介護保険

介護保険サービス事業者情報

アセスメントシートについて

更新日:
2017年7月14日
ID:
42888

印刷

自立支援に資するケアマネジメント

 要支援・事業対象者の自立に向けてのケアマネジメントについては、アセスメントシートと基本チェックリストを用いた適切なアセスメントの実施により、利用者の状況を踏まえた目標を設定し、利用者本人がそれを理解した上で、その達成のために必要なサービスを主体的に利用して、目標の達成に取り組んでいけるよう、具体的に介護予防・生活支援サービス事業等の利用について検討し、ケアプランを作成していくこととなります。

 利用者との自然な会話の中から必要な情報・利用者の真意やニーズを漏れなく効果的に収集するため、また、利用者との現状理解や適切な目標設定をするためのツールとして、アセスメントシートを活用してください。

アセスメントシートと活用マニュアル

 平成29年4月の総合事業開始時より、要支援・事業対象者のケアマネジメントにはアセスメントシートの利用をお願いしています。ただし、市外の居宅介護支援事業所への委託の場合は、その市町村の作成したアセスメントシートを活用いただいて結構です。

 また、要介護認定者へのケアマネジメントにご利用いただいても結構です。

ダウンロードdownload

目標達成シートの活用

 評価の際に項目の合計点数をグラフ化し、変化や達成度を利用者に明確に伝えるためのツールとして活用してください(利用は任意です)。
ダウンロードdownload

ページのトップへ