障害のある人の福祉

福祉のまちづくり

ヘルプマークを知っていますか?

更新日:
2018年1月10日
ID:
44949

印刷

ヘルプマークを知っていますか

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方がいます。
そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう、「ヘルプマーク」の普及に取り組んでいます。

ヘルプマークを身につけた人を見かけたら

電車やバスの中では、席を譲るなどの配慮をお願いします。
外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。
また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
視覚障害や聴覚障害等のため状況の把握が難しい人、手足が不自由なことなどにより自力での迅速な避難が困難な人がいます。

西宮市は「ヘルプカード」を配布しています

西宮市ヘルプカード

ヘルプカードには緊急連絡先や必要な支援等を書くことができます。
障害者手帳の有無は問いません。申請書、印鑑ともに不要です。
次の場所で無料で配布しています。
 ●障害福祉課(西宮市役所 本庁舎 1階)
 ●健康増進課(保健所2階)
 ●保健福祉センター(中央鳴尾北口塩瀬山口

 

※なお、タグ付きのヘルプマークについては、兵庫県において交付申請を受け付けています。
【お問い合わせ】
兵庫県健康福祉部障害福祉局障害者支援課
 TEL:078-362-4379
 FAX:078-362-9040
 ホームページ:https://web.pref.hyogo.lg.jp/

障害のある人や配慮が必要な人に関するマークについて

ヘルプマーク以外にも障害に関するマークがあります。
次のページにまとめてあります。

障害のある人や配慮が必要な人に関するマークについて

ページのトップへ