西宮市消防局

組織・統計・採用・表彰

消防局年間行事予定について

更新日:
2017年11月6日
ID:
43825

印刷

年間行事予定

 
内容概要
4月

管内情勢把握強化月間

管内の地理や道路・建物状況の把握・確認を重点的に実施します。 

5月

水防工法訓練
(5月中旬~6月初旬)

雨期に備え、豪雨等による水害を防ぐため、水防工法訓練を実施します。

6月

危険物安全週間
(第2週)

6月第2週(日曜日から1週間)に危険物取扱事業所や市民の危険物に対する意識の高揚と啓発を図るために、危険物事故防止に係る啓発活動を実施します。

7月
国民安全の日
(7月1日)
昭和35年(1960年)5月から火災予防をはじめ、各業務の災害防止を図る目的で制定されています。
 
消防救助技術近畿地区指導会
兵庫県下・大阪府下の救助隊員が一同に介し、日頃の訓練成果を発揮し、救助技術を披露する大会が開催されます。
8月高校野球警備阪神甲子園球場で開催される「全国高等学校野球選手権大会」の警備を実施します。
9月防災の日
(9月1日)
大正12年(1923年)の関東大震災を機に、地震等の自然災害に対する認識を深め、災害の未然防止及び被害軽減を目的に制定されています。
 

 防災週間
(9月1日~9月7日)

 昭和57年(1982年)からは「防災の日」を含む1週間を「防災週間」として制定されています。

 

救急の日
(9月9日)

救急医療及び救急業務に対する理解と認識を深め救急医療関係者の意識の高揚を図る目的で制定されています。

 救急医療週間
(9月9日を含む1週間)
救急の日を含む1週間は、「救急医療週間」となっており、西宮市でも救急に係るイベントを多数実施します。
10月 山火事予防運動
(10月1日~11月31日)
空気が乾燥し、秋の行楽シーズンでハイカーの方がたくさん見受けられる季節に合わせて、山火事防止を呼び掛けています。
 

自衛消防隊消防操法大会

自衛消防隊とは、事業所において防火管理上必要な自衛のための組織で、各事業所から選出された隊員でチームを編成し、屋内消火栓操法と小型消防ポンプ操法の技術を競います。 

 

にしのみや市民祭り消防警備

「にしのみや市民祭り」の警備を実施します。 

11月

西宮市総合防災訓練

防災関係機関、市民の方と連携し西宮市全体の防災訓練を実施します。
消防局も人命救助訓練等に参加します。

 

秋の火災予防運動
(11月9日~11月15日)

11月9日(119番の日)から1週間、全国一斉に火災予防運動が実施されます。
西宮市でも、事業所との合同訓練や火災予防の啓発活動を実施します。

 

警防練成会
(職員消防操法大会)

市内の消防署ごとに部隊を編成し、消防技術の迅速性・正確性について、日頃の訓練成果を競う練成会を実施します。

 

緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練

地震、土砂崩れ等の大規模災害発生に備え、災害対応能力の向上を目指し実施されます。
西宮市消防局からも兵庫県隊の一員として訓練に参加します。

 

にしのみや甲子園ハーフマラソン警備

「にしのみや甲子園ハーフマラソン」の警備を実施します。

12月西宮市消防安全を誓う日
(12月20日)
平成15年の殉職事故をうけ、現場活動は指揮体制と部隊行動の徹底を図り、安全管理を最も重視し、日々、教訓として、二度と痛ましい事故が生じないよう職員全員が心に誓ったもので、この誓いをより真摯に受け止め、再確認する日として、12月20日を「西宮市消防安全を誓う日」として制定しています。
12月20日の前後3日間に、各消防署で消防、救助、救急資機材の特別点検等の行事を実施します。
 

年末特別火災警戒
(12月20日~12月31日)

年末の喧騒する時期を迎え、火災の発生が危惧されることから12月20日~31日までを年末特別火災警戒期間とし、市内全域で火災予防広報等の啓発活動を実施します。

1月

西宮市消防出初式

新春を迎え、消防局と消防団が合同で出初式を実施します。
式典、一斉放水、訓練披露、消防車両の行進、子供消防士によるパレード等盛りだくさんの内容となっています。

 

西宮(戎)神社祭礼警備
(1月9日~11日)

西宮神社「西宮十日えびす」の警備を実施します。

 

門戸厄神大祭消防警備
(1月18日・19日)

門戸厄神「厄除け大祭」の警備を実施します。

 

文化財防火デー
(1月26日)

文化財防火デーは、昭和24年(1949年)に法隆寺金堂が火災になり文化財が焼失したことを機に制定されています。
西宮市でも文化財を保有する施設と合同で消防訓練を実施するほか、立入検査を実施し文化財の保全に努めています。

2月

音楽隊定期演奏会 

消防の広報活動を目的に発足した西宮市消防音楽隊が、春の火災予防運動に合わせて、定期演奏会を実施します。

 (※隔年で実施)
予防査察練成会
救助技術競技会
救急技術競技会

各業務ごとに日頃の訓練成果を披露する競技会を実施します。
いずれの競技会も市内の消防署対抗で各種業務の技術を競います。 

3月

春の火災予防運動
(3月1日~3月7日) 

3月1日から1週間全国一斉に火災予防運動を実施しています。西宮市でも、事業所との合同訓練や火災予防の啓発活動を実施します。

 

 山火事予防運動
(3月1日~5月31日)

空気が乾燥し、ハイカーが多数見受けられる季節に合わせて、山火事防止を呼び掛けています。
秋と春の2回実施します。

 

 消防記念日
(3月7日)

昭和23年3月7日「消防組織法」の施行に伴い自治体消防が発足し、この日を記念して、「消防記念日」が制定されています。
西宮市でも防火管理において優秀な防火対象物、防火管理者、また、地域防火や消防行政に功績のあった個人、団体に対して感謝状を贈呈する「消防記念日に伴う市民表彰」を実施します。

 

消防団消防操法大会

消防団員が火災対応技術の向上を目指し、日頃の訓練成果を披露する消防操法大会を実施します。

 

高校野球警備

阪神甲子園球場で開催される「選抜高等学校野球大会」の警備を実施します。

※諸事情により変更することがありますので、ご了承ください。

ページのトップへ