西宮市消防局

西宮消防署・北夙川分署

火災への備え~備えあれば憂いなし~

更新日:
2017年9月26日
ID:
44057

印刷

火災への備え~備えあれば憂いなし~

 秋風が心地よい季節になりました。皆さんは、いつ被害が及ぶか分からない火災に対する「備え」は出来ていますか?中には、備えたい気持ちはあるけれど、具体的に何を準備しておけば良いのか分からない方もいると思います。

 そこで今回は、初期の火災の消火に有効な消火器と、いち早く火災の発生を知らせる住宅用火災警報器の二つを紹介します。

防災の日~備えあれば憂いなし~

 

 一つ目の消火器は、初期の火災の消火に用いられるもので、消火器が用いられた時の初期消火成功率は約80%もあります。また、消火器といっても大小さまざまあり、一般家庭には住宅用消火器を設置して下さい。「消火器がある」という安心感は、火災発生時に落ち着いた行動を取り戻す役割もあり、大変役に立つ設備です!

 

             

防災の日~備えあれば憂いなし~ 二つ目の住宅用火災警報器は、全ての住宅に対し、設置が義務化されていますが、現在は全国平均で約80%の住宅にしか設置されていません。火災の時、煙や熱を感知して音声やブザー音で周りに知らせることができ、住宅火災による死者の約60%にのぼる「逃げ遅れ」を防ぐことができるので、必ず設置してください。また、最近では、この住宅用火災警報器が煙や熱を感知すると、スマートフォンやタブレットに知らせてくれるというものもあります。住宅用火災警報器も消火器同様、維持管理をして、正しく使用していれば大変心強いものです!

 

 以上が消火器と住宅用火災警報器の紹介です。ぜひ、自分の家庭に合った設備や器具を設置して頂きたいです。そして、自分や家族が安心して暮らせるようにして下さい。

 この記事を読んで、火災や他の災害に対する備えをしてもらうきっかけになれば幸いです。

 “備えあれば憂いなし”安心して気持ちの良い秋を過ごせるように、防火意識を高めていきましょう!

ページのトップへ