環境・緑化・衛生

生物多様性・西宮の自然

生物多様性シンポジウムの開催について

更新日:
2017年12月22日
ID:
45092

印刷

開催場所

西宮市役所東館

西宮市六湛寺町3-1

西宮市役所東館の周辺地図

開催日

2018年

2018年2月3日土曜日

 環境省では、さまざまな命を育む豊かな里地里山を、次世代に残していくべき自然環境の一つであると位置づけ、全国から「生物多様性保全上重要な里地里山」(500箇所)を選定し、西宮市からも3箇所が選定されました。

 この度、上記3箇所にて保全活動を行っている団体と兵庫県立大学の服部保名誉教授をお迎えし、日頃の保全活動の成果を発表していただくとともに、本市における里地里山の意義や今後の持続可能な生物多様性推進などについて、皆で考える機会とするため、生物多様性シンポジウムを開催いたします。

 

生物多様性シンポジウム

 西宮市の重要な里地里山 ~保全活動と持続可能な取り組みに向けて~

【日時】平成30年2月3日(土)14:00~16:30

【場所】西宮市役所 東館 大ホール

【募集人員】120名(先着順・要申込)

【入場料】無料

【申込み期間】平成30年1月10日(水)~1月26日(金)

【その他】市民活動カードの対象事業です。カードをお持ちください。

ダウンロードdownload

申込み方法

必要事項 ①イベント名「生物多様性ジンポジウム」②代表者のお名前 ③参加人数 ④〒ご住所 ⑤お電話番号 をご記入の上、下記のいずれかの方法でお申込みください。

 FAX:0798-35-1096(FAXの場合、チラシの申込用紙にご記入ください。)

 E-mailでのお申込み

(FAX、E-mailをお持ちでない方は、お問い合わせ先「環境学習都市推進課 0798-35-3821」までご連絡ください。)

 

プログラム

◆基調講演                    講師写真(服部保氏)       

「西宮市における里山の意義と活動への期待」

 講師:兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 名誉教授                      

    兵庫県立南但馬自然学校 校長

     服部 保 氏 

 神戸大学農学部、大学院自然科学研究所博士課程修了。姫路工業大学、自然・科学研究所 教授を経て、2004年に兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授に就任。

 専門は植物保全、資源保全学、植生学、植物生態学、保全生態学、民俗植生学。里山の生物多様性保全と里山の再生に関する研究などを行っている。

 

◆活動発表

 【社家郷山】生活協同組合コープこうべ

 【ナシオン創造の森】ナシオン創造の森・育成会

 【甲山グリーンエリア】NPO法人こども環境活動支援協会

 

◆パネルディスカッション

 ・コーディネーター : 小川 雅由 氏(NPO法人こども環境活動支援協会 理事)

 ・パネリスト : 山口 一史 氏(生活協同組合コープこうべ 理事長)

          中尾 利子 氏(ナシオン創造の森・育成会 理事長)

          田村 和也 氏(NPO法人こども環境活動支援協会 理事)

          服部 保 氏(兵庫県立大学 名誉教授/兵庫県立南但馬自然学校 校長)

          山口 和範 氏(兵庫県 豊かな森づくり課 課長)

          藤原 隆之 氏(西宮市 環境学習都市推進課 課長)

ページのトップへ