広報・広聴

さくらFM

8月号 西宮に花ひらいた映画の文化

更新日:
2017年8月30日
ID:
43520

印刷

 

西宮徹底解剖8月号「西宮に花ひらいた映画の文化」
ゲストティーチャー/文化プロデューサー 河内厚郎さん

放送日
月曜20:30~

テーマ音声配信
8/7

キネマ旬報の西宮時代
【クイズ】
キネマ旬報の編集部が西宮にあった時代の雑誌の一部(原版・復刻版)を所蔵しているのはどこの図書館でしょうか?
【答】関西学院大学

8/7放送を聴く
(MP3)

8/14

西宮にあった撮影所
【クイズ】
宝塚映画の撮影所は、昭和28年から31年まで西宮市の何町にあったでしょうか?
【答】両度町

8/14放送を聴く
(MP3)

8/21

西宮ゆかりの映画人
【クイズ】
三島有紀子監督の映画『幼子われらに生まれ』(8/26公開)の主演男優は誰でしょう?
【答】浅野忠信さん

8/21放送を聴く
(MP3)

8/28

西宮ロケ地めぐり/質問コーナー

8/28放送を聴く
(MP3)


※この放送は、さくらFM78.7MHzでお聴き頂けるほか、インターネットからもお聴き頂けます。
 詳しくは、下記リンク「さくらFM放送番組がインターネットで聴けます!」からご覧ください。
※このホームページからの音声配信は、著作権等の関係により、一部配信できない個所があります。

 

 2008年、阪急西宮ガーデンズがオープンし、西宮に映画館が誕生しました。映画は私たち市民にとって身近なものになりましたが、実は、かつて西宮には小さな映画館があちこちにあり、また、映画の撮影所や映画雑誌の編集部があったりと、西宮には映画の文化が根付いていたのです。そして、現在も西宮にゆかりのある映画監督などが活躍しています。今回は、戦前から現在に至る西宮と映画との関係をご紹介します。

【第1話】キネマ旬報の西宮時代
 再来年に創刊100年を迎える映画雑誌「キネマ旬報」の編集部が西宮の夙川沿いに置かれていた時代があり、当時の雑誌の一部(原版・復刻版)を関西学院大学図書館が所蔵しています。それは多くの映画関係者が阪神間に集結していた時代でもありました。

【第2話】西宮にあった撮影所
 西宮での本格的な映画製作は大正12年(1923)、東亜キネマが総ガラス張りの豪華なスタジオを甲陽園に建てたことに始まります。邦画全盛期に入った昭和28年(1953)~31年(1956)、両度町にあった宝塚映画のスタジオでは、多くの時代劇や現代劇が撮られました。

【第3話】西宮ゆかりの映画人
 名塩でロケが行われ、今月26日公開の『幼子われらに生まれ』の三島有紀子監督は、神戸女学院大学の出身です。西宮ゆかりの映画監督や俳優のエピソードに光を当ててみましょう。その昔、無声映画時代のスター・岡田時彦(女優・岡田茉莉子の父)が夙川で亡くなった折、弔辞を述べたのは、文豪・谷崎潤一郎でした。

【第4話】西宮ロケ地めぐり/質問コーナー
 昭和34年に封切られた『細雪』には甲山や阪急甲陽線が、村上春樹のデビュー作を映画化した『風の歌を聴け』には今はなき西宮球場が、平中悠一・原作『シーズ・レイン』には夙川の住宅街や西宮マリーナが登場します。蓬莱峽や白水峽は『隠し砦の三悪人』(黒澤明監督)『あずみ』(上戸彩主演)のロケ地となりました。

 

毎月第1~3週に1題ずつクイズを出題し、4週目に答え合わせをします。
全問正解者の中から抽選で1名様に、図書カード3,000円分をプレゼントします!
3週分のクイズの答えと、番組への感想・質問を書いて、さくらFMまでお送りください。
また、「こんなことが知りたい!」というリクエストもお待ちしています。
【FAX】0798-37-5514
【E-mail】787@sakura-fm.co.jp
【ハガキ】〒662-0911 池田町9-7 フレンテ西館3F さくらFM「西宮徹底解剖」係

ページのトップへ