消費生活

消費生活

通話録音装置を無償で貸し出します!

更新日:
2017年10月24日
ID:
43994

印刷


悪質な業者からの電話やしつこい勧誘にお困りではないですか。不審電話

市では高齢者の方を対象に、振り込め詐欺や悪質な電話勧誘を
未然に防ぐ、
通話録音装置【振込め詐欺見張隊(新117)】
無償で貸し出します。
 

※黒電話やビジネスフォン、他のシステム(緊急通報機器など)をご利用の場合は、
本装置を取り付けられないケースもあります。

通話録音装置【振込め詐欺見張隊(新117)】とは?


1.着信前に「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます。」とアナウンスを流し、振り込め詐欺を抑止!

警告メッセージ


2.
それでも電話がかかってきた場合は、すべての会話を録音します。
 (60時間または2000件分の通話録音が可能)

 
3.万が一のときには「大変だぁ~ボタン」を押すことで、あらかじめ登録した電話番号に順次自動発信されます。通話録音装置
 (4件まで登録可能・110番や119番は登録できません




※通話録音装置を設置しても、悪質な電話を完全に防げるわけではありません。

貸し出しについて


●申請受付開始日
 平成29年11月1日(水)から、貸し出し台数に達するまで。

●貸し出しの対象者となる方
 西宮市民の高齢者(65歳以上)の方で高齢者イメージ

  ・高齢者のみの世帯の方
  ・日中に高齢者のみとなる世帯の方

●貸し出し台数
 150台

●貸し出し期間
 原則1年(手続きによる期間延長可能)

●申し込み方法
 申請書に必要事項を記入の上、消費生活センターまでご提出ください
 申請書は、消費生活センター、本庁総合案内、支所、サービスセンター、
 
高齢者あんしん窓口にあります。
 また、下記よりダウンロードしていただけます。

  ・(様式第1号)西宮市通話録音装置利用申請書【Word】
  ・(様式第1号)西宮市通話録音装置利用申請書【PDF】

●その他(注意事項)
  ・貸し出しにあたり、申請書の提出のほか、申請内容や電話機等の状況を
   電話や訪問によりお聞きする場合があります。
  ・装置の設置については、ご自身(もしくはご家族)で行っていただきます。
  ・申請書の記入内容から変更があった場合は、届出書が必要になりますので、
   消費生活センターまでお問い合わせください。

 ★詳しくは、「通話録音装置貸し出しに関するQ&A」をご覧ください。

申し込みから設置まで


1.申し込み   
申請書に必要事項を記入の上、
         消費生活センターまでご提出ください。
  矢印

2.審査     申請書の受付後、記入内容を審査します。
         その際、電話などで内容確認をさせていただくことがあります。
  矢印       (被害に遭われた方を優先させていただきます。)
   
3.貸出決定   利用承認通知書を申請者に郵送にて送付します。

   矢印

4.装置受取   消費生活センターに、利用承認通知書・本人確認書類・印鑑を
         お持ちいただき、装置をお受け取りください。
   矢印

5.装置の設置  簡単な手順で設置できます。
         装置をお渡しするときに設置方法についてご説明しますので、
         ご自身(もしくはご家族)でお願いいたします。

ページのトップへ