。各サブシステムの機能概要についてご紹介します。

被災者支援システムの特徴

  • 被災者の属性情報を管理する「被災者台帳」、被害を受けた家屋属性情報を管理する「被災家屋台帳」の2つのシステムで構成されており、刻一刻と変化する被災者の状況や家屋被害状況を、記録、更新できるようになっています。
  • 被災者への「り災証明書」、被災家屋の所有者への「被災家屋証明書」の発行はもとより、様々な義援金の給付や生活支援金の貸付管理など、被災者支援に関係する各種支援制度の管理も行えます。
  • 地震で止まった時計証明書は、各自治体の独自様式に対応した、自由設計が可能な仕組みにしており、支援制度は、自治体の上乗せ給付など、独自メニューの登録も可能です。
  • 被害状況の集計など、基礎的な統計情報のプリントはもとより、CSV形式によるデータ出力機能を可能としていますので、自由に加工、分析ができます。

J-LIS 被災者支援システム デモサイト


ページトップへ戻る