西宮市消防局

西宮消防署・北夙川分署

「消防士としての1週間!」~トライやる・ウィーク(大社中学校)~

更新日:
2017年6月6日
ID:
42760

印刷

貴重な消防士体験!

5月22日~26日の間、兵庫県で実施している「トライやる・ウィーク」で、市内の中学2年生の生徒たちが様々な事業所で実際に仕事を体験するため、この北夙川消防分署にも大社中学校から4名の生徒が来ました。

5日間、新人消防士として、実際に消防士が行う厳しい訓練や研修を体験しました。

 ☆☆☆研修の様子☆☆☆

 まずは敬礼の練習!初日とあって皆さん緊張した表情です。

緊張しながらの敬礼

間近で見る消防車は迫力満点!

消防車の説明

防火衣は実際に現場で使うものを着てもらいました。

 防火衣体験

消防士にとってトレーニングは欠かせません。防火衣が重たくて大変そうでした!

トレーニングは欠かせません

 2日目も内容は盛りだくさん。AEDの使い方を学んだりロープの取扱いなど、消防士は様々な知識と技術を身に付ける必要があります。

 救命講習の様子。胸骨圧迫やAEDの取扱いを学びました。

救急講習

空気呼吸器も火災現場では欠かせません!火災の際には必ず背負います。

空気呼吸器取扱訓練

空気呼吸器を背負ってのランニングはとてもしんどかったそうです・・・。

呼吸器を背負ってランニング

 3日目は、はしご車に乗りました。はしご車の高さはなんと最大50mにもなります。

 はしご車からの景色は最高!

はしご車体験はしご車体験

 4日目には表情も少しずつ消防士らしくなりました。訓練も実戦さながらです。

 真剣な表情で訓練に取組みました。

放水訓練

エンジンカッター取扱訓練

可搬式ポンプ取扱訓練

 

さぁ!最終日です!1週間で学んだことを発揮して、実際に要救助者を助けるという過酷な訓練に挑みました!

 隊長は無線機を駆使して指示を出します。

無線機を使って指示を出します。

火災現場では煙により視界が奪われます。視界が奪われた状態での活動を実際に体験してもらいました。

要救助者発見!!

視界ゼロでの屋内進入訓練

力を合わせて搬送!とてもしんどく、難しい訓練でしたが無事救出できました。

 救出

 ☆☆☆1週間の職場体験はいかがでしたか?☆☆☆

消防士という仕事は体力的にも精神的にも大変な仕事です。

そのような職場で1週間消防士として働いたことは貴重な体験になったと思います。

今回の経験を学校でも発揮して頑張ってくださいね!

 

皆さんすっかり消防士の顔つきです!

集合写真

 

ページのトップへ