歴史と文化財

西宮の歴史

【名塩】国鉄(JR)西宮名塩駅 開業(昭和61年11月1日)

更新日:
2017年11月1日
ID:
44444

印刷

「新駅を名塩に」 福知山線複線電化

 国鉄福知山線の前身である阪鶴鉄道は、明治32年1月25日有馬口(現・生瀬)-三田間を開通させました。武庫川渓谷を走る列車からの眺めは、春は桜、秋は紅葉と乗客の目を楽しませていました。

S52 桜の武庫川渓谷を走る福知山線

 

 戦後の急速な経済復興や高度成長により、工場や会社は大都市に集中。そこへ通勤する人々が生活環境のよい周辺地域に居住するようになり、住宅がさかんに建設されました。昭和30年代半ばから名塩周辺も阪神都市圏のベッドタウンとして注目され、住宅建設会社の命名した「名塩山荘」「名塩ガーデン」などの住宅地が次々と建設されました。

S41 名塩山荘の宅地造成

 

 住宅開発が進む中、年々増える通勤客に対応するため、国鉄福知山線複線電化工事の計画が持ち上がりました。福知山線区間で生瀬-道場間12.2kmは既存の路線での工事が難しく、別ルートで複線化を進めることが決定しました。新ルートが名塩地区を通ることから地元中心に「新駅の設置を」との声が強まりました。

S50 国鉄福知山線誘致促進期成同盟の案

 

 

工事すすむ西宮名塩駅

 昭和50年代に入ると工事全面着手の形が整い、宝塚-篠山口間は昭和54年12月のトンネル工事起工式を皮切りに次々と工事が進められました。市は起工式前年の昭和53年、国鉄に新駅設置の要望書を提出。57年に国鉄は新駅設置を承認しました。

S54 トンネル工事起工式の日

 

 新ルートは生瀬駅西の太多田川、武庫川合流点付近から名塩川までが第一名塩トンネル、つづいて第二名塩トンネルとなり、東山台地、読売ゴルフクラブの直下を通って、現在の武田尾駅近くまでほぼ一直線となります。

S58 工事中の第一名塩トンネルと旧福知山線

S54 トンネル内の工事風景

S60 名塩周辺(西宮全図より)

 

 第一・第二名塩トンネル間の開口部に名塩川の上をまたぐように西宮名塩駅が誕生しました。

S61 国鉄西宮名塩駅

 

 昭和61年11月1日、待望の国鉄西宮名塩駅開業です。塩瀬中学校ブラスバンド部員のファンファーレの中、八木市長らがテープカット、同中生3人がくすだまを割ったあと、市長が一日駅長になり、午前11時59分初の大阪行き上り電車を使って発車式も行われました。名塩各町がだんじり8台を繰り出したのをはじめ、交響曲「名塩」の披露や歌謡大会なども開かれ、にぎやかなセレモニーとなりました。

S61 国鉄西宮名塩駅開業式

 

 

紙漉きの里 名塩

 名塩は江戸時代には「名塩千軒」と呼ばれるほど紙漉きがさかんで、泥土を混ぜる技法によりシミができにくく変色しない名塩紙は藩札にも使われました。明治以降は洋紙の進出により和紙業界は大打撃を受けます。しかし、名塩では襖用の間似合紙を中心に漉いていたこともあり年々増える住宅での需要があったこと、金箔銀箔を製造する上で不可欠な箔打紙をつくっていたことから大正年間にも生産高が増加する盛況を続けていたようです。現在も数は少ないながら名塩の伝統文化は受け継がれ、昭和58年には兵庫県指定無形文化財、平成14年には国指定重要無形文化財となりました。

S47 名塩紙の紙漉き風景

S30代 間似合紙の干場風景

 

 東山は名塩中心部の東に位置する台地でした。昭和40年頃までは10軒足らずの集落と棚田が続く美しい里山でした。

S45 段々畑の東山台1

S45 段々畑の東山台2

 

 

東山の棚田がナシオンに

 国鉄福知山線複線電化に伴い、その静かな東山に一大ニュータウンが開発されます。住宅・都市整備公団(現・都市再生機構)が3,000戸12,000人の新住宅都市の建設を進めました。

S60 造成中のナシオン

S63 航空写真 西宮名塩駅周辺

 

 ニュータウンの街並みはかつてここに広がっていた棚田の形状を活かした、南斜面中心の階段状になっています。

H3 ナシオンの街並み

 

 JR西宮名塩駅と高低差約60mのニュータウンを結ぶのが遠くからでも目をひく145mの斜行エレベーターです。青空と四季折々に変化する山並みを眺めながら移動できる斜行エレベーターは、名塩ニュータウンのランドマークとなっています。斜面に並ぶマンション群と斜行エレベーターの景色が建設省(現・国土交通省)の「都市景観100選」で大賞に選ばれたこともある、美しい街並みが続きます。

H3 斜行エレベーターと造成中のナシオン

 

 

参考文献

『名塩史』

『宮っ子』

『市政ニュースS61.11.10』

『西宮名塩ニュータウン パンフレット』

 

関連ページrelated page

西宮の昔の写真
【西宮市街地南部】国道43号線開通(昭和38年1月6日)
【西宮浜】西宮の漁業と宮じゃこ
【武庫川】武庫川 水と親しむ
【満池谷】越水浄水場の竣工
【広田】「山がつゝじか つゝじが山か(西宮音頭より)」
【船坂】 寒天 白く輝く
【甲陽園】華やぐ映画撮影所
西宮の街の歴史を伝える懐かしい写真を募集!
【甲山】仁川ピクニックセンター
【枝川】アフターオリンピック(昭和39年10月)
【西宮港】 「青少年海の家」と海洋少年クラブ(昭和39年8月)
西宮市制が施行されたとき(大正14年4月1日)
【甲東園】 甲東梅林
【西宮北口】  戦後初の本格的博覧会 アメリカ博(昭和25年3月)
【香櫨園】 香櫨園浜海水浴場
【甲陽園】 甲陽園の開発1 甲陽公園(大正7年5月)
【西宮北口】 阪急西宮北口駅ダイヤモンドクロス 姿を消す(昭和59年3月25日)
【西宮港】 議員と吏員の運動会(昭和10年11月)
【六湛寺】 お墓に建った庁舎(昭和3年10月 )
【夙川】 夙川公園竣工(昭和12年5月)
【西宮神社】 えべっさん 開門神事福男選び
酒都西宮と新酒番船
有名人も出演!福と酒の「西宮まつり」(昭和28年~33年10月)
【武庫川】 万国博覧会ゾウの行進(昭和45年8月)
【鳴尾】 民間飛行発祥の地(大正3年6月)

ページのトップへ