西宮市消防局

西宮消防署・北夙川分署

秋の火災予防運動を実施します!

更新日:
2017年11月8日
ID:
44468

印刷

秋の火災予防運動を実施します!

 

 11月9日から11月15日は、秋の火災予防運動です。

             秋の火災予防運動

        データ提供先「一般財団法人 日本防火・危機管理促進協会」

 火災予防運動とは、春と秋の年2回実施される、防火意識の向上を目的とした啓発活動のことです。

 その防火意識の向上を図るために必要なポイントがあります。「住宅防火 いのちを守る 7つのポイント」です。

○3つの習慣

・寝たばこは、絶対やめる。

・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

○4つの対策

・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 この7つのポイントをもう一度確認することで、住宅火災による死者の発生防止対策となります。

 

 次に非常時に必要となる防災グッズを紹介します。

 防災グッズとは???

 ・防災用品は実際に生命の危機に陥るリスクを軽減するもの。

 ・自宅が危機に面した場合に避難を手助けするもの。

 ・避難所などでの滞在が、長期に渡る場合に健康をなるべく維持するために必要なもの。(3日分程度)

 ・さらにより避難生活を快適に過ごせるようにするもの。

 

 例えば・・・情報収集等に非常に優秀なスマートフォンも、電池が切れてしまうと使えなくなります。そこでモバイルバッテリーや、手回し充電器があれば電池切れの心配もなくなります。

 これ以外にも必要となるものはあると思います。どのようなものを揃えたらいいのかわからない人は、市販されているセットもあります。さらにそこから自分たちに必要なものをいれてオリジナルなものを用意しましょう!

ページのトップへ