市長の執務室 > 市長フォトニュース

市長フォトニュース

バックナンバー


平成30年1月9日
“社会を明るくする運動”作文コンテストの表彰式が開催。作文の朗読も

作文コンテスト1
作文コンテスト2

 1月9日、西宮市民交流センターで第67回“社会を明るくする運動”作文コンテストの表彰式が行われました。
 「“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~」は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい地域社会を築こうとする全国的な運動です。作文コンテストは、その運動のひとつとして、小学生(高学年)と中学生を対象に実施されました。
 表彰式には、小学生、中学生の部でそれぞれ選考された計16名(うち3名欠席)の児童・生徒や保護者、“社会を明るくする運動”西宮市推進委員会委員長の今村市長らが出席しました。
 今村市長は受賞者に対し「社会を明るくしてくれる素晴らしい作文をありがとうございます」と挨拶し、作文にもあった“いじめ”を例に「大人になっても“いじめは良くないという気持ち”や“いじめを止める勇気”を持ち続けてください」とメッセージを贈りました。
 その後、受賞者ひとりひとりに表彰状が手渡され、受賞者代表による作文の朗読が行われました。小学生代表による「『明るい言葉』と『笑顔』で」、中学生代表による「助け合って生きていく」のいずれも、自らが生活の中で体験したことをもとに思いを素直に表現した力作で、朗読後、会場は大きな拍手に包まれました。

記事に対するお問合せは地域防犯課まで
Tel:0798-35-3637
←前の記事

↑このページのトップへ戻る