市長の執務室 > 市長フォトニュース

市長フォトニュース

バックナンバー


平成29年10月5日
いつまでもお元気に。市内最高齢者を祝うセレモニーが開催

最高齢者訪問1
最高齢者訪問2

 10月5日、西宮市内の特別養護老人ホームで、入所中の清水芙美子(しみず・ふみこ)さんを祝うセレモニーが開催されました。これは、現在108歳の清水さんが、今年度の市内最高齢の女性となったことを祝うもので、家族や施設関係者、入所者らが見守る中、盛大に執り行われました。
 明治42年に生まれ、平成22年より同施設に入所中の清水さん。高齢ながらも、普段はフロアでテレビを見たり、歌を歌うなどして元気に過ごされています。
 来賓として出席した今村市長は「この度はおめでとうございます。これからも長生きして頂いて、毎年、清水さんにお会いできれば嬉しいです」と挨拶しました。
 セレモニーではお祝いの気持ちが込められたくす玉も登場し、ちゃんちゃんこを身に着けた清水さんの頭上で玉が割れると、集まった多くの人から万雷の拍手が起こりました。

※9月1日時点で西宮市の100歳以上の高齢者数は、男性45名、女性236名の合計281名

記事に対するお問合せは高齢福祉課まで
Tel:0798-35-3150
←前の記事

↑このページのトップへ戻る